用語一覧


 

あ行
アーグランド評議国 ドラゴンの国。リ・エスティーゼ王国の北西にある。隣国なのに王国との関係は一切語られていない。昔、八欲王と壮絶な戦があり強大なドラゴンはほぼ滅んだ。その生き残りがツアー。政治体制はドラゴンの評議員による議会制。
アーコロジー 西暦2138年の地球全域は汚染が進み居住に適している土地は無くなった。しかし巨大企業はその資金力により富豪、企業幹部の住めるコロニー、アーコロジーを建設した。そこでは汚染を気にせず普通に生活している。
アーコロジー戦争 西暦2118年に起きた戦争。巨大企業は富豪と企業幹部のみをアーコロジーに住まわせ大多数の民衆を顧みなかった。そこで不満を持った民衆がネオ・ナチ支持に回り勢力拡大、とうとう欧州で戦争が勃発した。しかしネオ・ナチの敗北に終わり世界は何も変わらなかった。
アースガルズの天空城 web版にてユグドラシルのギルド拠点。強力なギルドでナザリックに匹敵する戦力を保持している。もし転移後の世界に存在していればとても厄介とアインズは考えている。トリニティの1拠点の可能性あり。そのうえ八欲王のギルド拠点かも…。
アイテム 一般には武器、防具以外の物を指すが、ユグドラシルはワールドアイテム、ゴッズアイテムという武器、防具が存在し、アイテムとは全ての物を指している。この為転移後の世界も同様に扱う。
アインズによろしく」 ナザリックへ侵入したヘッケランが、仲間から聞いたと嘘をつきアインズに対して言ってしまった一言(仲間ならモモンガと呼ぶはず)。結果、web版では死亡、書籍版では死ぬより恐ろしい餓食狐蟲王の大穴送りとなった。
『ブラックジャックによろしく』的な語呂の良さを感じる名言。
蒼の薔薇 リ・エスティーゼのアダマンタイト級冒険者チーム。メンバー全員が女性。
特にリーダーのラキュースは王国唯一の蘇生魔法の使い手。
悪魔 悪魔の概念はキリスト教以外の様々な宗教に存在するが、ユグドラシルではキリスト教の悪魔の階層を取っている。序列は天使同様に第1位階~第9位階まで存在する。これは理論上全ての悪魔は元天使であり堕天した存在なので。しかしキリスト教も他宗教の影響を受けており実際の序列の数は複数の言い伝えがあり正確には解っていない。デミウルゴスは最上位悪魔なので第9位階。
朱の雫 リ・エスティーゼのアダマンタイト級冒険者チーム。
メンバーのアズスが蒼の薔薇ラキュースの叔父。
足甲にキス フールーダモモンにした行為。アダマンタイト級冒険者漆黒フールーダに面会、ナーベが魔力探知を防ぐ指輪を外し第8位階の魔法使いと知りフールーダは驚愕した。モモンも魔力探知を防ぐ指輪を外し第10位階以上の魔法使いと知った時にフールーダは涙を流しながら忠義を誓った。実は舐め回そうとした。
アゼルリシア山脈 トブの大森林の北にある南北に連なる山脈。地下にドワーフの王国がある。伝承では北にフロスト・ドラゴンが住んでいる。
後だし アインズの後だし台詞。
 ①クレマンティーヌがした事を「それを責めたら我が儘だ」、殺してから「言い忘れたが、私は我が儘だ」。
 ②イグヴァルジに「来たら死ぬぞ」、捕まえて殺す直前に「訂正する。来たら殺すぞだった」。
 ③シャルティア戦でシャルティアが巻戻しスキルで攻撃をキャンセルすると「何をした?」、戦いの終盤に「お前の事はパンドラズ・アクターの次に詳しい」。
これをやられた方はたまったもんじゃない。
アニメ版
オーバーロード
構成、脚本:菅原雪絵。美監督音:池田繁美、丸山由紀子。キャラデザ、作監:吉松孝博。3D監督:籔田修平。音監督:郷文裕貴。監督:伊藤尚往。マッドハウス製作。全13話。放送局:AT-X、TOKYO MX、サンTV、KBS京都、TV愛知、BS11。
書籍版の第1巻~第3巻をTVアニメ化。放送直前、原作の売り上げが60万部からアニメ放送終了時に220万部に急上昇した傑作。放送中から続編の製作の期待大であった。
アニメ『オーバーロード』完全設定資料集 ●キャラクター設定。
●美術設定。
●小物設定。
●インタビュー1 丸山くがね×伊藤尚往×菅原雪絵。
●インタビュー2 so-bin×吉松孝博×橋本健太郎。
●原作イラストレーター・so-bin氏によるイラスト集。
●制作スタッフによるコメント集。
編集:ホビー書籍編集部。発売日:2015年10月31日。
定価:本体2,500円+税。発行:株式会社KADOKAWA。
アベリオン丘陵 スレイン法国の西に広がる大丘陵。様々な亜人種が住んでいる。オークの拠点内にはデミウルゴスの牧場がある。
ありんす シャルティアの事。彼女の口癖から。
Arcadia
(アルカディア)
『オーバーロード』のweb版が掲載されているサイトその1。こちらが先発。
アルベド様、御乱心!」 「お前達は私の宝だ」(8-328)、アインズの部下を思う優しい言葉に心打たれ涙するNPC一同、しかしその言葉はアルベドの理性のタガを吹き飛ばした。アインズを押し倒してスキルを使い身動きを取れなくし轟沈を図る。アルベドはエイトエッジ・アサシン全員とマーレに引き剥がされ未遂に終わる。結果、謹慎3日間。
アルベドの設定 ルベドの非常に長い設定文。
モモンガによって一部を書き換えられた。
アンデッド創造 アインズスキルを用いた行為。媒体を用いなければ一定時間後に消滅する。転移後の世界では媒体を用いると消滅しない。
位階魔法 ユグドラシルのシステム上に存在した魔法。第1~第10までの10段階と、位階を超えた超位魔法が存在する。なぜか転移後の世界にも存在する。
イジャニーヤ 帝国東北部や都市国家群などでその存在が確認されている暗殺者集団である。作者によれば、忍者や中東アサシンみたいな感じとのこと。蒼の薔薇ティアティナが昔所属していた。皇帝ジルクニフが熱心にスカウトしているが良い返事は来ない。発音からすると伊賀忍者か?。
椅子(肉)  ①ナザリックvsリザードマン(蜥蜴人)時にアインズ様に用意した椅子。失態の罰としてシャルティアが椅子になった。罰なのに喜んでしまったので、web版のアインズは座るのを止めてしまったが、書籍版では最後まで座ってもらえた。
 ②web版にて邪神教団の集会に呼ばれたアインズが小汚い椅子に座れと命令され、ムカついて2tもある石の椅子を投げ飛ばして破壊した。恐れおののいたクレマン(ティーヌ)は「自分が椅子に」とアインズに勧めた。だが断った。
椅子(骨) 聖王国両脚羊の骨で出来た椅子。デミウルゴスは日曜大工が趣味、趣味が高じてアインズ様用に特別に作った。喜んでもらえると思って勧めたが座り心地悪過ぎでアインズの評判は宜しくない。
椅子(石) 黒曜石で出来た壮麗な椅子。
 ①玉座の間にあるアインズ専用の椅子。ナザリックの管理機能がある。実は諸王の玉座というワールドアイテム。
 ②ナザリックのホームポイント、円卓の間にある至高の41人の椅子。
 ③素顔を晒したアインズは支配者として人間に威厳を示す為、魔法で玉座を作った。椅子はアインズが去ると消えた(web版)。
慇懃無礼 ”いんぎんぶれい”。口調は丁寧だが、している事は野蛮人。上から目線とか言う問題じゃない。帝国ワーカー「天武」エルヤーの態度が正にそれ。
ヴァルキュリアの
失墜
ユグドラシルの超大型アップデート。金貨のデザイン変更、職業、種族装備の追加、ワールド・エネミーの追加などが行われた。
地球の海はしょっぱい。転移後の世界は何故かしょっぱくない。
エイヴァーシャー大森林 ローブル聖王国とスレイン法国の間にあり、アベリオン丘陵に隣接している。トブの大森林に棲んでいたダークエルフは魔樹を嫌がりここへ移住した。
HP ヒット・ポイント、体力値。ポーション又は回復魔法でHPを回復する。まれに相手からHPを吸い取る武器や魔法がある。HPが0になると死亡。
MP マジック・ポイント、魔法行使の源泉。魔法行使に必要なMP未満になると使えない。例外的に幾つかの魔法がMP消費せず行使可能。消費したMPは時間とともに回復していく。相手のMPを奪い取る手段の有無は不明。普通のゲームではMPポーション、エーテル、エリクサー等のアイテムで回復する方法があるが、ユグドラシルと転移後の世界には存在しない。
「えっ、何、あの好評価。あいつ等マジだ」(1-156) 初めて意思を持って動くNPC階層守護者一同を集めモモンガをどう思っているかを聞いた時の感想。訳も分からず転移後の世界に来てしまい戸惑いと不安の中、NPC達が襲ってくるかもしれないと危惧していたのに、NPC達は忠誠心のメーターが振り切れていた。安堵とNPCから受ける期待の重圧に押し潰されそうになった心情を吐露した台詞。
エノク語 第八階層守護者ヴィクティムが話す言葉。文中ではルビとして平仮名が平仮名に打たれている独特な言語を操る。実のところは五十音を絵の具(エノグ)の色名に変換して表記した言語である。
エ・ランテル リ・エスティーゼ王国の国王直轄地。三重の城壁に守られた城塞都市である。冒険者組合がある。
L.L.L. アニメ版オーバーロードのエンディングテーマ。MYTH & ROID作詞、 作曲。アルベドの狂気的とも言える愛情を歌った一曲。歌詞の意味が分かると背景の「きれいなアルベド」がもっと怖くなる。
エルフ国 エルフ国とダークエルフ国の存在が原作者により示唆されている。
オーディオドラマ アニメ版と同じ声優達によるオリジナルオーディオドラマ。対象書店フェアにて貰えるイラストカードでダウンロード出来た。
・書籍版第3巻にアニメ第1~2話と同等のオーディオドラマDLの権利。
それ以外にも書籍特装版ドラマCDの予告編として
プレアデスお茶会のドラマ
・封印の魔樹のイントロ部分のドラマ
・封印の魔樹のハイライト部分のドラマ
がある。
死の支配者
(オーバーロード)
ユグドラシルでのスケルトン・アンデッドの種族の一つ。スケルトンの最上位種。この種族モモンガユグドラシルで初めて見つけ、報酬にワールドアイテム(通称モモンガ玉)を取得した可能性がある。
オーバーロード1 書籍版第1巻。サブタイトル『不死者の王』。
オーバーロード2 書籍版第2巻。サブタイトル『漆黒の戦士』。
オーバーロード3 書籍版第3巻。サブタイトル『鮮血の戦乙女』。
オーバーロード4 書籍版第4巻。サブタイトル『蜥蜴人の勇者たち』。特装版あり。
オーバーロード5 書籍版第5巻。サブタイトル『王国の漢たち [上]』。
オーバーロード6 書籍版第6巻。サブタイトル『王国の漢たち [下]』。特装版あり。
オーバーロード7 書籍版第7巻。サブタイトル『大墳墓の侵入者』。
オーバーロード8 書籍版第8巻。サブタイトル『二人の指導者』。
オーバーロード9 書籍版第9巻。サブタイトル『破軍の魔法詠唱者』。
オーバーロード10 書籍版第10巻。発売予定。(ベルアラート
オーバーロードクイズ 我こそはオーバーロードオタクを自任する方は是非チャレンジを。
オーバーロード・コミック1 コミック版第1巻。書籍版の転移から世界征服の決定まで。
オーバーロード・コミック2 コミック版第2巻。書籍版の冒険者モモン登場から墓地の巨大スケルトンを倒すまで。
オーバーロード・コミック3 コミック版第3巻。書籍版の墓地突入からズーラーノーン撃破、ソリュシャンの宿屋での芝居からブレイン登場まで。
オーバーロード・コミック4 コミック版第4巻。発売予定。
『オーバーロード~至高のラジオに忠誠の儀を~』 アニメ放映期間中に隔週で放送されたラジオ番組。提供はオーバーロード製作委員会。アウラマーレの中の人が司会、進行を担当。ゲストにアルベドの中の人が出演した。合言葉は「御身の前に~」。
 ①アニメ放送前日、アニメ放送開始は七夕。アニメの紹介。
 ②アニメ2話放送後、台本をデミウルゴスの中の人が詳しく教えてくれる。
 ③アニメ4話放送後、8/3放送。ゲストにアルベドの中の人。
 ④アニメ6話放送後、8/17放送。2本撮り発覚。キャラホビ2015の告知。
 ⑤アニメ8話放送後、8/31放送。キャラホビ2015の報告。
 ⑥アニメ10話放送後、9/14放送。最終回。
王都リ・エスティーゼ リ・エスティーゼ王国の首都。国号が都市名。国王ランポッサⅢ世の居城がある。
「お望みとあらば寝室でも浴室でもご一緒致しますが」 Blu-ray第2巻(初回生産特典)付属のドラマCDでの一コマ。
ルベドが暴走してアインズに発した同様の言葉をセバスに正して貰う心算がセバスも同意してしまった一言。アインズは慌てて問い直した。忠誠心恐るべし。
「お前には失望したぞ」 ルプスレギナに対する挨拶とも罵倒とも言える一言。
作中での彼女に対するアインズの台詞から。死を命じられれば喜んで命も差し出すナザリックの面々が最も恐れるセリフでもある。他作品の有名所だとマッドマックスのヒューマンガス様とかも言っている。
「御身の前に」 アインズ様の御前に参上する時NPCが発する一言。又は『オーバーロード~至高のラジオに忠誠の儀を~』の冒頭や視聴者メールの挨拶。
か行
海外ギルド ユグドラシルのギルド。日本語の会話や読み書きが出来るプレイヤーのみで構成された親日ギルド。ほのぼのとゲームを楽しんでいたが、2ch連合に初めて手に入れたワールドアイテムを奪われたことで方針を転換する。
海上都市 バハルス帝国の東に広がる海上にある都市。十三英雄のギルド拠点の可能性がある。最下層にコールドスリープ中の彼女が、詳細不明。
改名 モモンガエンリに名乗った時にギルド名を名乗った。理由は名前がダサいからではなく、転移後の世界でナザリックを責任をもって受け継ぐ決意とギルド名を名乗る事で有名になった時に今は見ぬプレイヤーに認知して欲しかったから。それと、もし41人の誰かが居たら戻って来る事を期待しての事。
回覧板 アインズと守護者統括、階層守護者間のコミュニケーションツール。町内会のあれと同じ。アインズが男同士で風呂に入るイベントに使用。
課金アイテム 主に小道具。転移魔法のマーカー、持ち歩かない武器を瞬時に装備したり、詠唱時間の長い超位魔法の詠唱をショートカットする物の存在が確認出来る。強力なNPCや武器、魔法はガチャ当たり品の超レアアイテムのみ。当然それらは転移後の世界では入手不可。
書き下ろし小説 丸山くがねによる書き下ろし小説。
・Blu-ray第1巻(初回生産特典)に『王の使者』が付属。
・Blu-ray第4巻(初回生産特典)に『オーバーロード プロローグ上』が付属。
・Blu-ray第6巻(初回生産特典)に『オーバーロード プロローグ下』が付属。
課金拳10倍 とあるワールドチャンピオンの必殺技。システム的なモノではなく単なるロールプレイ。ただし、1分で1万円課金すればむっちゃ強くなると言われる、課金すればするほど強くなる前衛職を習得している。
隠し番外編 作者がweb版の感想掲示板で少しだけ書いたIFストーリーや物語の裏話のこと。ツアーシャルティアの戦いを描いた「バッドエンドツアー」が有名だが、他にもセバスのハーレム物、パンドラズ・アクターがパンツを巡って悩むストーリーなどが存在する。
ガゼフ(単位) ノーマルガゼフ一人分の強さを1ガゼフとする単位。
カッツェ平野 王国、帝国、法国、竜王国との境に広がる台地である。多数のアンデッドが徘徊している。毎年リ・エスティーゼ王国バハルス帝国の間で軍事衝突がある。大昔に建てられた廃塔があり、ネコさま大王国と何らかの関わりが…。
割烹 「丸山くがねの活動報告」の事。「小説家になろう」にて作者が行っている活動報告で、重要な設定がさらっと書かれていることもある。
家電型魔法アイテム 口だけの賢者が色々教えた物を転移後の世界の住人が言われた形を模し魔法を込めた物。扇風機や冷蔵庫など色々な家電製品に似たアイテムが存在し大都市で売られている。
ガテンバーグ国 300年ほど前に滅んだ人間種の国。メッセージの魔法を信用し過ぎて偽情報により内乱が起きて滅亡。
可変不可固定 ユグドラシルの一部のダンジョンに取り入れられていたシステム。ユグドラシルは部屋や通路のサイズをキャラクターに合わせて自在に変えることで大型モンスターに対する「ハメ行為」を防いでいたが、部屋をクリエイトする際これにチェックを入れておけば部屋のサイズを固定することができた。
ただ、それだけだと「通れないサイズの通路」を作るだけで難攻不落のダンジョンができてしまうので、大型のキャラクターも装備すると自身のサイズが変わり可変不可固定の部屋に入れるようになるアイテムが幾つかあった。
ナザリックではアウラマーレが住む巨大樹がこの可変不可固定で作られている。
転移後の世界はスレイン法国では六大神を信仰し、それ以外の国では光と闇を除いた四大神を信仰する多神教である。モンスターもそれぞれの神を持つ。プレイヤーが神格化される世界なのでアインズも後の世に神になるのかも。
カルサナス都市国家連合 バハルス帝国の北東に位置する。帝国リ・エスティーゼ王国を狙っている所を見ると既に支配下の可能性あり。詳細不明。
カルネ村 リ・エスティーゼ王国領。トブの大森林の南限に隣接する。物語の冒頭アインズの介入により大きく運命が変わった。
カルマ値 業。ゲームキャラクターの善悪を数値化したもの。
感情抑制 アインズの感情が一定以上に振れた際に起きる現象。急に精神が安定化される。作中で特に呼び名が付けられた事は無いが、ネット上で語られる際はスーっとかスゥーとか言われる事がある。他のアンデッドにこの様子が見られたことはなく、アインズ限定で起きている様子。アニメ版では水色の淡い光に全身が包まれる描写がされた。
ギャラリー タワーディフェンス「ナザリック防衛軍」のHELLモードクリアしたプレイヤーのスクリーンショットをアップロードする場所。ニグン隊長「有り得るかぁぁぁっ!」。アインザック組合長「こんなの絶対おかしいだろぉぉぉっ!」。
玉座の間 ナザリック第十階層の最奥に設けられたダンジョン最奥。ナザリックの決戦場として作られたが、ユグドラシル時代にたどり着けた者はいない。通常、アインズと階層守護者領域守護者らの謁見に使われる。
“切り飛ばす” 原作者丸山くがね特有の表現。モモンが森の賢王に対して実行しようとした時。コキュートスザイトルクワエの触手に対して実行しようとした時。ピニスンザイトルクワエの触手切断を目撃した時。ブレインシャルティアの爪を切った時等々。癖のある小説家には必ずある表現。例えば筒井康隆の”舌打ち”が特有の表現。他の作家も探すと面白いです。
ギルド 一般的には職工の組合を指すが、オンラインゲームではプレイヤーの集団を指す。ユグドラシルではギルド拠点を所有する集団である。ギルドメンバーのログインポイントはギルド拠点に固定される。同一ギルドメンバー同士ではPKは出来ない。転移後の世界でも扱いは同様だがフレンドリーファイアが可能なので悲劇が起こる事もある。
ギルド武器 ユグドラシルではギルドが拠点を持つ時に作成を義務付けている。これが破壊されるとギルドが崩壊しメンバーの頭上には敗者の烙印が表示しっ放しになる。敗者の烙印を消す手段は同じメンバーで再びギルドを結成するしかない。転移後の世界でもギルド武器が破壊されるとギルドが崩壊する。しかし頭上に敗者の烙印が表示される事は無い。
金属 価値の低い順から、銅、鉄、銀、金、白金、ミスリル、オリハルコン、アダマ ンタイト、七色鉱(アポイタカラ、ヒヒイロカネ、etc)が確認されており、他にも希少貴金属スターシルバー、超希少金属などが存在する。転移後の世界においてはアダマンタイトが最高硬度だと信じられている。
「クゥ、クズがぁあああああああ!!」 ヘッケランに騙されたアインズの台詞。異常とも言える仲間への想いが存分に現れた一言。ネット上では荒らし、残念なニュース、ヘッケランなどに対して書き込まれるのが定番。
「クソ、クソがぁあああああああ!!」  ①ワールドアイテムでシャルティアが精神支配を受けた事実を知ったアインズの台詞。転移後の世界にワールドアイテムが存在する可能性に思いが至らなかった自分の不甲斐無さと、異常とも言える部下への想いが存分に現れた一言。
 ②モモンに「魔法を使用して戦う相手じゃなかった」と完全に舐められていたことを知ったクレマンティーヌの悔しさが現れた一言。
職業(クラス
レベル
いわゆる職業。人間が最も多くの種類を修得でき、異形種は優秀な職業(クラス)レベルを修得できなかった。
クラルグラ エ・ランテルのミスリル級冒険者チーム。吸血鬼騒ぎ時に召集された。
リーダーが他人の足を引っ張った為にチーム全体が危機に陥る。
クラン オンラインゲームにおけるユーザーコミュニティの一つ。ユグドラシルでは拠点を持たないプレイヤー集団である。拠点が無いのでログインポイントは寺院等のシステムが定めた所になる。特定の拠点を制圧し支配する事でギルドに昇格出来る。転移後の世界ではクランの扱いは不明。
Q&A いわゆるFAQ。他の項目は活発に書き込みがあるが、Q&Aでは何故か質問する人は居ない。
Clattanoia クラッタノイア。アニメ版オーバーロードのオープニング。clatter(クラッタ―)「(骨が)カタカタ鳴る 」と paranoia(パラノイア)「妄執症」 の造語。hotaru作詞、オーイシ作曲、Tom-H@ck編曲。曲を作るにあたって書籍の1巻を購入したらハマって翌日アマゾンで全巻購入する程。OxT二人とも全巻持っている。
アニメの動画はキャラクター決定稿が出る前に作成しているので若干異なる。
「結婚してくれ」 リザードマン(蜥蜴人)の緑爪族ザリュース・シャシャが朱の瞳族クルシュ・ルールーに向けた言葉。普通なら微笑ましいひと時(もげろ)なのだが、ナザリックが一方的に宣戦布告し存亡の危機状態でリザードマン(蜥蜴人)部族間の対立を乗り越えて同盟しなけらばならない相手に対して言った台詞。ザリュースは色白が好みだった。
掲示板 作品とは直接関係ない要望を主に扱う。オーバーロードに触れて二次創作意欲に目覚めた方が作品を発表する事も可能。
ゲヘナ(作戦) ゲヘナは、書籍版6巻の全体にかけてデミウルゴス主導の下、ナザリックの面々によって王都で行われた一大作戦である。
言語 ユグドラシルは日本人向けに作られたゲームなので日本語が標準言語である。転移後の世界は様々な言語があると見られるが、何故か普通に日本語が通じる。聞こえる言葉と相手の口の動きが一致しない。ナザリックよりも前に飛ばされたプレイヤーが何かしたらしい。尚、パンドラズ・アクターのドイツ語やヴィクティムのエノク語は何故かそのまま聞き取れる。
現実世界 『オーバーロード』の現実世界は環境汚染が深刻化したディストピアとなっているようで、様々な箇所でその劣悪さが語られている一方、エロゲーが存在していたり、声優や営業職のサラリーマンといった仕事が普通にあり、飲み会なども存在するという今風な面も色濃い。
ケンタウロス・ゴーレム 存在が原作者により示唆されている。ビーストマンの国が所有。
昔ミノタウロス(牛頭人)国と戦争に使われた。
ゴーレム 魔法で作られた無生物。作中ではガルガンチュア、レメゲトン72の悪魔、アヴァターラ、浴場のお湯を注ぐライオン、ケンタウロス等色々な形状がある。
交渉術 アインズ流交渉術。相手の選択肢を無くしてから吹っ掛ける。
 ①孫が攫われ逼迫した状況下で救出料としてリィジーの全てを要求した。
 ②ピニスンに部下にならなければ世界を滅ぼす魔樹が暴れたら見捨てると脅迫した。
 ③帝国ワーカーが引き起こした侵入事件の詫びに来いと親衛隊を皆殺しにして皇帝を脅した。
拷問 ナザリックで人間に対し日常的に行われる娯楽。捕らえた陽光聖典隊員は特定状況下で質問に3回答えると死んだ。残り10人に減ったので質問は諦め、残った隊員は実験に使う事とし役割分担を自分達で記名投票により決めさせた。食べる役、解体する役、食べられる役だ。食べられた隊員には回復魔法を施し欠損部位を元に戻す。こうして食べられた肉は消化されるのか消えて無くなるのかを調査している。
コキュートスは全裸だものね」 書籍版第6巻(特装版)付属ドラマCDで守護者が給料で何が欲しいのかを話している最中服装の話になり、アウラがつぶやいた一言。「そう言われると変質者っぽくって嫌なんだが」とコキュートスは返答した。
ゴブリン王国 トブの大森林の地下洞窟にある。人類の脅威となる前に漆黒聖典が時折間引きしにやって来る。この混乱により一部のゴブリンは覇王の噂を聞きエンリを頼りゴブリン軍団に合流した。
ゴブリン軍団 エンリアインズから貰った角笛を吹いて召喚した。角笛は2つあり其々使い切りアイテム。一つめは19体を召喚する。二つ目はある条件を満たすと5000体を召喚する。ゴブリンは召喚した人物に絶対服従し時間経過で消える事は無い。
子安 ニグンさんの事。声優が子安武人である為。
コンソール ユグドラシルがプレイヤーに供給する操作パネル。空間に浮かび上がり、各個人にそれぞれ使えるスキルや魔法、遠距離チャット、エフェクト、吹き出しの操作、課金アイテムの購入が出来る。アニメでヘロヘロモモンガが開いたコンソールのメニューは上から順に『装備スキルアイテム、ギルド、クエスト、フレンド、ステータス、コンフィグ』だった。転移後の世界では当然使えない。
さ行
サウンドトラックCD Blu-ray第5巻(初回生産特典)にスペシャルサウンドトラックCD vol.1が付属。
Blu-ray第6巻(初回生産特典)にスペシャルサウンドトラックCD vol.2が付属。
ササシャル遺跡 吟遊詩人に歌われる巨大な遺跡。最深部まで一直線に道があるらしい。
帝国ワーカー「ヘビーマッシャー」グリンガムの話に出て来る。
さすアイ 「さすがアインズ様」の略。アインズの神算鬼謀に触れたナザリック一同とファンが思わず漏らすつぶやき。もし言われたら「デミウルゴス、説明してあげなさい」と返事しよう。最近は「さすがモモン君」「さすがモモンさん」と「さすモモ」も浸透中。
雑貨店 ナザリックの福利厚生施設として第九層に設置。
雑談版 オーバーロードについて感想や予想、考察等を書くBBS。関係無い宣伝はだめっす。二次創作は掲示板にコーナーがあるのでそちらにお願いします。
砂漠 スレイン法国の南に広がる広大な砂漠。蜃気楼の様な都市が浮かんでる。
  ①コキュートスアインズの子供(妄想の産物)に呼んで欲しい呼称。肩車をしたり剣術を教えたいと願っている。
  ②ジルクニフフールーダを呼ぶ時の呼称。幼少の頃からの付き合いで懐いていた。
次回予告 アニメ版の次回予告。放送されずネットにて公開された。理由は原作内容を多く表現する為に本編に時間を使ったから。2種類あり標準は主人公の一人語り、スペシャル版は予告回で活躍するキャラとの掛け合い。最終回の予告が公開されたのは放送直前、その理由は監督すら作画に回る程スケジュールがタイトだったから。
至高の御方 アインズ・ウール・ゴウン(モモンガ)を指してNPCが呼ぶ呼び名。
至高の御方々 至高の四十一人を指してNPCが呼ぶ呼び名。
システム・
アリアドネ
ユグドラシル時代に存在した拠点の監視システム。「絶対に落とせない拠点」をプレイヤーが作らないよう、拠点が入り口から心臓部まで一直線に繋がっているか、内部の距離や扉の枚数は適正かを監視していた。これに違反するとギルド資産が一気に目減りするという恐ろしいペナルティがあった。現在もこのシステムが生きているかは不明。
漆黒 エ・ランテルのアダマンタイト級冒険者チームを指す。彼らは自ら名乗った訳ではないが、モモン漆黒のアーマー・プレートからそう呼ばれている。銀級冒険者チーム”漆黒の剣”と紛らわしいが、彼らが居なくなってからの事で問題は無い。
漆黒の剣士 エ・ランテルのアダマンタイト級冒険者漆黒のメンバー、モモンの通称。
両手剣を片手に持つ二刀流。どうやって鍛えたのか不明。
邪神教団 バハルス帝国における邪神を信じる者達の集まり。メンバーは最低でも二十人以上はおり、いずれも帝国内において高い地位を持つ者達である。
集会 Blu-ray第2巻(初回生産特典)付属ドラマCDでの一コマ。階層守護者は一堂に会合し、転移前に聞いた至高の御方々のお言葉について発表と考察をしていた。それをする事により一層アインズの役に立てると思っている。しかし至高の41人の会話はリアル世界の話題なので階層守護者達は全く異なる解釈をしてしまう。
種族 人類、亜人種、異形種と色々ある。
種族レベル 亜人種、異形種を選ぶことで取っていくことになるレベル。ユグドラシル時代はこれを取るのは悪手とされていた。
GMコール ゲーム・マネージャー・コールの略。ユグドラシルがプレイヤーに供給する緊急時用の救済手段。バグによる移動阻害やログアウト不能になったプレイヤーが運営に助けを求めるのに使う。PKの苦情は受け付けない。転移後の世界には当然そんな機能は無い。
Sugar and spice and all that’s niceルート Blu-ray第1巻発売記念に作者がツイッターで発表した別ルート。ユグドラシル終了イベントを楽しもうと、モモンガは地上の沼地にセットしてある花火を点火しにナザリックを離れた。そしてナザリックとは別の時代に…。
12宮の悪魔  黄道12宮星座の悪魔。3月から順に第9位階悪魔のハオート、ハルマス、ガリアイアーベール、アドーナイオス、サバオート、カイナンアビレッシア、イョーベールと順番に続き、11月からはアルムピアエール、アドーニン、ベリアスと悪人を割り合当てている。12宮の天使と対を成す。デミウルゴス配下の悪魔、赤字は所在不明。
12宮の天使  黄道12宮星座の天使。3月から順に第9位階天使の熾天使、智天使、座天使、主天使、力天使、能天使、権天使、大天使、天使と上位階級から天使が順番に割り当てられ、11月からは罪無き者、殉教者、証聖者と聖人を割り合当てている。転移後の世界に居るかは不明。
娼館 エ・ランテルに幾つかある男の夢とロマンの館。『琥珀の蜂蜜』『天空の満月亭』『紫の秘薬館』はその中でもトップクラス。そこの娼婦でアインザックはモモンに子供を作らせる事を企んでいる。
小説家になろう 『オーバーロード』のweb版が掲載されているサイトその2。こちらが後発。「アルカディア」より後に掲載されているので、「『小説家になろう』が原作」と言うと「アルカディアの方が先だから」と言われることもあるので注意。
死を撒く剣団 エ・ランテル近郊の森の中にある洞窟を本拠地とする傭兵団。平時の収入を野盗として得ている。ブレインが所属。シャルティアの襲撃でブレイン以外全滅。
神殿 転移後の世界での人類の信仰の拠り所。神官が統べる。スレイン法国六大神を信仰、何故かスレイン法国は光神、闇神を秘匿している為、周辺国家は残りの四大神を信仰。お布施により運営されている。病人、怪我人は神官が回復魔法で治癒、病院も兼ねる。尚、スレイン法国高位の神官以外の神官は蘇生魔法が使えない。
神都 スレイン法国の首都。全人類の信仰の聖地でもある。尚、周辺国には聖地巡礼の習慣は無い模様。
特殊技術(スキル ユグドラシル時代、職業に付随して覚えることができた能力。意図的に発動する特殊技術(スキル)と、勝手に発動する常時発動型特殊技術(パッシブスキル)の二種類がある。転移後の世界では職業のルールが変わっているが、スキルは存在する模様。
スクロール ユグドラシル時代、ナザリックの司書長は羊皮紙にユグドラシル金貨を溶かし込んで低位階魔法のスクロールを作成していた。転移後の世界では作成時に羊皮紙が燃え出してしまった。アインズデミウルゴスに命じ低位階魔法のスクロールを作成可能な羊を探させた。そして見つけた羊?で作った羊皮紙でスクロールを作成出来た。中位魔法、上位魔法はそれぞれ強大な魔獣皮紙が必要。転移後の世界の住人は別の方法でスクロールを作成するらしくナザリックの司書長は一目置いている。王都や帝都でも普通に売っている。
ステータス情報 ユグドラシルがプレイヤーに供給する自分や相手のHP、MP、状態を空間に表示する機能。但し相手の状態は取得出来ない場合がある。当然転移後の世界では使えない。しかし自分の状態は感覚で知覚し相手は状態取得魔法で視覚化可能。フェイク魔法を使われると状態取得魔法は無力化する。
ストーカー 漆黒メンバーのナーベ、通称美姫。エ・ランテルで活動していると一目惚れした一般人が「ナーベさんを自由にしろ!」とモモンに殴りかかったり、トーケル坊ちゃんがストーカー化したり。ナーベの黒目黒髪が王国に殆んど居ない事も相まって何人もストーカーと化した。
スレイン法国 リ・エスティーゼ王国バハルス帝国の南に隣接する国家。600年前にやって来たユグドラシルプレイヤーが起源と思われる。当時周りは捕食者ばかりで人類は絶滅寸前だった。プレイヤーは人類を救い遺産を残した。プレイヤーはその後六大神となり信仰の対象となった。現在プレイヤーの子孫らが存在し隔世遺伝で超人的能力を有する。政治体制は高位の神官達による合議制。
聖王国両脚羊 デミウルゴスが牧場で育て、スクロールの原料としている生き物。明言こそされていないが、間違い無く聖王国の人間(子供)。アインズはこれをキメラだと勘違いしている。現在オークなどと無理やり交配させる交配実験も進めている。
成人の儀 リ・エスティーゼ王国の辺境貴族ビョルケンヘイム家に代々伝わる儀式。エ・ランテル周辺のゴブリン等を倒させ度胸を付けさせるのが目的。今回トーケル坊ちゃんが儀式をするにあたって護衛に漆黒を雇った。アダマンタイト級冒険者はオーバースペックなのだが…。
声優ギルド ユグドラシルのギルド。声優のみで構成するギルド。人数は少なく、アビリティも低いが、無数の親衛隊ギルド(認めてはいないが)を持ち、その動員力は下手するとユグドラシル第一とも言われる。
世界征服 アインズが何気なく言ったこの一言をデミウルゴスは真に受け、ナザリックの行動指針にしてしまった。アインズが後に気付くが既に後戻りできない状況になっていた。web版ではアインズ自身がこれを目標として掲げている。至高の四十一人も何人かはこれを半分冗談で目標にしていた。
「世界の可能性はそんなに小さくない」 バランスブレイカーのアイテム、半分チートの職業、ゲームバランスを崩壊させかねないシステムなどで利用者から多数の苦情を受けていた”ユグドラシル“の運営が使用していた言い訳返答。
運営は「世界」という言葉に強いこだわりがあり、これがつく存在は大抵正気を疑うような効果があった。
世界?神?魔力? 転移後の世界での魔力の源泉への考察。
組織 国家、秘密結社、ギルド、組合、ワーカー、冒険者パーティー。人の集団を指す。ギルド:アインズ・ウール・ゴウンはプレイヤーが1人しか居ないので組織と言えるかどうか…。
蘇生 死亡したプレイヤー、ギルドNPC、現地民を復活させる事。魔法またはアイテムを使用する事で可能。ユグドラシルでは金貨を消費し復活する、その際デスペナルティでLv.5ダウンするが、Lv.5以下は特別にLv.1で復活する。転移後の世界も同様に金貨を消費するが復活時のLv.が1に満たない場合は灰になってしまう。更に死亡者が復活を望まなければ効果はキャンセルされてしまう。復活の魔法が使える者は法国でごく少数、王国に1人、帝国に至っては皆無である。アインズの持つ指輪は即時復活、デスペナルティ無しの機能がある。
た行
第一回 好き好きアインズ様、守護者記念大オークション アインズが守護者への給料をどうするか悩んだ末、何が欲しいのかまでを守護者自身に決めてもらえばいいと丸投げし、開催された競争入札のこと。なお、目玉商品のアインズ様との添い寝権の落札者はアルベド。書籍版第6巻(特装版)のドラマCDに収録。
大儀式 スレイン法国の聖域で行われる魔法儀式。周囲の高位神官達から送り込まれた膨大な魔力を巫女姫の叡者の額冠に纏め上げる事によって、一時的に膨大な魔力をその身に蓄えさせる手段。巫女姫は、己の限界(第5位階)を遥かに超えた魔法の発動を行う。《オーバーマジック・プレイナーアイ/魔法上昇・次元の目》第8位階魔法による占術を行う。
大福 モモンが森の賢王を冒険者組合に登録するのに名前を付ける必要があり、幾つか考えた案のひとつ。尚、賢王は偉大な勇者の名前と勘違いしている。
大浴場 ナザリックの福利厚生施設として第九層に設置。男女別に複数の風呂がある。
生物が持つ、精神とも心とも言える存在。蘇生魔法をかける対象。魂が拒否すれば蘇生魔法は失敗に終わる。「始原の魔法」はこの魂をすり潰して行う。「強欲と無欲」で経験値を吸収する様子は、傍目には魂を吸い取っているように見えた。
抱き枕 アルベドが自作したアインズ様抱き枕。日本独特の言葉である萌え。可愛い少女の抱き枕はごまんとあるが人類史上初、骸骨の抱き枕が作中に登場。人類は遂に月へ行った。それに匹敵する出来事、人類は遂に骸骨に萌える時代が到来した。
ダブルバイセップス ボディービルダー標準ポーズの一つ。両腕の力瘤を魅せる目的で行う。ゴブリンはンフィーレアを唆し、エンリにセックスアピールをさせて惚れさせる為に行わせた。しかし、エンリには気味悪がるだけだった。
タレント(生まれながらの異能) 転移後の世界の住民のみに生じるスキル。生まれた瞬間にランダムで決定し変更は出来ない。全員にある訳ではなく少数の者のみが持つ。魔法が使えないのに魔法関係のタレント持ちになったり、と効率とは無縁の特性。ニニャは順調に行けば第六位階魔法まで覚えられる希少なタレント持ちだった。
タワーディフェンス「ナザリック防衛軍」 転移後の世界に移動したナザリックを防衛するゲーム。侵入する敵が移動するルートの横に部下を配置し撃退する。敵は徐々に増え、強くなっていく。あなたはアインズもしくはデミウルゴスとなりナザリック防衛の指揮を執る。
忠誠心  ①ナザリックのNPCが自分らの創造主たる至高の御方々に抱く気持ち。創造主に持つ忠誠心は絶対であるが今は居ない、その分の忠誠心をアインズに向けている。全NPCはアインズの命令とあらば命は惜しくないと考えている。
 ②リ・エスティーゼ王国は貴族が力を付け国王に反目、忠誠心が失われナザリックと全く逆の状況にある。
 ③バハルス帝国は皇帝の専制政治により忠誠心の有無より信賞必罰が上位に置かれている。
 ④スレイン法国の忠誠心は信仰に帰結していて構造としてはナザリックに近い。
超位魔法 位階を超えた魔法。威力や効果は絶大で、魔力を消費しない代わりに1日に4回しか使用出来ない上にかなり長いリキャストタイムがある。経験値消費などのペナルティが伴う物もある。
通貨 ユグドラシルで使われる通貨は新旧二種類のユグドラシル金貨価値は同じ。転移後の世界の通貨は国や亜人種等で異なる。エ・ランテル周辺では王国白金貨、金貨、銀貨、銅貨と他国とも交換可能な交易共通白金貨、金貨、銀貨、銅貨が使われる。帝国にも白金貨、金貨、銀貨、銅貨とあり金貨は王国金貨と同価値と看做される。書籍版では1白金貨=10金貨、1銀貨=20銅貨。web版では1白金貨=十金貨=百銀貨=千銅貨、1銅貨=4黄銅板。尚、ユグドラシル金貨は交易共通金貨2枚と交換可能。
地球唯一の天然衛星。書籍版やweb版ではあまり述べられていないがアニメ版で明確な映像が出た。月表面の地形が明らかに地球の物と転移後の世界の物は異なる。その上転移後の世界の月は見掛けが地球の月の倍以上あり、明らかに転移後の世界は地球以外の惑星。
爪切り ブレインの奥義。複数の武技を同時に使う彼の必殺技でもあり、同時にシャルティアによる蔑称でもあり、ファンからの通称でもある。
帝国四騎士 バハルス帝国における最強戦力たる四人の騎士のこと。皇帝ジルクニフの直轄、直衛騎士。
帝都アーウィンタール バハルス帝国の首都。鮮血帝ジルクニフの居城がある。
天狼 エ・ランテルのミスリル級冒険者チーム。吸血鬼騒ぎ時に召集された。
ディストピア 西暦2138年では地球規模で汚染が進みスモッグで覆われ作物が育たない状況。外出時酸素マスクを付けなければ生存が厳しい状況。行政が破綻し国家は崩壊、巨大企業が国家の代わりに機能している。義務教育も廃止され小学校に通うだけでも莫大な費用が掛かる。一方で富豪や巨大企業の幹部はアーコロジーに移り住み快適な暮らしをしている。
DMMORPG DMMORPGDive Massively Multiplayer Online Role-Playing Game、ダイブ・マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)とは、「疑似体験型大規模多人数同時参オンラインRPG」などと訳され、オンラインゲームの一種でコンピューターRPGをモチーフとしたものを指す。仮想世界から戻らない人が出ない様に法律で性交渉、味覚、嗅覚は禁止され痛覚にはリミッターが掛けられている。ユグドラシルは日本国内に於いて極めて設計の自由度が高く爆発的人気を誇った、しかし12年も飽きずに続けられるゲームではなかった…。
デミえもん 困った時のデミえもん。1を聞いて10を知り100を実行する作者公認の半チートキャラデミウルゴスのこと。あくまで守護者ですから。
転移後の世界 アインズナザリック地下大墳墓ごと飛ばされてしまった世界。作中では「こちら側」「大陸」などと呼ばれているが、この大百科ではだいたいこの名前で統一している。なぜかユグドラシルのルールや言語が通じる。
ユグドラシルと転移後の世界の相違点。
 ⓪ログアウト不能。
 ①コンソール、GMコール等のシステムに依存したUIが皆無。
 ②ユグドラシルにはワールドが9あったが、ひとつしかない。
 ③ギルド拠点NPCが外部へ出れる。
 ④NPCが意思を持ち独自に行動する。
 ⑤R-15、R-18行為が可能。
 ⑥流通している貨幣が異なり国毎に定められている。
 ⑦言語は異なるのに会話が可能、文字は未知の文字。
 ⑧フレンドリーファイアが可能。
 ⑨Lv.5未満が死亡した場合、蘇生すると灰になる。
 ⑩武技というスキルが存在する。
 ⑪階位魔法とは別形態の魔法が存在する。
 ⑫ユグドラシルでは作れないアイテムが存在する。
 ⑬現地人はLv.30程度にキャップがあり、基本それより成長しない。
転移門 ナザリック地下大墳墓のシステム・アリアドネ確保の為に儲けられた常設のゲート。隣接する階層へのみ移動可能。Blu-ray第3巻(初回生産特典)ドラマCDにてプレアデスの末妹が管理者と判明
天使 転移後の世界に何故かキリスト教天使の概念が存在する。勿論転移後の世界にはキリスト教のキの字も無い。かと言って天使が生息している訳でもない。召喚魔法で召喚する事により出現する。陽光聖典の兵達は第2位階天使を召喚、隊長は第3位階天使を召喚、魔封じの水晶で第6位階天使を召喚した。理論上第9位階天使まで存在する。ヴィクティムも天使である。
トカゲックス リザードマン(蜥蜴人)のザリュースクルシュが…こう…雄しべと雌しべ的な、恋愛のABCで言う所のCを行っていたシーンのこと。遠隔視でうっかり見てしまったアインズと守護者達の間に非常に気まずい空気が流れた。
図書館 ナザリック第10階層にある大型施設。名を『アッシュールバニパル』と言う。著作権切れの膨大な書籍を保有している。スケルトン系のアンデッド達が維持運営している。
トブの大森林 リ・エスティーゼ王国バハルス帝国の間にある大森林。魔樹をはじめ強大なモンスターが存在し、地下にはゴブリン王国もあるので人間は恐れて立ち入らない。しかし薬師にとって重要な薬草が採れる。森の賢王の縄張りもあった。魔樹討伐後にアウラが秘密拠点を構築中。人類の脅威とならないように漆黒聖典が時々ゴブリンらを間引きしに来る。
弔い 転移後の世界では死者が出ると放置せずに必ず弔う。放置すると死体がアンデッドになってしまう為。
戦場も例外ではなく戦闘終了後には双方で死者を回収し弔う。
友達 大抵の場合、ジルクニフ(特にweb版)を指す。
ドラマCD アニメ版と同じ声優達によるオリジナルドラマCD。
・書籍版第4巻(特装版)にザイトルクワエ討伐の話が付属。
・書籍版第6巻(特装版)にオークション、成人の義の話が付属。
・Blu-ray第2巻(初回生産特典)にナザリックNPCの休日を決める話が付属。
・Blu-ray第3巻(初回生産特典)にナザリックで迷子になったハムスケを探す話が付属。
トリニティ ユグドラシルのNo.1ギルド。上位ギルド3つが対2ch連合を目的に出来た連合ギルド。トリニティ第一『theFather』、第二『the Son』、第三『the Holy Spirit』との連合。対2ch連合の戦いでの旗頭になったギルド。
トロール国 トブの大森林に「東の巨人」の国がある。
他にもあるかも。
ドワーフ国 アゼルリシア山脈とアベリオン丘陵にある。アゼルリシア山脈の方は帝国、王国と武器売買取引がある。アベリオン丘陵の方はダーク・ドワーフが武器を売り奴隷を得ていてそれが混乱に拍車をかけている。
な行
ナーガ国 トブの大森林に「西の魔蛇」の国がある。
他にもあるかも。
「九人の自殺点(ナインズ・オウン・ゴール)」  Nines Own goal、「最初の9人」のクラン名。PKKをするつもりであちこちのワールドに出張っていったが、逆にPKされてばかりいたので自虐的意味も込めて名付けた。ギルド拠点が無かったので集団(クラン)として活動していた。発起人はたっち・みー弐式炎雷がナザリックを発見し一人で探索。ここをギルド拠点と決めた際にたっち・みーが解散を宣言し新たにギルドを作る事を提案、ギルド・マスターにモモンガを推薦。ギルド名をモモンガが提案したがネーミングセンスが無さ過ぎて却下。クランの名前に因んでギルド:アインズ・ウール・ゴウンに決定した。
ナザリック送り 端的に言えば死刑。
主に捕えた人間をナザリックへ送る事を指す。
待っているのは拷問→実験→アンデッド化のフルコンボだドン。
ナザリック魂 ナザリックに所属するものが大体持っている思想。
 ①人間は虫ケラ以下の存在である
 ②人間を拷問し、殺し、食することに忌避感を抱かない
 ③ナザリックを侮辱した者、侵入した者には徹底した苦痛を与えるべきである
ハムスケはまだこの考えに染まっていない。
ナザリック地下大墳墓 ゲーム内の仮想世界にあるはずのギルド本拠地が何故か現実の別世界へ転移してしまった。元々周辺はバッドステータスに満ちた沼地だった。転移後の世界は何も無い平原に存在する。急遽土をかぶせ周囲から目立たなくした。位置的にはカルネ村近郊10Kmにある。
ナザリック討伐隊 ユグドラシル全盛の時、ナザリックのPKKに業を煮やし中堅6ギルドと傭兵プレイヤー、NPC総勢1500人の討伐隊がナザリック地下大墳墓を襲った。多勢に無勢で第一階層から第七階層迄は攻略されてしまい、第七階層迄は守護者を含めNPCが全滅した。ギルド:アインズ・ウール・ゴウンは41人全員で第八階層で迎え撃ち討伐隊を全滅させた。この戦いでナザリックは幾つかワールドアイテムを得た(web版”馬車”)。第八階層の戦いの模様がネットにアップされチート行為だと沢山のクレームが運営に届いた程一方的な逆転劇だった。
ナザリックにおいて、死はこれ以上の苦痛を与えられないという意味で慈悲である ナザリックへ侵入した帝国のワーカー「フォーサイト」のメンバーに対してアインズが放ったセリフ。ナザリックがどのような場所なのか端的に表している。だがナザリックの場合、死後ですら遺体をアンデッドにされ使役させられるという未来が待っているので、正確には死ですら救いにはならない。ナザリックに敵対した者に慈悲は無い。
なろう web版が掲載されている『小説家になろう』の略。
難度 転移後の世界における強さの基準値。大体難度×1/3がユグドラシルにおけるレベルになる。
ニグンさん ニグン・グリッド・ルーインのこと。web上でさん付けで呼ばれるのは彼とモモンさーんくらいである。このサイトの管理人が一番好きなキャラでもある。
二次創作 原作にインスパイアされた第三者による作品。オーバーロードの読者がweb版、書籍版、アニメ版を見て妄想を働かせて独自の作品を作り発表する。一般的には薄い本をコミケで売るのが目的。当サイトで発表する場合はオーバーロード掲示板でどうぞ。
偽乳 シャルティアの胸こと。アウラがあざとく指摘する。服の製作者が胸を大きく作ったのでパットを入れている。他にも「食品ディスプレイは大量に盛り上げてる」、「男胸」、「ペタン胸」とバリエーションがある。走るとパットがとんでもない方向に行ってしまう。ブレインの逃走時に歩いて追った為、取り逃がし大失態に繋がった。
2ch連合(通称で正式名は別) ユグドラシルのNo.3ギルド。関連ギルドを全て含めると総数千人超の超巨大ギルド。全盛期は三千人もの大所帯だった。巨大であり問題を起こすことが多く、そのため上位ギルドの大半が敵対的である。かつての戦いで本拠地を破壊(人数が多過ぎて方針が決まらず、初期状態であったため脆かった)され、全てのワールドアイテムを奪われるという経験を持つ。この時がピークで以降人数は減少の一途を辿る。それでも最大の構成員数を維持し続けるのは流石である。
エ・ランテルのミスリル級冒険者チーム。吸血鬼騒ぎ時に召集された。
人気投票 好きなキャラクターに投票できる。時々順位が入れ替わる。
ネイルアートショップ ナザリックの福利厚生施設として第九層に設置。
ネコさま大王国 ユグドラシルのギルド。猫大好きプレイヤーが集まったギルド。ある城を拠点ギルドとして構築。作製した拠点NPCは全て猫という徹底ぶり。
年表 むちむちぶりん作のオーバーロード発表以降の主なオーバーロード作品群の歩み一覧。
NPC ノン・プレイヤー・キャラクター。ユグドラシル時代にプレイヤーによって作られたキャラクターの事。ナザリックでは基本的にNPCの地位はモンスターより高いが、アインズが作るモンスターはNPC達もないがしろにできず、礼を尽くして接している。城以上の拠点を持つギルドならば総てのNPCのLv.合計が700になるまで最低でも作成できる。ユグドラシル時代は拠点NPCは拠点の外には出られなかった。拠点NPC以外のNPCは何処へでも移動出来た。NPC達はユグドラシル時代の記憶があり至高の41人の会話をしっかり覚えている。
は行
バー ナザリックの福利厚生施設として第九層に設置。ショットバー形式。副料理長がマスターをしている
はぁ…エントマ
ちゃんかわゆ…
エントマ好きの心から漏れ出した魂の囁き。「かわゆす」ではなく「かわゆ」なのがポイント。
八欲王の空中都市 その名はエリュエンティウ。砂漠の何処かに浮かんでいる城。八欲王のギルド拠点だった。城からは大量の水が下に落ちていて下に都市が形成されている。都市には結界が張られている。現在ギルド武器はツアーが保管している。
「ハッタリ」 陽光聖典隊長ニグン・グリッド・ルーインの口癖。
 ①ガゼフ「あの村には私より強い御仁が居るぞ」、ニグン「ハッタリか」。
 ②アインズに天使の剣が突き刺さった時、ニグン「下らんハッタリで煙に巻こうと」。
 ③召喚した天使が第6位階で、アインズ「この程度の幼稚なお遊びに警戒していたとは」、ニグン「ハッタリだ」。
それぞれハッタリと決めつけてしまい結果、痛い目にあった。
ニグンさん、人の言う事はよく聞こうね、もう遅いけど。
バハルス帝国 リ・エスティーゼ王国の東にある隣国。国内の政敵を全て粛清し地固めが完了した皇帝ジルクニフリ・エスティーゼ王国侵略を企てる。国境に近いエ・ランテル近郊での両国の軍事衝突は毎年恒例行事となっている。政治体制は皇帝による独裁。
PK プレイヤー・キラー。プレイヤーがプレイヤーを殺す事。うざい、怨み、憎しみ、嫉妬、装備目当て、金目当て、むしゃくしゃしていた誰でも良かった後悔はしてないが動機。PK専門のプレイヤーや初心者を専門にPKする悪質プレイヤーも居る。またPKが出来ないゲームでも殺したい相手に強いモンスターを連れて来て襲わせるMPKもある。初期のユグドラシルで異形種のモモンガは散々PKされうんざりしている所をたっち・みーに助けられた。
PKK プレイヤー・キラー・キラー。PK専門のプレイヤーを殺す事。一種の自警行為もしくは復讐行為。たっち・みー以下クラン『最初の9人』はこれを行っていたようである。
PvN プレイヤー対NPCの戦闘。転移後の世界ではNPCにも自我があるので正確にPvNと言えるかどうか…。
PvP プレイヤー対プレイヤーの戦闘。オンラインゲームでは専用の闘技場を設ける場合がある。ユグドラシルではフィールドエリア、ダンジョン等でも戦闘が許されている。
ビーストマンの国 ライオンや虎に似た生物の国。竜王国と隣接している。現在竜王国と戦争中。この国で人間は食糧として飼われている。竜王国は戦争している心算でもビーストマンの国は単に食糧調達しているだけかも。
美姫 エ・ランテルのアダマンタイト級冒険者漆黒のメンバー、ナーベの通称。
第3位階魔法使いとして知られている。
飛竜騎兵部族の地 北のバハルス帝国と南の竜王国に挟まれた地域。
詳細不明。
ひょうたんみたいな湖 トブの大森林の中域にあるひょうたんの形をした湖。北湖岸にはトードマン、南湖岸にはリザードマン(蜥蜴人)の集落が点在している。他にも水深の深い所には強大な力を持つ水棲モンスターが住んでいる。人類未踏地らしく存在を知られていない。
武技 戦士版の魔法とも言える技。ユグドラシル時代には存在しなかった。魔法とは違い精神力次第で複数同時に発動でき、魔力も消費しない。その代わり肉体への負担がかかる。
アインズは自作のアンデッドがこれを習得できるか実験を行っているが、現状では覚えられていない。
ブティック ナザリックの福利厚生施設として第九層に設置。
古田 フールーダ・パラダインに対するweb上での通称。
フールーダ→フルダ→古田
プレート 冒険者が身に付ける身分証明証。ドッグタグのような物。銅、鉄、銀、金、白金、ミスリル、オリハルコン、アダマンタイトの8種類が存在する。所属国以外でもその身分は保証されているので試験は同一基準とみられる。紛失した場合はその価値に応じた罰金を支払わされるので、取り扱いには割と注意が必要。
プレイヤー ユグドラシルから転移後の世界に飛ばされたプレイヤー。600年前から100年毎にプレイヤー、ギルド拠点、配下のNPCが現れる。転移後の世界で超人的能力を使い人類を救った。後世の人々は”神”、”王”、”英雄”と呼び伝説になった。
ぷれぷれぷれあです ちびキャラアニメ『ぷれぷれぷれあです』。本編で殆んど出番の無いプレアデスに焦点を当てた作品。宴会アイテム『完全なる狂騒』を間違えて自分に使ってしまったアインズプレアデス+アルベドと巻き起こすドタバタ劇。一遍3分間のミニアニメ。全8話+特別篇。1話と特別篇はタイトルのプレアデスは登場しない。
フレンドリーファイア 同士撃ちの意味。ユグドラシルではギルドメンバーをフレンドリーとして規定。同じギルドメンバーにPKは出来ない。敵を羽交い絞めにして範囲攻撃しても味方は無傷と言う美味しい効果がある。転移後の世界ではフレンドリーファイアが出来てしまうので範囲攻撃には慎重な判断が要求される。尚、シャルティアは同族を召喚してスポイトランスでHP回復した。
ヘルヘイム最奥の氷河城 web版にてユグドラシルのギルド拠点。強力なギルドでナザリックに匹敵する戦力を保持している。もし転移後の世界に存在していればとても厄介とアインズは考えている。トリニティの1拠点の可能性あり。
ポーション 主に負傷時のHP回復に使用する液状のアイテム。死体やバッドステータス、MPは回復出来ない。使用方法は飲むか傷口に刷り込む。転移後の世界の物は青色で経年劣化する。通常複数の薬草から作られ魔法だけでは作れない。ユグドラシルの物は赤色で劣化しない、リィジー曰く「金貨32枚で買い取る」。アニメで赤いポーションは切られた服まで修復した。モモンが壊したポーションを赤いポーションで弁償した事がブリタバレアレ家の運命を大きく変える結果に繋がった。ポーションには筋力増強機能、俊敏性向上機能を付加した物の存在も確認されている。尚、アンデッドに使うと回復するどころかダメージを与える。
ホームポイント ユグドラシルにログインする時に最初に現れる場所。ギルド:アインズ・ウール・ゴウンのメンバーは必ずナザリックの第9階層円卓の間に現れる。また死亡して蘇生を受けられずにタイムアウトした場合もホームポイントに現れる。転移後の世界ではホームポイントの概念は無い。
冒険者 対モンスター用の傭兵。組合の依頼をこなしモンスター退治や遺跡の探索などを行い報酬をもらう存在。元々は法国で生まれたシステムであり、人間の争いへは不干渉という不文律を持つ。
各国に存在するが、作中に出てくるのは大体王国の冒険者
冒険者組合 依頼者と冒険者を仲介する組織。依頼者は冒険者組合に仕事を依頼する。組合はワーカーに依頼内容を事前に調査させる。調査結果により依頼するプレート階級を決定し組合の掲示板に依頼書が掲示される。冒険者は依頼書の中から自分に合った仕事を選ぶ。これ以外にも依頼が無くとも退治したモンスターの体の一部を提出した冒険者に報酬を渡す。また冒険者へ試験を行い階級プレートを発行するのも仕事である。
法国が悪い 「何か起こったらスレイン法国か竜王が悪い」という作者の言葉によって決定付けられた法国の扱い。web版のアインズ様がどんどん馬鹿になっていくのも、アルベドのヒドイン具合が加速していくのも、書籍10巻発売のアナウンスが全然無いのも、全て法国ってやつの仕業なんだ。
「宝石箱」 西暦2138年の地球全域は汚染が進みスモッグで夜空の星は見えない。転移後の世界の夜空を見上げたモモンガは「キラキラと輝いて宝石箱みたいだ。」と感嘆した。モモンガが見上げた星々は天の川(銀河系の中心部)であり息を飲む程の美しさであった。
宝物殿  ①システム・アリアドネを無視しナザリック地下大墳墓の独立した空間に存在する。リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンの所持者しかたどり着けない。至高の41人で集めた莫大な財宝、武器、防具、アイテムが安置されている。パンドラズ・アクターが管理者だが当初リングを持たせて貰えず外へ出られなかった。
 ②このサイトの何処かに存在する。ニグンさんの宝物殿
ホニョペニョコ 漆黒聖典が中途半端に精神支配したシャルティアの事。モモンは「追っている2人のバンパイアの片割れ」と説明。出任せで名付けたがアインズのネームセンスが皆無なのが露呈した。
ホリー・バニッシャー ユグドラシルの魔法職の一種。神聖魔法極限特化型魔法職。
アンデッドの天敵、勿論モモンガシャルティアも含む。
ま行
魔王 アインズデミウルゴスに命じて作らせている存在。この魔王をアインズが倒すマッチポンプで名声を集めようとしており、書籍版では「ヤルダバオト」がこの役を担っている。web版ではアインズ自身がこの名で呼ばれていた。
魔神 200年前に世界を荒らし回り、十三英雄によって封印された存在。その正体は六大神の死後暴走した彼らのNPC(あるいはモンスター)達。中にはエントマと同じく蟲を操る「蟲の魔神」がいた。
魔術師組合 冒険者組合同様、魔術師にも組合がある。都市の城壁門番が不審物を所持した者に対する持ち物検査を請け負うのも仕事のひとつ。大都市ではスクロールや魔力を込めたアイテムを販売している。エ・ランテルではテオ・ラケシルが組合長。
マスターソース ナザリック玉座のナザリック地下大墳墓の管理メニュー。転移後の世界ではユグドラシルがプレイヤーに供給するコンソールやステータス情報、GMコールの一切が使えない。しかし玉座機能の一部としてマスターソースは動作する。プレイヤー専用の機能では無いのでNPCにも利用が可能。このリストに記載されたシャルティアの文字色変化が反旗を翻した事を意味した。NPCが死亡するとリストから名前が消え空白になる。アニメでアインズが開いたマスターソースのメニューは左上から順に管理メニューが『メンバー、NPC、資金、生産状況、魔法使用状況』『フロア管理、アイテム管理、通信管理、転送エリア管理、交戦状況』『各種チャット表示、コストシミュレーション、アイコン選定、種別設定、オプション』『ナザリック地下大墳墓の地表部、第一階層~第十階層』『玉座の間マップ表示』『各種概要のパラメーターグラフ表示』だった。表示形式がユグドラシルのそれと全く同じなので勘違いした人も多い。
魔封じの水晶 魔法又は召喚モンスターを封じ込めるアイテム。ユグドラシルで使われていた物が転移後の世界でも希少品として存在している。陽光聖典隊長ニグンが使用。これをモモンが第8位階の魔法を封じ込めエ・ランテルの冒険者組合で提示した。その際、魔術師組合長ラケシルは封じ込められた第8位階の魔法を確認すると水晶に頬ずりし舐めまわした(白目)。
魔導国 カッツェ平野での会戦に勝利したアインズリ・エスティーゼ王国よりエ・ランテルとその周辺を割譲し建国した国家。国家元首はアインズ、代理統治をモモンと一人二役。版図はナザリックからエ・ランテルにかけての平野部、トブの大森林、一部飛び地あり。
魔法 主にMPを消費して攻撃、防御する能力。ユグドラシルでは1~10位階に別れており、その上に超位魔法が存在する。転移後の世界でも行使できる。また転移後の世界独自の魔法も存在する。
ミノタウロス(牛頭人)国 存在が原作者により示唆されている。昔ビーストマンの国と戦争があった。当時プレイヤーの口だけの賢者が居た。
ムスペルヘイムの炎巨人の誕生場 web版にてユグドラシルのギルド拠点。強力なギルドでナザリックに匹敵する戦力を保持している。もし転移後の世界に存在していればとても厄介とアインズは考えている。トリニティの1拠点の可能性あり。
文字 転移後の世界の文字は日本語と無関係な文字体系。お蔭でモモン以下ナザリックNPCは文盲になってしまい、交渉で文字を書かなくて良いように苦労している。但し、王国首都に潜入しているセバスにはマジックアイテムの眼鏡を使用しているので読める。
燃え上がる三眼 ユグドラシルのギルド。多くのワールドアイテム名と機能を有料でネットに発表した。調査方法はスパイ、探知魔法、ギルド脱退者のリーク等の宜しくない手法を使う。危機感を抱いた上位ギルドが組んで滅ぼした。スパイを警戒したアインズ・ウール・ゴウンがメンバー数を41でストップする程の影響力があった。ギルド崩壊後は無料で公表された。公表リストの中に『強欲と無欲』があったが、これはナザリック討伐戦で得た物らしく、ナザリック内に裏切者が居た可能性は低い。
モンスター 人類を基準とし、それ以外の人に仇なす異形の者を指す。大きく分けて生物、無生物、不死生物、非実体物に別れる。生物は鳥、哺乳類、爬虫類、両生類、魚、水棲生物、昆虫、ワーム、軟体、粘体、液体、植物、キメラ、受肉化した天使や悪魔等がある。無生物は魔法物、機械等がある。不死生物は付喪神、骨、ゾンビ、ミイラ、吸血鬼等がある。非実体物は幽霊、亡霊、死霊、生霊、精霊、受肉化していない天使や悪魔がある。
や行
ヤルダバオト ヤルダバオト…いったい何ウルゴスなんだ?
ユグドラシル<Yggdrasil> 2126年に日本のメーカーが発売した体感型 MMORPG。専用コンソールを使いゲームの中に「ダイブ」してプレイするネットゲーム。桁外れの自由度、クリエイト要素、そして「未知を既知とする事」 を目的とした斬新な作りから爆発的な人気を誇ったが、2138年にサービス終了を迎えた。
”良い上司になる本” Blu-ray第2巻(初回生産特典)付属のドラマCD。ナザリック転移直後、それまで人形同然だったNPCが意思を持ち行動すようになり、アインズは組織の長として相応しい態度を心掛けようと急いで読んだ本。
Blu-ray第1巻(初回生産特典)付属の書き下ろし小説にも図書館には同様なビジネス本が合計12冊あり、アインズは内緒で借りている。要するにハウツー本。
傭兵魔法職ギルド ユグドラシルのギルド。百人の構成員が全員Lv.100の魔法使いであり、ワールド・オブ・ディザスター(攻撃魔法極限特化型魔法職)を50人近く抱え込むギルド。その圧倒的な殲滅力は笑ってしまう程で、ギルド戦争でここが付いた方の勝利は確定するという。ただ、ここはその分近接戦に弱く、警護していたギルドを分断し、ワールドチャンピオン6人というドリームチームが壊滅させた時の動画は今でも伝説として閲覧されている。
四大暗黒剣(5-114) 十三英雄の一人である暗黒騎士が使っていた四振りの剣。内訳は邪剣ヒューミリス、魔剣キリネイラム、腐剣コロクダバール、死剣スフィーズの四つ。冒険者チームの”漆黒の剣”がこれら四振りの剣を求めていた。現在、魔剣キリネイラムは王国アダマンタイト級冒険者蒼の薔薇リーダー『ラキュース・アルベイン・デイル・アインドラ』が所有している。残りの剣の所有者は不明。
ら行
ラウンジ ナザリックの福利厚生施設として第九層に設置。時々守護者が利用する。
リ・エスティーゼ王国 アゼルリシア山脈の西側を主な領地としている。首都は王都リ・エスティーゼ。建国200年経過した国で人口はおよそ850万人。政治体制は国王と有力貴族による合議制。本作品の主な舞台。
リザードマン(蜥蜴人)の集落 ひょうたんみたいな湖の小さい瘤の周辺に部族単位で点在している。彼らは湖で獲れる魚を食糧にしている。人間のアンデッドはLv.40以下しか作れないので、それ以上のLv.のアンデッドを作る事を目的にアインズは一方的に戦争(虐殺)を仕掛けた。
リジェネーター 四肢を欠損しても生える便利な体。ウォー・トロールのグの部族はすぐに再生する。強殖装甲ガイバーのアプトムを思い浮かべると理解が速いです。
リスポーンキル Respawn Kill、プレイヤー死亡時に特定の場所で再スタートするのを狙って殺す事ユグドラシルで使われた戦法。ギルド拠点を占領し、ホームポイント上にて待ち構え、出現したプレイヤーを片っ端から殺す事。上位3ギルドが燃え上がる三眼を潰す為に使った手段。転移後の世界では使えない。
理想郷 web版が掲載されているアルカディアのこと。
竜王国 スレイン法国の東に隣接している。女王が竜の血を引く人間。国民は普通の人間。現在ビーストマンの国と戦争で苦戦している。政治体制は内政を首相が外交、防衛を女王がそれぞれ分担。いつもならスレイン法国から陽光聖典の援軍が来るのだが何故か今年は来ない…。
霊廟 ナザリック地下大墳墓の宝物殿最奥にある。引退したギルドメンバー37人の姿を模し、その装備を纏ったゴーレムが配置されている。リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンを所持したまま霊廟に入るとゴーレムが襲う仕組み。モモンガヘロヘロ以下4人は引退していないのでゴーレムは作られていない。
レベル ユグドラシルにおける強さの基準。人間は職業(クラス)レベルを合計100まで、亜人種や異形種は職業(クラス)レベルと種族レベルを合わせて合計100まで伸ばすことができる。
レメゲトン72の悪魔 旧約聖書に書かれている古代イスラエルのソロモン王が使役した悪魔達の伝説。72の悪魔の中でもベリアル、ビレト、アスモダイ、ガープが首領と言われている。ユグドラシルではデミウルゴスの部下として登場する。
ローブル聖王国 スレイン法国の西、アベリオン丘陵を挟んで位置する人類国家。亜人種が跋扈するアベリオン丘陵に危機感を抱き長城を構築した。政治体制の詳細不明。デミウルゴスがローブル聖王国の国民を拉致し家畜として飼っている。
六色聖典 スレイン法国の秘密部隊。陽光聖典漆黒聖典風花聖典等の複数部隊を要する。その目的は人類の生存。亜人種やモンスターから人類を守護する為に手段を択ばない行動をとる。中でも漆黒聖典は人類最後の守り手であり、その敗北は人類滅亡に直結する。尚、シャルティアに負けて逃げ帰った模様。
わ行
ワーカー ドロップアウトした冒険者達。冒険者のようにルールに縛られず、自由に行動できる代わりにサポートも受けられない。金銭目的でなる者もいれば、人助けの為になる者もいる。ワーカーの中でも犯罪ギリギリ、あるいは犯罪そのものを仕事にする者はダスクワーカーと呼ばれる。
各国に存在するが、作中に出てくるのは大体帝国のワーカー。
ワールド ユグドラシルで非常に重要視された言葉。「ワールド」と付くものは基本的に規格外な存在であった。ちなみにユグドラシル自体には九つのワールド(アースガルズ、アルフヘイム、ヴァナヘイム、ニダヴェリール、ミズガルズ、ヨトゥンヘイム、ニヴルヘイム、ヘルヘイム、ムスペルヘイム)が存在する。
ワールド・エネミー ユグドラシルのラスボスの一種。20体以上の存在が確認されていた。倒すとワールドアイテムをドロップすると考えられていて有力ギルドは討伐に血眼になった。普通はNPCなのだが、ワールド・アイテムを所持したワールド・チャンピオンが呪いでワールド・エネミーに化けた事もある。転移後の世界には居ないよね?。
ワールド・ガーディアン ユグドラシルの魔法職の一種。防御魔法極限特化型魔法職。
ワールド・サーチャーズ ユグドラシルのNo.2ギルド。新発見のみを追求した冒険者ギルド。本拠地は貧しく、ワールドアイテムも殆ど所持していないが、ここほど世界を発見したギルドは無い。公式が望んだ楽しみ方を最も具現したギルド。13英雄のパーティーと関係あるかも?。
ワールドチャンピオン ユグドラシルの戦士職の一種。九つあるユグドラシル・ワールドでそれぞれ大会の優勝者のみがなれる。9人しかこの職種に付けない。優勝者には専用の武器と防具が与えられる。ワールドチャンピオン同士の戦いでの序列は優勝ヨトゥンヘイム、2位アルフヘイム、3位ヘルヘイム。2位と3位の試合では3位が勝利した(web版、設定)。たっち・みーはワールド・チャンピオン・オブ・アルフヘイム。ワールドチャンピオン・ムスペルヘイムは7つの大罪の一つの呪いでワールド・エネミーとなり討伐された。この後ムスペルヘイム祭りが勃発し、運営によってキャラクター抹消。新たに大会が開かれ、2代目ムスペルヘイムとして初の女性(外装は)がワールドチャンピオンになる。(web版、設定)
ワールドディザスター ユグドラシルの魔法職の一種。攻撃魔法極限特化型魔法職。モモンガをはるかに上回る攻撃力を誇る。ウルベルト・アレイン・オードルがこの職種。
始原の魔法(ワイルド・マジック) 転移後の世界に元から存在した強力な魔法。その昔、八欲王に魔法の理を歪められ現在使い手がごく少数しか存在しない。超位魔法をはるかに上回る破壊を齎す魔法がある。
「私はここで初めてを」 玉座の間で女性NPCがアインズに言った言葉。
 ①転移直後、モモンガがゲーム中のR指定違反を確かめる為にわざとアルベドの乳を揉んでいたら勘違いされた。
 ②シャルティア復活の際に、アインズが裸のシャルティアを抱き起したら勘違いして抱き付いた。

 


                 

94 Responses to 用語一覧

  1. 宝物殿中でござる より:

    当ページのリンク切れ個所の修正と
    大百科内へのジャンプは同一タブで
    大百科外へのサイトへじゃ新規タブ作成
    に統一しました

  2. 名無し より:

    いつもお疲れ様です。
    感謝しながら読ませていただいてます。

  3. 宝物殿中でござる より:

    みんな大好き課金アイテムの項目と
    web版のクズがあああに相当する
    書籍、アニメ版のクソがあああの項目を追加しました

  4. 宝物殿中でござる より:

    地図にある地名、国名をすべて載せました
    内容不足があると思いますが
    気付いた方が追加してくれるとうれしいです

  5. 宝物殿中でござる より:

    HP、MP、ポーションの項目を作りました

  6. 名無し より:

    お疲れ様でした!!
    感謝しますm(__)m

  7. 宝物殿中でござる より:

    ゴブリン軍団とDMMORPGのこうもくを作りました

  8. 宝物殿中でござる より:

    オーバーロード書籍各巻ページへリンク作りました

  9. 名無し より:

    大変感謝!!

  10. 宝物殿中でござる より:

    PK、PKK、PvN、PvPの項目を作りました

  11. 名無し より:

    感謝しますm(__)m
    度々お疲れ様です。

  12. 宝物殿中でござる より:

    魔人、魔法、モンスター、ワイルドマジックの項目を作りました

  13. 宝物殿中でござる より:

    天使、悪魔の項目を作りました

  14. 名無し より:

    度々感謝!!
    いつもお疲れ様ですm(__)m

  15. 宝物殿中でござる より:

    地図に載っていない国々、神の項目を作りました

  16. 名無し より:

    いつも感謝!!
    お疲れ様ですm(__)m

  17. 匿名 より:

    NPCに追記しました
    長いなら、拠点という項目を作ったほうが良いかもしれません

  18.   より:

    トカゲックスまだ無かったので追記しました!

    • 宝物殿中でござる より:

      トカゲックスがOKなら偽乳もOKだろうと思い
      追加しました
      今後エロ用語も容赦なく追加しようと心に…

      • 匿名 より:

        書籍8巻 P82で、ルプーにも「男胸さん」とか「残念美人さん」とか言われてますね

  19. 名無し より:

    毎回お疲れ様です!!
    感謝します!!
    男胸、有りましたねww

  20. 宝物殿中でござる より:

    コンソール、GMコール、ステータス情報、マスターソースを追加しました

  21. 名無し より:

    感謝します。
    お疲れ様でしたm(__)m

  22. 宝物殿中でござる より:

    椅子の項目を作りました

  23. 宝物殿中でござる より:

    言語、拷問、通貨、文字の項目を追加しました

    • 名無し より:

      大変お疲れ様でしたm(__)m
      そして、感謝します!!
      しかし、言葉に関しては不思議な設定ですね。
      なにゆえか…
      まぁ、そんなもんだと納得するべきなんでしょうね。(^^;

    • 086 より:

      >転移後の世界は様々な言語があると見られるが、何故か普通に日本語が通じる。

      現地で言葉が通じる理由は「伝えたい意味の本質の伝達(No.391他)」が行われているからなので、言語化されたテレパシー(とかエンパシー)に近いものではないかと思われます。
      これは深く考えるといろいろ面白いですね。

  24. ハムスケ=忠臣 より:

    あの添い寝の落札者はアルベドですよ四億一千万で二回目で落札した扱いになってます、その後は所持ポイント1500でのオークションになりました。

    • ハムスケ=忠臣 より:

      上のはコメント書き込む場所を間違えましたすみません。

      なおシャルティアは添い寝でなでなで希望です、オークションでお空を二人でデート券とか模擬戦(ガチバトル希望)とかカオスな商品が多いですね、あーん券とか

  25. 宝物殿中でござる より:

    結婚してくれ 追加しました

    • ハムスケ=忠臣 より:

      アインズ様が支配者ロールしながら耳元で囁けば男性型の一部を覗きNPC達は魅了される魔法の御言葉になりますなぁ……坊っちゃんは命拾いしたねぇ(о´∀`о)

  26. 宝物殿中でござる より:

    ほにょぺ…なんとかを追加しました

  27. 宝物殿中でござる より:

    後だし
    追加しました

  28. 匿名 より:

    通貨の項目に交易共通「白金貨」とあるけど、ソースはどこ?
    確かに元ネタと思われるDnDには白金貨があるけど…

    あと原作に貨幣間に関しての記述はある?
    金貨1枚=銀貨N枚=銅貨NN枚の

    • 匿名 より:

      カルネ村の村長がアインズ様に説明してなかったっけ?

    • 匿名 より:

      web版だと、各硬貨の変換は1000銅貨=100銀貨=10金貨=1白金貨で、1/4銅貨である黄銅板があると村長から説明を受けてますね

    • 匿名 より:

      返事ありがとうございます
      5巻171ページにありましたね、交易共通白金貨、価値は金貨の十倍

      交換比率はやはり不明でしたか
      色々調べた所、DnDは白金貨含め全部10倍ですが
      一般人の月給が金貨一枚銀貨十枚の2/3だから、メジャーで妥当な所は
      ローマの1金貨=25銀貨=400銅貨、フランスの1金貨=20銀貨=240銅貨か
      まぁ所詮は妄想だけどね

    • 宝物殿中でござる より:

      アニメじゃブリタがポーションの値段を金貨1枚に銀貨11枚とかなんとか
      言ってるので金銀の比率は10倍じゃないみたいです

      • 匿名 より:

        書籍版だと二人部屋銅貨7枚に銀貨1枚を出して銅貨6枚がお釣りでした
        一人7枚の二人で14枚だと言う事だと思いますんで、20銅貨=1銀貨だと思われます

  29. 宝物殿中でござる より:

    神殿の項目を追加しました

  30. 匿名 より:

    カルマ値のページを作成した者です。
    用語にカルマ値を追加しましたが、リンクが上手く貼れません><
    どなたか訂正お願いします。m(。_。;))m

  31. 匿名 より:

    「この戦いでナザリックは幾つかワールドアイテムを得た」って、WEB版の話ですか?どこに書かれていますか?

    • 匿名 より:

      Arcadiaの感想返しNo.1796に
      >実は大侵攻の際には上位ギルドは一つも参加していません。
      >上位ギルドは連合軍が壊滅したと聞いて「やっぱり」と思ったようです。
      >そのためワールドアイテムは殆ど手に入ってないんですよね。
      とあります。
      「殆ど手に入ってない」=「幾つかは手に入った」という判断ではないでしょうか。
      他にそうした記述はなかったと思いますが断言する自信はないです。

      • 匿名 より:

        というか、壊滅したと聞いてやっぱりと言うって事は上位ギルドの連中ですら攻め落とすのは至難の業って認識だったのか・・・。アインズ様とそのお仲間達ってすっごい!

      • 匿名 より:

        割とヘイト稼いでいたギルドだったらしいし
        その本拠地がそう簡単に攻略できるわけがないって思われてたのかな?
        それとも上位ギルドである自分達もそれくらいできるから、アインズウールゴウンにもできるだろうと思われていたのか

        • 匿名 より:

          1500人撃退してますし、上位ギルド2~3チームくらいが攻めても攻略は厳しいと思いますね~

          どんなに強くても恐怖公などで何人か脱落しそうですしね…

          逆に至高の四一人が他の上位ギルドを攻めても返り討ちにされるでしょうね~

          アインズウールゴウンは守り最強だと思っています~

      • 匿名 より:

        ご返信ありがとうございます。
        あとWEB全文を検索した結果、「馬車」に「特にかつて大軍で攻め込まれたとき、複数のワールドアイテムを奪い、鎮座させているとも。」とあります…

  32. 匿名 より:

    アニメから書籍を読み始めた新参者なので、いつもこちらのサイトの情報には大変お世話になっております。

    ところで、このページの「慇懃無礼」の説明でエルヤーのエルフに対する振る舞いが挙げられているのですが、
    彼のエルフに対する行動は慇懃無礼とはちょっと違うのではないでしょうか?

    「慇懃無礼」は一般的には「言葉や態度などが丁寧すぎて、かえって無礼であるさま」を指すと思うのですが、
    彼のエルフに対する行動は単なる横暴であって、上記の説明に当て嵌まらないように思われます。
    むしろエルフではなく一般ワーカー/冒険者に対する態度こそが「慇懃無礼」の例としては相応しいのではないかと。

  33. 086 より:

    「えっ、何、あの好評感。」は「えっ、何、あの高評価。(1-156)」ですね。
    ビクティム→ヴィクティム、ヒヒイロノカネ→ヒヒイロカネのような細かい修正点もありますが、こういうのは勝手に直していいものでしょうか……。

  34. 宝物殿中でござる より:

    アースガルズの天空城を保有したギルド。
    ヘルヘイム最奥の氷河城を支配したギルド。
    ムスペルヘイムの炎巨人の誕生場というフィールドを支配したギルド。
    上記3ギルドの項目を追加しました
    しかし、なんで今まで見落としてたんだろうか…
    アインズの敗北相手の様な気がする…

  35. 匿名 より:

    死の支配者の項目にこの職業の発見報酬として、ワールドアイテムを手に入れたとありますがソースはどこでしょうか?

    • 匿名 より:

      単なる推測が一人歩きしているのでは?という指摘を聞いたことがあります。
      もし明確なソースがあるなら知りたいですね……

  36. 匿名 より:

    ほとんどの項目に出典情報が存在しないので怪しすぎます。
    一般的な用語(PKとか)、または掲示板等で使われる慣用句になっている言葉(割烹とか)ならいざ知らず、そうでないモノについてはソースをあたれないとどこでどのように言及されたか、何をどのようにまとめて用語として書かれたのかが判断出来ませんね。
    例えば書籍なら何巻だとか、一部言及なら何巻の何ページとか、作者ツイートならそのリンクとか最低限必要でしょう。そうでなければ簡単に嘘を割り込ませられます。
    その辺りを何とかしないとこの用語集、単なるゴミの山ですよ。まとめる努力を無駄にしないためにそのあたり気をつけて欲しいです。もったいないから。

  37. 匿名 より:

    移転前の掲示板にも誤って書き込んでしまいましたので、すみませんが二重投稿をお許しください

    「ガゼフ(単位)」のところなんですが
    クレマンティーヌは1.5ガゼフもないのではないでしょうか?
    42レベル相当ってことになってしまいますし

    そうなるとクレマンが「まともに戦える」として挙げている戦士の多くと10レベル以上差が付くので、「まともに戦える」どころかクレマンに手も足も出ないことになってしまいます
    また、web版でのセリフですが隊長以外の漆黒聖典隊員なら一対一であれば勝てると言っていたフールーダよりも強いことになってしまいます
    クレマン自身、英雄の領域(6巻の記述から恐らくレベル29以上)に「足を踏み込んだ」と言っているので、29~30前半程度、せいぜい1.1~1.2ガゼフ程度しかないと思うのですが

    仮に単純なレベル比ではないとしても、クレマン以外はレベル比になっていると思うので、クレマンだけ高く評価される理由が分からないです
    (作者がどこかで1.5ガゼフと明言していましたらすみません)

    • 匿名 より:

      1ガゼフ=ガゼフ一人分相当って意味
      そもそも原作キャラが悉くガゼフ引き合いに出すから
      生まれた言葉でナザリック勢などの一定以上強者だと
      ガゼフいくらいても意味がないから
      ぶっちゃけると単位として機能してないから気にしなくていい

      • 匿名 より:

        上の投稿は1ガゼフ=ガゼフ一人分相当って趣旨なのですが…

        ガゼフは英雄一歩手前なので(5-108、5巻巻末キャラ紹介)レベル28程度、その1.5倍とすると42レベル相当になってしまうってことです
        ズーラーノーン装備、漆黒聖典装備のいずれにせよ、このレベルは流石にありえないだろうと(英雄の領域に足を踏み込むどころか、「逸脱者」になってしまう)

        レベルなどを考えずに、感覚的にガゼフ1.5人分の強さのことだとしても、ガガーランなどは5巻でガゼフ(1ガゼフ)に勝つことについて「無茶言うなよ」と言っているので、ガゼフ1.5人分の強さ(1.5ガゼフ)では「まともに戦える」どころか全く勝負にならないことになってしまい、どう考えてもおかしいです

        自分としてはかなりトンデモな数値だと考えますが、いろんなところでこれがコピペされまくっているので正直かなり気になります
        ソースがないのなら消した方がいいのでは?

        • 匿名 より:

          取り合えず、ソースが無さそうなので
          暫定的に修正しておきました。

          • 宝物殿中でござる より:

            >ノーマルガゼフ一人分の強さを1ガゼフとする単位。
            これじゃあ何の説明にもなってませんが

        • 匿名 より:

          自分が覚えてる限りでは、そもそもアニメでガゼフ単位が流行りだした頃は、
          あなたの考えてる通りの計算で、クレマンは普通に1.1とか1.2ガゼフとか言われてたはず
          多分伝言ゲーム的にどこかで勘違いされてここに1.5って書かれただけだと思う

          まあこの計算自体、ガゼフに近いレベル帯しか通用しないというか、あまり意味が無いんだけどね
          100レベルキャラが3ガゼフ程度とか言われても納得いかないし

          • 匿名 より:

            レベルの数値自体を加算・積算するのは無意味ですよね
            その理屈でいけば、Lv1村人100人集まったら守護者と良い勝負になってしまいますし

            なので、「1.5ガゼフ」も「レベルがガゼフの1.5倍」ではなく、
            「ガゼフ2人には勝てないが、1人なら勝てる」程度に考えるのが良いかと

            とは言え、原作者の想定してる実力差としてはそこまでの開きもなさそうなので、
            精々1.2ガゼフくらいが適性だとは思いますが

          • 匿名 より:

            皆さん、修正やレスをして下さりありがとうございます

            昨日から探していたのですが、やはりソースは無いみたいですね
            私も以前、何処かでクレマンが1.2ガゼフだと書かれていたのは見たことがある気がします

            >「1.5ガゼフ」も「レベルがガゼフの1.5倍」ではなく、
            >「ガゼフ2人には勝てないが、1人なら勝てる」程度に考えるのが良いかと

            このような基準で考えてしまいますと、「ガゼフ(単位)」が全くソースに基づかない基準ということになってしまいます

            なぜなら、割烹では

            クレマンティーヌ(漆黒所属)>フル装備ガゼフ>クレマンティーヌ(ズラ所属)>ハムスケ>ガゼフ>ブレイン>ガガーラン>ゼロ>壁>ザリュース>クライム>虎>一般人

            という強さの順列は明らかにされていますが、各々どれだけの力量差があるかは不明(むしろ、「一部の強さがほとんど団子」「下が上を倒すことは十分にあり得る」との記載すらある)ですので、「誰々がガゼフ何人分には勝てる」といったことは全くの不明だからです
            ひょっとすると、全員0.9~1.1ガゼフの範疇で収まる力量差かもしれませんし、クレマンティーヌ(漆黒所属)が10ガゼフぐらいあるのかもしれません
            作者でもなければこんなことは全く分かりませんし、こちらの基準も完全に主観的なものであるため無意味なものとなってしまいます

            そう考えると、何ガゼフと数値化するのなら、やはり単純にレベルの数値の指標と考えるしかないのではないでしょうか(3ガゼフならガゼフ3人分、という意味ではなくなってしまいますが)
            レベルであれば、上記のように作中の情報である程度までは推測できますし

            恐らく、「何ガゼフ」というのは、最初はこのような意味合いだったのだと思います
            それが、アニメでクレマンの人気が出たことによって、アニメを見た人が過剰評価をしてクレマンのみを引き上げたのだと思います

            こちらの記載はコピペが貼られていて拡散されていたので、非常に気になっていたところでした

          • 匿名 より:

            多分に感覚的なものですしね。四国のダルビッシュとか北海道の香川みたいなものでしょう。

          • 匿名 より:

            そもそもこの手の架空単位なんてモンは、
            ファンの間で適当に使われる一種のネタですし、
            そこに厳密性を求めるのは無理があるんじゃないですかね

            レベルについて語るのであればそれこそ実際のレベル数値で表した方が明確ですし、
            それをわざわざ「ガゼフの○倍」表記にする意味はないのではないかと

            何より上の方も書いてますが、アインズや守護者が「3.xガゼフ」程度と表記されてしまうのは、
            実際の力量と比較して、個人的には違和感を拭えません

            この手の「ファンの間だけで通じる符丁」の様な物を「用語」扱いするのは、
            他作品のファンサイトやWikiでは特段珍しい事ではありませんが、
            設定が厳密に数値化されている事柄の多いオバロの場合、
            余計な混乱を招くと言う意味では余り推奨されないのかもしれませんね

          • 匿名 より:

            確かに、実際のレベルで表した方が明確ですよね
            私もわざわざレベルについて「ガゼフの○倍」の表記にする意味はあまりないと思います
            一方で、1ガゼフをガゼフ1人分の感覚的な強さとすると、現時点では全く何の根拠もなく完全に主観的な数値とならざるをえないので、少なくとも「誰々が○ガゼフ」という記述は大百科には書かない方がいいと思います

            暫定的に修正して頂く前にここに記載があった
            「ハムスケが1.2ガゼフ、クレマンティーヌが1.5ガゼフ、クライムが0.5ガゼフ」
            という趣旨の書き込みが、半ば公式の見解のようにいろいろなところに貼られているのにはモヤモヤしていました

            1ガゼフをガゼフ1人分の感覚的な強さとしますと、上で書いたように、クレマンが1.5ガゼフはトンデモ数値だと思いますし、ましてやクライムが0.5ガゼフはありえないと思います
            5巻の描写を見るにクライムが2人いたところでガゼフを倒せるはずはないですし、傷を負わすことすら難しいでしょうから

            ただ、0.何ガゼフかと問われるとよく分かりません
            王国の六大貴族であるボウロロープ侯がガゼフのことを「千の兵に匹敵する」とみなしている(9-168)ので、ひょっとするとクライムは0.01ガゼフぐらいなのかもしれませんね

  38. 匿名 より:

    ワールドディザスターがワールド•オブ•ディザスターになってますよ

    • 匿名 より:

      Web版だとそれで正解なのですがこのサイトは書籍版に準じているので修正と補足が必要ですね。

      • 糸ですな より:

        WEB版だと「ワード・オブ・ディザスター」じゃなかったっけ?

        と思って確認してきたら傭兵魔法職ギルドの説明にワールドディザスターが登場してますね(設定)。

        攻撃魔法極限特化型魔法職に「ワード・オブ・ディザスター」(準備-1)もあるみたいなので、これと混同されたのでは?

  39. 匿名 より:

    >「椅子(石)」黒曜石で出来た壮麗な椅子。
    で、玉座の間にあるのは水晶でできてませんでしたっけ?(プロローグー2、1巻36p)
    あとWEB版には椅子(革)が二つ、アインズ様が選んだ何製か不明な「黒い総革張りの椅子」
    と、最初セバスが選んで置こうとした「ハイ・ベヒモスの金皮製椅子」が。
    まぁ、後者は却下されましたがw
    あ、あと凱旋-2で作られた要塞の中のソファーはなんでしょね?
    探すと結構あるなぁ・・・

    • 匿名 より:

      スクロールてユグドラシル金貨以外でできるの?

      • 匿名 より:

        ユグドラシルの金貨を使ってと現地の独自の製法での作成がある

        • 匿名 より:

          質問が悪くてすまん
          8巻読んでマーレと司書長の第4位魔法のスクロール作成失敗場面があって、羊皮紙の質が悪いのはわかるけどなんで現地金貨で実験しないのか疑問に思ったのよ
          ①現地金貨は高位魔法スクロールに適してない
          ②羊皮紙の実験でたまたまユグドラシル金貨使った
          ③現地金貨でのスクロール作成技術がナザリックにない
          現地金貨での高位魔法作成の描写があれば疑問解決なんだが、、、(見逃してたらすまん)

          • 匿名 より:

            デミ産羊皮紙は金貨によるスクロール製作に耐えているから現地の羊皮紙よりは質はいいはず。
            確かに現地金貨でのスクロール製作場面はないよねー。
            すでに実験していて、現地金貨は使用できないとでも結論づけているのかね?その場合は
            ①ユグ金貨の金含有量が現地金貨の2倍
            ②ユグ金貨にはゲーム時代のスクロール製作に関して、何らかの情報が付加されているが、現地金貨にはその情報が付加されていない。
            ③金貨を用いたスクロール製作には何らかのスキルが必要で現地金貨はそのスキルに耐えられない。

            とかまぁ勝手に要素を考えてみたけど、これはもう実験していた場合の憶測なんで根拠はないです。
            まぁまだ実験してないってだけならこの考察はてんで的外れなんですけどね。

          • 匿名 より:

            やっぱ描写ないのか
            復活にも金貨必要だしそのうちわかるかな

            回答サンキュウ

          • 匿名 より:

            金貨定義だと微妙な気がする
            お金定義じゃないのかな?
            例えばスクロール作るのに1万円必要1ドル100円なら100ドル必要
            復活も似た定義な気がする
            その辺の実験は描写の必要ないだけでしてるとは思うけどね

          • 匿名 より:

            ①ユグ金貨の金含有率が現地金貨の2倍

            金貨価値についても書いたつもりだったんだが。

          • 匿名 より:

            金額の問題ならなおさら数に限りがあるユグドラシル金貨じゃなくて、現地金貨で実験するでしょ

            ナザリックの保有金貨数<現地世界の金埋蔵量
            ならわかるけど、さすがにね

          • 匿名 より:

            なんのためのエクスチェンジボックス。
            何のためにパンドラズアクターが音改さんの姿を取って使用しているのか。
            何のためにアインズ様はユグドラシル金貨を得る手段を確立しようとしているのか。
            そこにユグドラシル金貨でないといけない理由があるんじゃないの?

            それに今は魔導国があるから税収で現地金貨を集めることができるだろうけど、それ以前はモモンの冒険者業でしか現地金貨を集める手段がなかったはず。
            マーレのスクロール実験段階ではどちらかといえば現地金貨を得る手段のほうが確立できてなかった段階の話でしょ

          • 匿名 より:

            あーエクスチェンジボックスあったね
            で、現地金貨でスクロールできるの?

          • 匿名 より:

            なにこの打っても響かない感じ。
            もし同一人物なら過去ログ読んで、原作1巻から全部読み直して来いと言いたい。

            現地通貨でスクロール製作してる描写がないからわからないって話でしょ。
            情報開示されてない状況で、決め打ちした考察するくらいなら多角的な要素を考慮した考察をしなよ。

          • 匿名 より:

            そんなにキレなくても(´・ω・`)
            一言描写ないから知らんでええんやで

            回答サンキュウ

          • 匿名 より:

            こっちこそごめんm(_ _)m
            言葉がきつかった。熱くなりすぎたみたい。

            また疑問に思ったことあったら質問してこの場所盛り上げてあげて。
            ごめんね

          • 匿名 より:

            ええんやで

          • 匿名 より:

            基本ゲーム時代のルールに基づいてるから、現地金貨じゃユグドラシルのスクロールは出来ない可能性が高いと思う
            金塊ではなく金貨を使うので、ゲーム時代では制作コストで消費される形だったのが、異世界に来てそれらしい形に変化した可能性もある

            ただ、両脚羊というゲーム時代に絶対になかったであろうアイテムを使って、ユグドラシルからきた存在が、ユグドラシルの法則使って制作できるっていうのが悩みどころですかね

          • 匿名 より:

            そもそもこれ、現地通貨を使う必要がまったくないという話なんじゃ

          • 匿名 より:

            混乱させて悪かったけどそもそもは「スクロールてユグドラシル金貨以外でできるの?」
            て質問が本題なんやで
            このサイトの用語解説にその辺の記載がないから質問したんや

            8巻の件は疑問のスタート地点と書いけど、話し複雑にしてスマン

            描写ないならそれでいいから考察は各々してくれ

      • 匿名 より:

        金貨を使用したスクロール製作は、羊皮紙に大きな負荷がかかり、負荷を超えると羊皮紙が燃えて、スクロール製作は失敗に終わる。
        逆に現地のスクロール製作は、羊皮紙にかかる負荷が小さく、金貨を用いた方法より高位の魔法を封じ込めることができる。
        司書長いわく現地の製作方法は「ある意味製錬されている。」

  40. 匿名 より:

    転移後の最初の頃ではかなり優先順位が高かった課題がスクロールなどの消耗品の入手だったはずだしアインズ様の事だからその辺はかなり試行錯誤されてるだろうね
    それで落ち着いた形がエクスチェンジボックスのユグドラシル金貨とアベリオンシープを用いたスクロールの作成なんだったらそれが一番効率が良いんだと思うよ

コメントを残す