ぶくぶく茶釜


ぶくぶく茶釜
latest
詳細
名前 ぶくぶく茶釜
通称 ピンクの肉棒
粘液盾
性別
種族 粘体
所属 ギルド:アインズ・ウール・ゴウン
至高の四十一人
家族 ペロロンチーノ(弟)
Media
声優 後藤邑子
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版

予定したお時間が経過したよーモモンガお兄ちゃん!

概要

 
ぶくぶく茶釜は、ギルド:アインズ・ウール・ゴウン至高の四十一人に名を連ねるプレイヤーの一人である。
 その外見は一言で言ってしまえば「ピンクの肉棒」。女性が選ぶには、というか人が選ぶには非常に躊躇われる外見をしており、たっち・みーが話しかけるまで孤独なプレイをしていた模様。
 ギルド:アインズ・ウール・ゴウンに3人しかいない女性プレイヤーの一人であり、同時にその前身となったクラン『ナインズ・オウン・ゴール』の頃から参加している古参メンバーでもある。
 ユグドラシル時代は第6階層巨大樹の中で同じ女性プレイヤーである餡ころもっちもちやまいこと共によく会話を楽しんでいた。

 非常に気さくな性格だが、「弟、黙れ」の台詞に代表されるようには姉に従うべしという強い信念を持っていたようで、その思いは自身が作ったアウラマーレにも強く現れている。
 強さは防御に全てのステータスを振った極端なもので、その戦う様子は通称「粘液盾」。彼女自身のプレイヤースキルは高く、高度なゲーム知識に裏打ちされた的確な判断はトップクラスであり、指揮官としてチームを纏めていた事もあった。また、ヘイト値はユグドラシルでは隠しデータであるにも関わらず、何をどうすれば高下するのかを体験的に覚えており、彼女をしてヘイトコントロールが難しいアンデッド相手ですら、雑談する余裕が有るほどのベテランの域に達している。両手に盾を持つ戦闘スタイルだったが、どう持つのかは不明。

 現実では売れっ子の実力派声優で、エロゲーのロリキャラの声をよく担当していた。ゲーム内でもその声を生かし、自身の声が入った時計を作ったり、普段の会話も高めに作った声で話していた。

 彼の弟であるペロロンチーノからは「欲しかったエロゲーに姉が声優として参加していると購買意欲が著しく下がる」と言われており、そんな弟と話す際は低い地声が出たとのこと。

 

スキル

  • シールドアタック…俗に「ヘイトコンボ」と呼ばれる技の一つ。相手のヘイト値が上昇する。
  • シールドスタン…俗に「ヘイトコンボ」と呼ばれる技の一つ。相手のヘイト値が上昇する。
  • メガインパクト…俗に「ヘイトコンボ」と呼ばれる技の一つ。相手のヘイト値が上昇する。
  • ナイト・チャレンジ…相手のヘイト上昇値を2乗させる。
  • ウォールズ・オブ・ジェリコ…チーム全体を防御する。
  • 位置交換…相手と自分の位置を入れ替える。
  • 《サクリファイス/生贄》…自分の防御力が大幅に低下する代わりに、攻撃してきた相手のカルマ値を極限まで低下させる。
  • イージス…詳細不明。劇中では《サクリファイス/生贄》使用後に敵からのダメージ量を減らす目的で使用した。



作ったNPC
アウラ・ベラ・フィオーラ

マーレ・ベロ・フィオーレ


人間関係
モモンガ
モモンガお兄ちゃん♡。」

やまいこ
「かぜっち!りぴーとあふたみー、かぜっち!」

餡ころもっちもち
「あんちゃん。」

ペロロンチーノ
「おい、小僧。てめぇが十二歳の時にしでかしたこと、ばらして欲しいのか?」

小ネタ

  • ギルド結成時の初期メンバー。
  • 彼女が作った時計は07:21(オナニー)にアラームを鳴らした後、19:19(イクイク)にアラームを鳴らすと隠しボイスを聞くことができる。その内容はアインズが「チュパ…」と言いかけて慌てて止めており、何かしらのエロい音声が入力されているらしい。
  • 実は「ぶくぶく」の名の通り当初は太っていたが、後にダイエットに成功している。
  • web版にてギルドメンバーが「ぶくぶく」と呼ぶのを許しているが弟のペロロンチーノだけは「ぶくぶぶく」を禁止している。(外伝_色々)
  • リアルでは独立しているらしく、「実家に帰ったら…」と弟のペロロンチーノを脅している。
  • シャルティアは彼女が声優という職業についていることは知っているが、それがどのような仕事なのかは知らず、声を入れる=生命創造系の仕事だと考えていた。
  • 声優としての名前を幾つも持っており、その中でも一番好きな名前は『風海久美』。昔のファンからはかぜっちと綽名で呼ばれていた。
  • 彼女が作ったアウラ設定コンセプトは「可愛い子」 こんな妹が欲しかった。いらね(ペッ だそうです。
  • 中の人の代表作は『涼宮ハルヒの憂鬱』の朝比奈みくる。ちなみに別名義でエロゲにも多数出演しており、ぶくぶく茶釜の設定と非常に近い。それ散るの雪村小町とか。全力でぶっこんだ「モモンガお兄ちゃん♪」には共演者が吹き出したとか。


画像

Bukubukuchagama


                 

41 Responses to ぶくぶく茶釜

  1. nigun-love より:

    選定には「エロゲ声優経験者」ってのを見てたかもしれませんねー
    少し追記しました!

  2. 匿名 より:

    至高のエロ

  3. 匿名 より:

    現実では売れっ子の実力派声優
    エロゲにばんばんでてる
    ロリ系の声 でも地声は低い

    その通りの配役になりましたね

  4. 匿名 より:

    後藤さんのブログより
    物語が佳境を迎え、緊迫したシーンが続く中で
    毛色の違う萌えセリフをぶっこむと言う試練を課され・・・
    「モモンガお兄ちゃん♪」っと全力でぶっこみましたとことですw
    http://ameblo.jp/goto-yuko/entry-12076543736.html

    • 匿名 より:

      世界を簡単に滅ぼしかねない化け物の戦いの最中にあまりにも場違いすぎるセリフですからねww

  5. nigun-love より:

    見事な「モモンガお兄ちゃん♪」でしたねー
    ちょっと追記しておきました!

  6. 匿名 より:

    茶釜さん以外とちっさいのね

  7. トータス より:

    オーバーロード 失伝? 御神体は・・・ぶくぶく茶釜!?
     というSS短編を作ってみました。

    こんな事があったかもなーと、作成。
    ユグドラシル現役時代の記録から消失された一幕なので、外伝でも異伝でも無い、失伝です。

  8. 匿名 より:

    07:21→19:19で聞ける隠しボイスって18禁に引っかからなかったんだろうか?
    アルベドの胸に触るような直接的な行為は禁止だけど、ボイスならおkだった?

    • 匿名 より:

      セクハラ等はシステムでカバーできても音声データまでは自動判別は無理だと思われる。
      運営がこのアイテムの隠しボイスまでたどり着けるとは思えんから気づかれてない可能性が高いんじゃないかな。
      そういった隙間があるからこそエロ最悪なんてものも作れたんだろうし。

      • 匿名 より:

        なるほど。しかし、いつかはバレる可能性もあるわけですね。
        チャットとかでこの話題だしてたら足もつくわけですし。

        • 名無し より:

          まぁ、だから隠しボイスなんでしょうね。
          モモンガさんが知ってることが疑問ですが…(^^;

          • 匿名 より:

            そりゃあ渡した時に鳴るように設定してたのでしょう。
            勿論何も言わずに。

            そして時間差ドッキリを喰らったと。

  9. 匿名 より:

    この外見は18禁にひっかからなかったの?

    • 名無し より:

      不定形なスライムだからギリギリセーフ?(^^;

    • 匿名 より:

      そもそも何故この外見をチョイスしたのかを訊きたい

      • 匿名 より:

        >そもそも何故この外見をチョイスしたのかを訊きたい
        そりゃエロゲーの声優していた影響でしょうな。あと普通の女キャラの
        外見だと言い寄る男どもが鬱陶しかったから、弟へのいやがらせとか
        いろいろ考えられるな

      • 匿名 より:

        普段から美少女キャラ演じてる反動じゃね?

  10. 宝物殿中でござる より:

    声優ギルドがあるのにたっち・みーが声かけるまでソロプレイしてたのには
    声優ギルドにその姿を嫌われた可能性がありりますね

    • 匿名 より:

      やっぱり声優ギルドでの人間関係というか、付き合いが嫌だったんだろうか
      でなきゃあんな肉棒の姿してないし
      ゲームの中でくらいはそういう付き合いというかなれ合いをしたくなくて
      自由に活動したいと思っていたのかもしれない

  11. ぷくぷく より:

    ピンクの肉棒に声かけるたっち・みーさんは、真の勇者!!

    • 匿名 より:

      ぼっちを見つけると話しかけずにはいられないのだろう
      たとえそれがピンクの肉♂棒でも

    • 086 より:

      まあ、ゲームなので人間が操作していることは分かっていますからね。

  12. 匿名 より:

    位置交換はルビ振ってなかったけど、同じタンク系のアルベドがドラマCDで使っていたトランスポジションかな?

  13. 匿名 より:

    ピンクの肉棒というよりできたてホヤホヤのう◯こに見えるんだけど
    始めの頃はもっと無垢なピンク色だった・・・?

  14. 匿名 より:

    あの現実世界で2人以上の子供を育てるのは貧困層には困難だと思うんだよなぁ。富裕層まではいかないけど、貧困層の中でも比較的裕福な家庭に生まれたのかな。声優、エロゲーマーという姉弟に育ったのはどんな過去があってなのか…

    • 匿名 より:

      漫画版の設定によると、貧困層は小学校ですら通わせるのは困難な中
      声優を育成する施設に通わせる余裕があったってことですからね
      相当に裕福な家系だったとしてもおかしくない気がします

      • 匿名 より:

        作中の現実世界は考察すると色々苦しいところが見受けられるのであまり突き詰めない方がいいんじゃないでしょうか。
        ユグドラシルやプレイヤーの情報に付随するフレーバー的なものとして捉えた方がいいような。

        • 匿名 より:

          >ユグドラシルやプレイヤーの情報に付随するフレーバー的なもの

          そうですね
          web版ではアインズが高卒ですし、大卒も珍しくなさそうです。
          >高校を卒業すると同時に働きだしたため、学生生活は若干短い(日々-4)

          環境汚染も書籍版で追加されたものだったような気がしますし
          web版の時点では単なるブラック企業の社員という程度で
          書籍版のような現実世界の設定は特になかったんでしょう。
          書籍版で変更になった部分も多いとは言え
          設定の根幹に関わるような重要情報ではないのだと思います。

          • 匿名 より:

            現実世界のディストピアぶりはメタ視点で言えば
            アインズ様が現実世界に帰還する意欲が乏しい理由付けな面が強いでしょうしね

  15. 匿名 より:

    画像追加感謝です!確かにデコってますねえwピンクの肉棒にこの盾って……まあ粒ぞろいの至高の四十一人の中では比較的まともな人だと思ってますけど

    • 匿名 より:

      両手盾だと盾が歩きまわる感じで本人のアバターはよく見えなかった可能性も

  16. 匿名 より:

    ピンクなのは女性の好み的な理由で片付くかもしれんが
    形がちょっと・・・

    • 神前で菓子を深く咬む鼠 より:

      アインズ様の時計音声で思わず朝比奈みくるを思い出して懐かしくも新鮮な感じがして、あの萌え声欲しいなと思ってしまった。

      まどか☆マギカ作中で後藤さんは、クレマンティーヌを演じた悠木碧さんと親子関係を演じ、そしてキュウベエ役の加藤英美里さんは
      当作中でぶくぶく茶釜さんが作ったアウラを担当しているという関係性。

  17. 匿名 より:

    ペペロンチーノが
    「ぶくぶぶく」と呼ぶのを、になってますよ!

コメントを残す