アイテム一覧


世界級アイテム(ワールドアイテム)
    ユグドラシルに存在する全アイテムの中でも頂点に位置するアイテム群。総数二百種類、それぞれが一点物であり、一つの所有が飛躍的な名声の向上に繋がるという。世界の名の通り世界観の一翼を担っていることと運営のこだわりもあって、一つ一つがゲームバランスを崩壊させかねないほどの破格の効果を持つ。
    この効果に対抗するのは困難であり、同格のワールドアイテムを所持するか、最高峰の職業ワールドチャンピオンのスキルを使用することでしか防ぐことは出来ない。設定上では世界の基となった世界樹から落ちた葉がこのアイテムになり、落ちなかった葉がユグドラシルの世界を成しているとされている。
 ちなみにアインズ・ウール・ゴウンはワールドアイテムを全ギルド中最多の11種類所有していた。

ホーリーグレイル 作者の設定曰く「回復?系」
グライアイ 作者の設定曰く「ワールド・サーチャーズ所有」
ユグドラシル・リーフ 作者の設定曰く「防御系」
ギャラルホルン 超位魔法《コール・アヴァター/神の化身召喚》の上位?バージョン
ファウンダー 作者の設定曰く「運営狂ってる」
ダヴはオリーブの葉を運ぶ 作者の設定曰く「なにこれ」
強欲と無欲 (書籍一巻P315)マーレ所持。右手は天使を、左手は悪魔を彷彿とさせるガントレット。経験値をカンスト状態から更に収集することができる。web版では”大虐殺”で殺した人間からアインズが経験値を吸い取ることに利用されたが、その姿はどう見ても「魂を吸い取る魔王」にしか見えず、恐怖を振りまく結果となってしまった。
アインズ3 真なる無(ギンヌンガガプ) (書籍一巻P37)アルベド所持。タブラがいつの間にかアルベドに勝手に渡していたギルド:アインズ・ウール・ゴウン所有の世界級アイテム。広範囲の破壊が可能な様子。
カロリックストーン(熱素石) (書籍六巻P35)無限エネルギー。隠し七鉱山の金属を大量消費することで手に入れる事が出来る。鉱山を独占するような非常識なプレイが必要になるが、複数回手に入れることができる貴重なワールドアイテムでもある。ゴーレム作りや武器作りなど何に利用するかでアインズ・ウール・ゴウンのメンバーは喧嘩していた。モモンガ曰く「運営お願いも出来るタイプのアイテム」
アインズ3 ○○○○・オブ・モモンガ (書籍一巻P38)通称モモンガ玉。アインズ所持。体内に入っている脈動する真紅の玉。ギルドメンバーからもアインズが個人的に所有 することを認められており、全力稼動で5lv経験値を消費する。かつての1500人からなる討伐隊の大半を倒したアイテムでもある。なお、web版(侵入者-6)においてこの玉が攻撃された際は攻撃してきた武器のみが破壊されたが、これは盗賊対策ギミックに引っ掛かったためである(Arcadia感想返しNo.2256)。
59のコピー 諸王の玉座

アインズ・ウール・ゴウンの玉座。
ナザリック地下墳墓を初見攻略したことにより入手。

入手条件は最初に八十レベル以上、かつ適正レベルダンジョンを初見攻略する事。

ヒュギエイアの杯 (書籍三巻P289)デミウルゴスorコキュートス所持
幾億の刃 (書籍三巻P289)デミウルゴスorコキュートス所持
山河社稷図 山河社稷図 (書籍三巻289、書籍版第4巻(特装版)付属のドラマCD)アウラ所持。空間を隔離し、相手を丸ごとその空間に飲み込めるらしい。
??? (書籍版第4巻(特装版)付属のドラマCD)桜花聖域の領域守護者が所持。後にシャルティアが持つことになる。
支えし神(アトラス) (書籍三巻P290)かつてギルド:アインズ・ウール・ゴウンが所有していたワールドアイテム。奪われたため現在未所持
sc72cba7f 傾城傾国(ケイ・セケ・コゥク) (書籍三巻P148)耐性を持つ相手すら洗脳するチャイナ服。白銀の生地に五本爪の龍が飛んでいく姿を金糸で刺繍してある。ワールドアイテムを所持してなければレジスト出来ない恐ろしいアイテム。法国のカイレが所有している。
(6巻368頁) 世界を覆い尽くすほどの悪魔を無限に召喚するワールドアイテム。この存在を知ったウルベルトは真似しようと悪魔を大量に召喚する第十位階魔法《アーマゲドン・イビル/最終戦争・悪》を六重で発動できるアイテムを作ったが、効果がそれほどでもないと知り興味を失ってしまった。
無銘なる呪文書(ネームレス・スペルブック) (5巻111頁) 八欲王が所有していた全ての魔法が記された書物。新たに生み出される魔法も自動で書き加えられていく機能付き。強固な魔法の守りがあり、正当な所有者以外は触れることすらできない。「世界一つに匹敵する価値がある」と言われており、ワールドアイテムの設定と合致するので恐らくはワールドアイテム。ただし、明言されたことは無い。


・二十

 ワールドアイテムの中でも使い切りタイプで特に凶悪な効果を持つ二十種類のこと。プレイヤー側から正気を疑われるような設定ばかりだが、ユグドラシルではよくあることである。
 ちなみに使用後に再度入手する場合は、また入手イベントをこなさなくてはならない。

聖者殺しの槍(ロンギヌス) 使用者とターゲットのデータを共に抹消するというとんでもなさすぎるアイテム。一部のワールドアイテムでのみ復活可能。アインズが特に存在を危惧している。ワールドチャンピオンがタイミング良く防御スキル(次元断層)を発動するか、ワールドエネミーと呼ばれる一部のボスキャラ、あるいはワールドアイテム所持者でないと防ぐことはできない。
ユグドラシル時代、このアイテムでイベントの進行に必要なキャラが消滅させられてしまい、運営は何の対策もせず、そのイベントは進行不能になったというユグドラシルの「何でもあり」を体現した一品。
光輪の善神(アフラマズダー) カルマ値がマイナスの対象に強大な効果を発揮する。世界一つを覆い尽くすほどの効果範囲を誇り、カルマ値がマイナスばかりのナザリックには致命的なダメージを与え得る。
五行相克 ユグドラシルの制作会社に魔法システムの一部変更を要求できる。設定上、ワールドアイテムの所有者はこの影響を受けないはずだが、システム上その再現が不可能だったので、使用時にはワールドアイテム所有者にお詫びのアイテムが配られた。
永劫の蛇の腕輪(ウロボロス) 超位魔法《ウィッシュ・アポン・ア・スター/星に願いを》の強化版。より広い範囲で運営への仕様変更をお願いできる。初めて使用された際はとあるワールドの鉱山を占拠していたDQNギルド(アインズ・ウール・ゴウン)対策の最後の手段として使われ、「1ヶ月間、使用したギルドのメンバー以外はそのワールドに立ち入り禁止」というとんでもない効果を発揮した。ちなみに効果中もワールドアイテムを持っているプレイヤーだけはこっそり侵入ができた。
世界意志(ワールドセイヴァー) 普段は棍棒程度の強さしかないが無限に強くなるために全ギルドメンバーが揃っていた頃のナザリックですら単騎で陥落可能な最強の世界級アイテム。
世界を切り裂くといわれている。アインズ・ウール・ゴウン所有。「二十」の一つ(web外伝 パンドラズアクター)
アインズ・ウール・ゴウン所有。「二十」の一つ。詳細不明

 
通常アイテム

アイテム
あ行
アインズ考案セリフ集 アインズが考えた「支配者らしいかっこいいセリフとポーズ」の詳細な内容がまとめられた手帳。内容は「──騒々しい、静かにせよ」「考慮しよう」などで、これらの完成度は一国の皇帝たるジルクニフも驚くほど堂に入ったものになっている。しかし他人に見られたら恥ずかしいでは済まない一品なので、過剰なまでの防御魔法が掛けられた箱にしまい、レアアイテムの中に紛れ込むようにしまってある。
青いポーション 転移後の世界における一般的な回復アイテム。薬草のみ、薬草と魔法、錬金溶液と魔法の3種類の製法が存在し、後者になる程効果と値段は高くなる。錬金溶液と魔法で作った場合の効果は第二位階の治癒魔法相当、値段は金貨8枚。時間と共に劣化するので《プリザーベイション/保存》の魔法をかけるのが常識。 「ポーションは神の血を示す」という言い伝えのために、神の血は青いという冗談が広まっていた。
薬草(アジーナ) 薬草。効果は不明。トブの大森林に自生している。エンリエ・ランテルへ納品に行った際に持っていた。
アムリタ スレイン法国に存在するとされるポーション。神々の力を宿すと言われている。(検討-1)
無限の背負い袋(インフィニティ・ハヴァザック) 無限と言いつつ容量制限500kgの袋。中身をショートカット登録できる。
エクスチェンジ・ボックス 通称シュレッダー。アイテムを放り込むと相応のユグドラシル金貨が出てくる。ナザリックの宝物殿に存在する。美術的価値などは査定されず、あくまで資源的な価値しか査定されない。商人スキルを使うと査定額を引き上げることができるので、転移後の世界ではパンドラズ・アクター音改(ねあらた)の姿となり、スキルを使って使用している。
薬草(エンカイシ) ポーションによく使われる薬草。貧乏な冒険者はこれをすり潰した物をポーション代わりに傷に塗りつけたりもする。鼻をつく強い臭いがあり、非常に短い期間にしか採れないが、ポーションの需要が高いので良い値で取引されている。薬効は根に近い部分に溜まり、天然物は栽培物より治癒効果が10%ほど高い。
百科事典(エンサイクロペディア) ユグドラシル”のゲーム開始時にプレイヤーに配布されるアイテム。簡単に言うとポケモン図鑑のようなもので、出会ったモンスターの画像と元ネタにあたる神話が自動で登録されていく。しかしスキルやステータスは自分で書き込んでいく必要があり、「未知を既知とする」という”ユグドラシル”の楽しみ方の本質を体現したアイテムになっている。 本人が破棄を選択しない限り決して消滅しない一点物で、作中ではペロロンチーノの「エンサイクロペディア・バイ・ペロロンチーノ様」がシャルティアに手渡された。しかし書き込まれた情報の多くは本人の手で消されてしまっており、辞典としての価値は低い模様。いったいナニを書き込んでいたんですか…ペロロンチーノさん…。
 
ちなみに転移後の世界では「モンスターを無数に記録した秘伝書」(7巻146頁)の存在が語られている。
か行
1440506205117 完全なる狂騒 ちびキャラアニメ『ぷれぷれぷれあです』において登場したナザリック所蔵のアイテム。使用すればアンデッドのみに精神系魔法が効くようになる…というだけのアイテムだったが、アインズが自分に対して使用してしまった際は、アンデッドとしての精神の安定性が失われ「ちょっとしたことで動揺してしまう体質」になってしまった。耐性のあるアンデッド、しかもワールドアイテム所有者すら無力化してしまう凄まじいアイテムなのだが、大した効果じゃ無いという宴会向けの代物。
また、「このアイテムが8個存在し、アンデッド、インプ、デュラハン、ドッペルゲンガー、ワーウルフ、ショゴス、アラクノイド、オートマトンが周囲にいる場合、勝手に効果が発動し全ての種族を狂騒状態にする」という非常に都合のいい隠された能力がある。尚、効果時間は1時間。
39
木彫りの小さな彫刻
小さな変わった彫刻。500円ガチャのハズレアイテムであり、アインズ陽光聖典との戦いへ向かうガゼフへと手渡した。効果は説明されておらず、結局使われることはなかったが、将来の布石としてガゼフに持たせたままにしている。 アニメではガゼフとその部下を転移させた後で消える描写があり、ガゼフはアイテムの力で転移されたのだと見ていた。
書籍版第4巻(特装版)付属のドラマCDでは「何の効果も無い木彫りの小さな彫刻」というアイテムが登場しており、「このアイテムを使って転移した」という言い訳に利用している。これがガゼフに渡した物と同じ物なのかは不明。
グリーンシークレットハウス 拠点作成系アイテム。簡単に言えばポイポイカプセル。いくつか種類があるようで、書籍版第4巻(特装版)付属のドラマCDにおいてアインズがこれでコテージを作った。魔法で作られた建物なので魔法の装備と同じく入る者のサイズを問わない。ハムスケでも入れる。
黒々草 薬草。カルネ村の周辺で取れるようで、これを使って淹れた「黒々草茶」は苦味がある。アーグの救出後に名前が出たが、誰も飲まなかった。
蛍光棒 ワーカー達がナザリックへ侵入する際に用いたマジックアイテム。曲げると中の特殊な液体が混ざって光る。いわゆるケミカルライト。
スクリーンショット 2015-09-08 16.01.43のコピー ゴブリン将軍の角笛 みずぼらしい角笛。データクリスタルを組み込めない「アーティファクト」と呼ばれるドロップアイテムの一種で、非常に弱いゴブリンを微妙な数呼び 出すというゴミアイテムだが、召喚したゴブリンは時間経過でも消えないという変わった特性を持つ。なぜか転移後の世界では金貨数千枚の価値があるらしい。 これをカルネ村エンリが受け取ったことが、後々本人と周囲の運命を大きく変えることになる。 とある3つの条件(現段階では不明)をクリアして使用すると総数5000に上る精強なゴブリン軍団が召喚されることが後々判明した。
さ行
酒の大壷   蜥蜴人の四宝の一つで<竜牙>が所有している。高さ1m以上、口の直径は80cmを超える大壷で、味はそれほどでもないが酒を無限に生み出す。
c7ecdeae 嫉妬する者たちのマスク 略称、嫉妬マスク。クリスマスイブの19時から22時までの間に2時間以上ユグドラシルにいないと手に入らない。むしろ、いると問答無用で手に入ってしまうという、ある種呪われたアイテムだが、一部のプレイヤーには「俺たちはこれを待ち望んでいた」と好評。異様な外見の割に何の力も込められていない。 アインズは人間に対しアンデッドの素顔を隠すために使用。
 昇天の羽  4巻に登場。ユグドラシルにおいて天使に種族を変える時に必要な条件の一つだった。蜥蜴人が異形種になれるかもということで登場した。
 死者の本 4巻に登場。ユグドラシルにおいてエルダーリッチになるために必要な条件の一つだった。
死の宝珠 死の宝珠 インテリジェンス・アイテムという特殊なアイテムで、自我を持っており、会話も可能。
その能力はアンデッドの支配力強化を始め多岐に渡り、ネクロマンサーが持つアイテムとしては非常に優秀。 「世界に死を振りまく」という目的のためにカジットの”死の螺旋”に協力していたが、アインズの力を見抜き恭順を示した。
以降はweb版ではナーベが、書籍版ではハムスケが所有している。
ちなみに含まれる魔力量(データ量)は40レベル相当と、転移後の世界基準で言えば桁外れに高い。
スクリーンショット 2015-09-06 4.33.40 巻物(スクロール) 魔法を込め、それを自在に発動できる巻物。ただし、発動するためには込められた魔法を発動できる (正確には習得できる魔法の一覧に使用魔法の名前が入っているクラスを修得している)必要がある。紙にユグドラシル金貨を溶かした物で魔法陣を描き、そこ に込めるための魔法を発動して作る「ユグドラシル流」の製作方法では、通常の羊皮紙で第1位階、人間の皮を使った”人皮紙”で第3位階までしか魔法を込め られず、高位の物を作るには竜の皮(ドラゴンハイド)などが必要となる。
ただし、転移後の世界では普通の羊皮紙に第2位階以上の魔法を込めているので、その製作方法が「洗練されている」とティトゥスは見ていた。
 
発動に際しては1回で燃え尽きてしまう完全な使い捨てである。
また、盗賊系のスキルにはスクロールを騙し、本来であれば使えない魔法を発動できるものもある。
動物の像(スタチュー・オブ・アニマル) 動物を召喚するマジックアイテム。作中ではナーベラルが戦闘馬(ウォー・ホース)を召喚するものを利用している。また、アルベドも何かしらの騎乗用動物を召喚するものを持っている模様。
た行
ダグザの大釜 ナザリックに存在するアイテム。金貨を対価に食料を生み出すことができる。(web版前編 外伝:『ナザリックの守護者アウラちゃん』)
リザードマンの為に「骨も内臓も無い魚」という食料を生み出すのに利用された。(8巻318頁)
 堕落の種子 4巻に登場。ユグドラシルにおいてインプになるために必要な条件の一つだった。
デキャンター・オブ・リフリジレイト 中の液体を冷やすことができるマジックアイテム。外見は一般的なガラス容器。ナーベは大型のものは見たことがあるが小型のものは見たことがないと驚いていた。値段は金貨150枚ほど。
特殊な薬草 あらゆる病を治すと言われる薬草。ザイトルクワエの頭に生えている。
な行
ナザリック(カクテル) リキュール10種を使った副料理長お手製のカクテル。外見は非常に綺麗だが味は非常に残念で、美味しく飲めるように副料理長は試行錯誤している。
薬草(ニュクリ) 薬草。効果は不明。トブの大森林に自生している。エンリエ・ランテルへ納品に行った際に持っていた。
は行
スクリーンショット 2015-09-06 10.47.40 無限の水差し(ピッチャー・オブ・エンドレス・ウォーター) 水がとめどなく出てくるガラスのように透き通った水差し。グラスもセットの様子。アウラマーレに飲み水として差し出した他に、クレマンティーヌの中身を洗い流すのにも使った。 ちなみに「無限」という名前が付いているが、実はエンドレスウォーター系のマジックアイテムは最大量が決まっている。(感想返し [3122])
ヒュエリ 柑橘系の果実。カルネ村の周辺で取れるようで、これを切って入れた果実水はさっぱりとした口当たりで、爽やかな甘みと酸味が口の中に広がる。
ブラッド・オブ・ヨルムンガンド 猛毒の効果をもたらすものとしては最高峰のアイテム。猛毒によって周辺の空気を汚染し、毒に耐性の無い者がそのエリアに踏み込めば3歩と持たずに死亡する。
ナザリックの宝物殿に設置されている。
スクリーンショット 2015-10-01 12.48.32 プレート 冒険者の身分証明書であり、その冒険者チームのランクを表す。銅、鉄、銀、金、ミスリル、オリハルコン、アダマンタイトの7種類が存在し、後者を身につけている程上位の存在であり、強いと判断される。
基本的には冒険者になりたての人間には銅のプレートが支給され、昇格試験を通して一段ずつ上のプレートへと上っていくが、漆黒はその偉業の大きさから銅→ミスリル→アダマンタイトと無茶苦茶な飛び級で最上位まで上り詰めた。
紛失すると再発行には使用されている金属に応じた罰金が必要になるというルールも存在する。 クレマンティーヌはこれを集めるのを趣味にしている。
薬草(ベベヤモクゴケ) 治癒系ポーションに入れると少しだけ効果が強くなる苔。トブの大森林に自生している。そこまで高価ではない。
ま行
58のコピー 魔封じの水晶 魔法を込め、それを自在に発動できる水晶。いくつか種類がある模様。転移後の世界では法国が六大神の遺産として幾つかを所有している。
ニグンさんは「威光の主天使(ドミニオン・オーソリティ)」を召喚する魔法が込められたこれを持っていた。また、アインズシャルティアと戦う際、冒険者組合へ偽物の切り札として第8位階魔法を込めたこれを見せている。 書籍で初登場した際は名前が「魔法封じの水晶」となっていたが、アニメでは同じシーンで「魔封じの水晶」と呼んでおり、後に再登場した際は書籍でも「魔封じの水晶」となっていたので、「魔法封じの水晶」は誤字なのだと思われる。
スクリーンショット 2015-10-01 12.47.00 下級治癒薬(マイナー・ヒーリング・ポーション) ユグドラシルでは飲むことでHPを50ポイント回復する序盤の回復アイテムだった。転移後の世界では飲むだけでなく傷口に塗ることでも効果を発揮する薬になっている。アインズはアンデッドなのでこれで回復はできないが、仲間のために持っていた名残で今も所有している。 転移後の世界では劣化する青いポーションが一般的となっているので、劣化しない赤いポーションは非常に希少な存在となっていた。
スクリーンショット 2015-09-08 15.56.48 遠隔視の鏡(ミラー・オブ・リモート・ビューイング) 指定したポイントを距離に関係なく映し出す直径1メートルほどの鏡。一見非常に便利だが、低位の対情報系魔法で簡単に隠蔽され、攻勢防壁の反撃を非常に受けやすいため微妙系アイテムとして考えられている。
通常は室内などまでは見られないが、《フローティング・アイ》と併用することで室内の観察も可能(魔法による障壁がある場合は不可)。
無限の水袋 ワーカー達がナザリックへ侵入する際に持ってきたマジックアイテム。
紫のポーション リィジーンフィーレアアインズから材料と機材の提供を受けて作ったポーション。薬効はちゃんとある模様。
や行
スクリーンショット 2015-09-08 16.08.28のコピー
ユグドラシル金貨
ユグドラシルで使用されていた金貨。女性の顔が彫られた新硬貨と男性の顔が彫られた旧硬貨が存在し、どちらも金銭的な価値は一緒だがアインズは思い入れが深い旧硬貨を大切にしている。ユグドラシルでは買い物のみならずスクロールの作成やNPCの復活にもこの金貨を用いたが、それは転移後の世界でも変わっていない。
ら行
わ行
スクリーンショット 2015-09-08 16.09.48 短杖(ワンド) スクロールのように魔法が発動できるアイテムだが、 複数回利用できる回数制限があり、その回数だけ使ったら壊れるようになっている。(感想返しNo.1623) 作中では死者を蘇生させる「蘇生の短杖(ワンド・オブ・リザレクション)」(1巻281頁)と、モブマジックキャスターが持つ補助武器のワンド(6巻 347頁)が確認されている。
スクロールや魔封じの水晶とは異なり個々のワンドにデザインに違いがあるようで、ワンド・オブ・リザレクションは神聖さを感じるデザインとなっている。
ングナクの草 ンフィーレア漆黒の剣アインズに採取を依頼した薬草。薬草を使う治癒のポーションで使用頻度が高い。
名称不明
s1443535512719 課金アイテム。見た目は装備品の名前が書かれたアイスの棒。折ることで使用し、離れた場所に保管されている装備品を一瞬で装備することができる。
アインズシャルティア戦において大量に使用し、圧倒的な課金力を見せつけた。
ちなみにアニメではシャルティアも「課金アイテム」と発言しているが、詳しい意味は知らず「至高の四十一人が持つ特殊なアイテム」程度の認識とのこと。(設定資料集) ちなみに設定資料集では「木の棒」と非常にシンプルな名前を割り振られていた。
スクリーンショット 2015-10-01 12.40.17 課金アイテム。見た目はガラス製の砂時計。壊すことで使用し、本来であれば長時間の詠唱時間が必要な超位魔法を一瞬で発動させることができる。
アインズシャルティア戦において使用した他、特に意味も無く大虐殺でも利用しており、そこまで貴重な品では無い様子。入手に要した金額は鈴木悟の昼食2回分である。(web版 大虐殺-3) 設定資料集ではなぜか名前が「小さな腕時計」になっていた。おそらく「小さな砂時計」の誤字だと思われる。

 


                 

238 Responses to アイテム一覧