クライム


クライム
Climb
詳細
名前 クライム
通称 忠犬
童貞
性別
種族 人間
所属 リ・エスティーゼ王国
役職 リ・エスティーゼ王国 ラナー・ティエール・シャルドルン・ライル・ヴァイセルフ付き騎士
Media
声優
登場作品 web版
書籍版
「なぜ、あなたは強くなりたいのですか?」

「男ですから」

────セバスに問われて


概要

 クライム
ラナー・ティエール・シャルドルン・ライル・ヴァイセルフに直接仕える王女付きの兵士である。
 ラナーに与えられた純白の全身鎧を身に纏い、ラナーの護衛として恥じない存在となるよう日々鍛錬を続けている。

 幼少期に街角で死に掛けていたところを
ラナーによって拾われ、それ以来彼女のためなら死すら躊躇わない忠誠心を持って仕えている。
 
ラナーには感謝と忠義、そして同時に恋心も抱いてはいるが、その恋が決して認められないものであることも理解しており、その気持ちを隠している…が、ラナーには全て気付かれた上で気付かないふりをされている。

 王都である日人助けをしていた
セバスと出会い、その圧倒的な強さに惚れ込み訓練をお願いし、僅かではあるが教えを受けた。さらに正義感からセバスの娼館殴り込みにたまたま一緒になったブレインと共に同行し、六腕の一人でアダマンタイト級の実力を誇る(と言われる)サキュロントと交戦している。

 web版では
セバスと二人きりで娼館を攻撃しており、「ゲヘナ」も無いのでクライムの活躍の場も書籍版とは大きく変わっている。

人格
 忠犬と呼ぶにふさわしい生真面目な性格をしており、青の薔薇のガガーランなどにはそれを散々弄られている。しかしその真面目さからひたすらラナーに尽くす姿はガゼフイビルアイに危うさを指摘されており、それでも自分の考えを曲げられずにいる。

 また、ラナーの最も近くにいる人間でありながら、ラナーのどす黒い真意には全く気づいておらず、ザナックにそれを警告された際にも無視していた。

強さ 
 特別な才能は何も持たないものの、ひたすら積み重ねた努力によって一般の兵士を上回る強さを身につけている。しかし才能も実力もあるガゼフブレインには遠く及ばず、作者によれば虎より強く、リザードマンの戦士であるザリュースよりは弱いということ。その強さを冒険者クラスで現すなら「金」相当である。
 また、
ガゼフからツァーが”始祖の魔法”で作った指輪を受け取っている。

装備

  • 純白の鎧…ラナーから賜ったミスリル製の全身鎧。使用されているミスリルと制作費はラキュースが出している。兜には暗視と不可視看破の魔法がかけられている。
  • 隠し扉探知の鐘(ベル・オブ・ディテクトシークレットドアーズ)…ガガーランからもらったマジックアイテム。隠された扉を見つけるハンドベル。
  • 罠解除の鐘(ベル・オブ・リムーブトラップ)…ガガーランからもらったマジックアイテム。罠を解除するハンドベル。
  • 鍵解除の鐘(ベル・オブ・オープンロック)…ガガーランからもらったマジックアイテム。鍵を開けるハンドベル。
  • “始祖の魔法”の指輪…一時的に能力を上昇させる。クライムであればミスリル級冒険者程度の力になる。

使用武技

  • <要塞>
  • <斬撃>
  • <能力向上>
  • <知覚強化>
  • <回避>
  • <脳力解放>

人間関係
ラナー・ティエール・シャルドルン・ライル・ヴァイセルフ
絶対の忠誠を誓う相手であり、同時に恋心も抱いているが、不相応な願いだと気持ちを殺している。

セバス・チャン
圧倒的な力と正義感に惚れ込み、強く信頼している。

ブレイン
才能に溢れた優秀な剣士として、尊敬と信頼の気持ちを持っている。

ガゼフ・ストロノーフ
王国最強の戦士として、尊敬と信頼の気持ちを持っている。
ガゼフは自らの死に際して王国の未来をクライムに託した。

ガガーラン
挨拶代わりに貞操を狙われている。

ロックマイヤー
娼館強襲、六腕の拠点、ゲヘナ作戦、カッツェ平原の会戦で共に戦った戦友。

小ネタ

  • 童貞である。
  • 周囲の人物からはラナーの忠犬として見られており、ラナー本人からは色々な意味を込めて犬のように見られており、とにかく犬らしさに事欠かない。
  • 実はデミウルゴスと繋がっているラナーによってナザリックの面々に戦闘禁止令が出ており、クライム(+一緒にいる人間も)は身の安全を約束されている。
  • モモンアインズ両方に出会っている希少な人間。

 

画像
latest-8 315-3 0150 latest-6 gdsagd hgtrew


                 

63 Responses to クライム

  1. 匿名 より:

    やたらと周囲に恵まれた凡人。

    • nigun-love より:

      >やたらと周囲に恵まれた凡人。
      偶然ラナーに拾われ、偶然ガゼフの稽古を受け、偶然セバスと知り合い、偶然ブレインに気に入られ、偶然元オリハルコン級冒険者と仲良くなった、
      単なる凡人です。

    • 匿名 より:

      偶然ラナーがデミウルゴスと繋がってたおかげで身の安全が保障されてたりな。

      ところで大虐殺のときの四人の殺しちゃいけないのって誰だろ。
      デミウルゴスの依頼が3人で、アインズが1人の計4人だと思うんだけど、アインズ枠はガゼフだけど、デミ枠はクライムとレェブン候ともう一人誰だろ?王?

      • わか より:

        別の場所のコメントでありましたが、レエブン侯に関しては作者の雑感にて運が良かっただけと明言されてますので違うんじゃないかと。

        • 匿名 より:

          そういえばもう少しで踏み潰されるタイミングで一騎打ちが始まったんだっけ。
          じゃあ誰だ?他にそんな重要人物居たっけ?

        • わか より:

          ラナーのコメント欄に以前のものが残ってますのでそこを見ていただければと。まぁまだ分かってないので考察が面白い箇所ですねー。

    • 匿名 より:

      凡人と言うのならアインズ様も一応そうじゃないの

  2. 名無し より:

    ラナーとザナックのリンクが切れてます!

  3. nigun-love より:

    リンク修正しました!
    …名前が長すぎて途中で切れてたのが原因でした

    しかし考えてみると「偶然素晴らしい人と出会う」って展開がオーバーロードって多いですね
    逆もまた然り、ですが

  4. 匿名 より:

    ミスリス製の全身鎧 と誤字がありました。
    それと、人間関係の欄のブレインがリンクされてないみたいです

    • nigun-love より:

      もっと面白くミスミスとか誤字しておけばよかった…!
      修正しておきましたー

  5. 名無し より:

    ↑で記載しておいてなんですが、今後の役割が気になりますね。
    やはり、ラナー様の足枷ぐらいな位置ですかね?
    そして、本人が気付かない程度の活躍をするとか?

  6. 086 より:

    Webでは15歳のようです。(Arcadia感想返しNo.2583)
    15歳で限界に到達しちゃうってどんな鍛錬してたんでしょうね……。

    • 匿名 より:

      アルシェもにたようなもんやでほぼ限界みたい
      青薔薇リーダーもそうだけど
      わりと成長限界の人多い

      ブレインさんて有望だな
      人として最上位なのに(一部例外除いて)
      まだ伸びしろあるみたいだし

      純粋な意味でプレイヤーとかの血を引かない
      人類最強は彼なのかもしれないなぁ

      • 匿名 より:

        対抗馬がフールーダとニニャあたりか
        一人は全く頭角を表す前に残念なことになったが

      • 匿名 より:

        ラキュースが成長限界といっている人をたまに見ますけど、
        それどこかに書いてあるんですか?

        6巻のキャラクター紹介では、
        >「英雄」の領域までに足を踏み込んだ神官戦士で、
        >まだまだ成長の余地を残しており、
        >伝説にうたわれる可能性が非常に高い。
        となっていて、明らかに成長限界まで余裕があるように読めますけど。

        • 名無し より:

          うろ覚えですが、確か作者が実はそんなに延び無い。
          と明言してたようです。
          間違ってたらすいません。

          • 匿名 より:

            この大百科のラキュースの項目にも
            >作者によれば成長の余地はもうそんなに残っていないとのこと。
            とありましたが、こちらを見て知ったのではなくて感想返しや割烹などを直接見たのですか?

            本文中のキャラの発言等なら、そのキャラの勘違いといった可能性もありますが、キャラ紹介で明言されている情報と矛盾するのは気になりますね。

            どなたか1次ソースが分かる方は居ませんか?「ラキュース」や「成長」、「限界」、「延び」、「延び」などで割烹、twitter、理想郷の感想返しを検索してみましたがそれらしきものはヒットしませんでした……

            内容的に近いのは2014年2月18日のツイート
            >実はイビルアイはレベル的な才能はそんなに凄くないのです。
            (これは、元々の才能=クラスレベルは英雄級程度が限界で、吸血鬼の種族レベルが加算された分だけ強くなっていると言う趣旨だと思います)ですが、どこかでこれと勘違いした可能性はありませんかね?

          • 匿名 より:

            割烹という略語は結構よく見ますよ。ここの用語のページにも載っていたり。

          • nigun-love@管理人 より:

            ラキュースの記事に関する内容なのでこちらで語るのもナンですが
            第6位階が人間の到達点と作者に言われていて、ラキュースは既に第5位界まで来てるから
            もうそんなに伸び代も無いだろう…って書き込みを見て自分が追記したものですねー
             
            しかし確かに「伸び代がない」って明言されてるアルシェとかとごっちゃになりますし、表現変えてみます!
            あ、「割烹」は用語一覧をごらんください

          • 匿名 より:

            おお、なるほどそういう意味でしたか。返信ありがとうございます。
            確かに逸脱者までは届かないかも知れませんね。でも7lvごとに位階が上がるという説に従うなら、5位階でも29lvから35lvまで7lvも幅があるわけですから、30lvそこそこの人間にとっては結構大きな差かも?6巻でラキュースは難度90に満たないと言われていたことから30lv未満という推測も見たことがありますし、まだ5位階の中では低lvな方で、35lv近くまでレベルアップの余地があるということなのかなと思います。
            アルシェの成長限界などと表現を変える由、賛成です。よろしくお願いします。

  7. 名無し より:

    いっそのこと、セバスがまた稽古着けてくれませんかね。
    ナザリックに付かない限り実現不可能ですが…

    • 匿名 より:

      何気にラナーはデミウルゴスに、クライムはセバスに接点作ってるけどこれってある意味において代理戦争だよな。
      デミウルゴスの悪魔の知恵が勝つのかセバスの施しが勝つのか。
      クライムがラナーの凶愛を受け止めきれる男になれるかはセバスにかかってる気がする。

    • 匿名 より:

      そうなればもっと強くなれるでしょうけども……
      限りなく善人の彼にナザリックにつけというのは不可能だと思います
      ナザリックにつくということは六腕≒ナザリックが王国を裏から侵してゆくことを許容するということですから
      限りなくナザリック的なラナーに対して彼は真っ直ぐすぎますので……

  8. 名無し より:

    クライムの勝利条件はラナー殿下の改心ですかね?
    ある意味、アインズ様より厄介なことになりそうな。

    • 匿名 より:

      ラナーにナザリックや自分はこういうことをしなければいけなかったんだ!って言う大義名分を「有ったこと」にされそう

    • ハムスケ=忠臣 より:

      改心出来ますかね……知能と中身が逸脱者の改心、クライムも依存してる部分を感じるのが不安ですね

  9. 匿名 より:

    実力はともかく人格はいろんな方面の超人から認められているクライム。多分アインズ様も気に入るタイプ
    仕える主(最終的なハッピーエンド)がアレじゃなければこの子を主人公にした英雄譚書けそうなんだけどなー
    どうがんばっても目指す先がラナー王女ってちょっときつい……

    • 匿名 より:

      ラナー様は本心はアレだけど、少なくともクライムの目の届く範囲に関しては太陽のような黄金王女様を演じ続けるだろうからそれほど悪いことにはならない気がするけどなぁ。
      貴族派閥がほぼ壊滅したおかげで「民の暮らしが良くなるための提案」も通りやすくなっただろうし。
      王国はそう長くない期間で復活できると思う。

  10. 匿名 より:

    王様はブレインが望んだ褒美を与えてくれるのかな。
    クライムに貴族位を与えることは現状ではそう難しくないと思うが。
    大虐殺によって空位になった貴族家も多いだろう。
    ひょっとしたらレエブン候が「もうやだ!」とか言って隠居してレエブン家の家督を(息子が成人するまでとかの条件付で)クライムに譲るというのもありえるかも。
    なによりも王様はラナーが(本心は知らないが)クライムLOVEなのは知ってるから娘の幸せを願う父親としても悪い話でない。
    あの絶望的状況下において王を救ったと言う手柄もあるし、
    邪魔する貴族派閥は虫の息。
    第一王位継承権に上がったザナックも反対するはずも無し。
    御通夜状態の王国に明るいニュースを提供できるメリットも。
    さらに平民以下の出身でも武功を上げればラナーと結婚できると言う、ある意味ガゼフ以上のサクセスストーリーにもなるし。
    直轄領ができればラナー全開で黄金王女の力を発揮できるし。
    あれ?なんかいい事尽くめじゃね?

    • 匿名 より:

      個人的には頭脳を貸す代わりに王国を属国みたいにしてもらって身分制を廃止してもらう方が結婚早いような気がする

  11. ハムスケ=忠臣 より:

    ワンちゃんに首輪つけて飼えたら満足なヤンデレプリンセスですから、貴族とかウザくなればあっさり捨てそうですけど国ごと

    • 匿名 より:

      クライムを馬鹿にする者はみんな殺すと言ってますからねえ
      貴族はほとんど切り捨てられそうな気がします

  12. 匿名 より:

    正直コイツを見る度スパロボZのレーベンを思い出す、あっちは狂人ではあるが
    最終的に偶然(もしくはデミえもんあたりが仕組んで)王女の正体を知って絶望発狂死亡のコンボしか思いつかん

    • 匿名 より:

      本性が何だろうとゴミみたいに死にかかってたのを助けてもらったわけだし
      なんだかんだで忠義を尽くしそう
      「狂人でもついていきます」ルートか「真人間に矯正して見せます」ルートなのかは分からんけど

      • 人食い椎茸 より:

        言い訳不可能な状況でラナー王女の正体を直視するか、ラナー王女自らが自分の怪物性について告白したとしても、怯まずに忠誠を尽くす方に一票。
        ラナー王女への忠誠の最初の理由が

        「極限状態の自分を助けてくれた、神にも等しい尊い御方」

        だからであり、尊敬できる人物だからと言うのは後付の理由と思っています。ラナー王女の方でも

        「一人の人間として見てくれるクライム君の、夢を壊さない為に」

        慈しみ深いが無力な王女の仮面をかぶっているのですから。

  13. 匿名 より:

    守護者にとってのアインズ
    ゴブリンにとってのエンリ
    クライムにとってのラナー
    同じようなものなんじゃない?

    • 名無し より:

      同意します。
      並べると以外に多いですな…
      理由は違えど、忠誠度は同じでしょうね。
      そして、何故か
      クライム、セバスペアvsラナー殿下、デミウルゴスペアが浮かびました。
      …デミウルゴス達が勝ちそうですが(^^;

  14. 匿名 より:

    cv吉野裕行

    • 匿名 より:

      ↑ミスです。自分はcv吉野で脳内再生していました。ドラマCDに蒼の薔薇と一緒に出て欲しいです。

  15. 匿名 より:

    ラナーからの特別優遇のせいもあり彼女以外に親しい人物はいない
    これ絶対ラナー様が裏で手を回してクライム君が孤立して自分に縋るように仕組んでるよね…

    • 名無し より:

      どうでしょうかね?
      ありえそうですが、馬鹿にした連中は皆殺し宣言してますし、意外と素でなったのかと・・・
      まぁ、ラナー殿下にしてみれば、見過ごせないならば消しにかかるでしょうしね~

  16. 匿名 より:

    いずれにせよ、物語的にも境遇的にもこのさき劇中で大きな役割を果たすことになりそう

  17. 匿名 より:

    ベルの音は持ち主にしか聞こえないはずなのにどうやって決闘の合図に使用したんだか

  18. 匿名 より:

    小説読み返してる時にクライムがセバスに稽古をつけてもらうシーンでテンション上がっちゃって、拳をゆっくり突き出してそれを反転させて自分で自分の拳を避けながら「ゴウッ」っとか言っちゃってる人なんてまさかいるわけないよね?

  19. 匿名 より:

    ラナーがクライムを今後どうするか気になるな、ナザリックってバックを持ったラナーが暗躍するだろうし

  20. 匿名 より:

    アニメ二期に出てくると思うんだけど、声は誰になるのか楽しみ。
    設定からして佐々木望さんとか安元洋貴さん?
    若い人だと武内駿輔さんとか良いかも。

コメントを残す