クレマンティーヌ


クレマンティーヌ
Clementine
詳細
名前 クレマンティーヌ
通称 クインティアの片割れ
性別
種族 人間
所属 漆黒聖典ズーラーノーン
職業 第9席次→十二高弟
住所 住所不定
Media
声優 悠木碧
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版

このクレマンティーヌ様が負けるはずがねぇんだよ!」

概要

 クレマンティーヌは、秘密結社ズーラーノーンの幹部《十二高弟》の一人であり、元漆黒聖典第9席次、人間種最強の戦士でもある。

 短いブロンドの髪を持つ20代の女性。愛らしくも獰猛な姿は猫科の肉食獣を思わせる。
 その際どい服装は今までに殺した冒険者たちからハンティングトロフィーとして奪ってきたプレートで埋め尽くされており、オリハルコンでコーティングされたミスリル製スティレットと、メイスを用いて戦う。

 物語の開始時点で
漆黒聖典を抜け出して逃走中であり、さらに抜け出す際に風花聖典の闇の巫女姫から「叡者の額冠」を強奪、彼女を発狂させて使い物にならなくしているという、スレイン法国最大の裏切り者である。

 その行方は
風花聖典が血眼になって探しており、エ・ランテルにも既にスパイが入り込んでいる状況だったが、カジットの”死の螺旋”を目くらましに利用せんと協力を持ちかける。
 そしてンフィーレアの誘拐、《アンデス・アーミー/死者の軍勢》の発動と全ては順調に進み、あとはカジット
スケリトル・ドラゴンを借りて逃走…という段階でモモンナーベの襲撃を受け、モモンに手を抜いて相手された挙句、鯖折りにされて死亡した。

 web版では
アインズの異常な強さを自身が戦う前に目にしたことで完全に戦意を喪失。そのまま逃亡して姿を消し聖王国へと逃げた。また法国から盗んできた物が
闇の巫女姫ではなく火の巫女姫の「叡者の額冠(web版での名称は叡者の冠)」になっている。

人格
 人を傷つき苦しめ殺すことに喜びを覚える性格破綻者。なぜそうなったのかという問いには「家族の愛が兄ばかりに向いていたから、優秀な兄と比べられ続けたから、幼い頃に輪姦されたから、拷問をされたから、任務で人を殺し続けてきたから」と語っているものの、同時に全て嘘だとも言っており、本心を伺い知ることはできない。
 ンフィーレアの誘拐時に漆黒の剣のメンバーを殺害した際には、時間が無いにもかかわらずニニャを激しい拷問の末に殺しており、またそれを愉しんでいた。

 一方でふざけた態度は演技でやっている節もあり、本人の思考をなぞる文では冷静そのもの。web版でもズーラーノーンからの脱退を決めた際は冷徹かつ淡々と行動していた。
 自分の強さにも非常に高いプライドを持っており、モモンにその強さを舐められた際には激昂し、軽い調子も鳴りをひそめた。


強さ
 戦士職として人間種最強であると作者に公言されており、その強さは「王国最強」ガゼフ・ストロノーフにすら勝る。既に不可能な状態にはなっているものの、漆黒聖典時代の装備があれば陽光聖典が泣いて謝るレベルのフルアーマーガゼフすら圧倒できる。
 作中ではLv.100のアインズが作った鎧(強度も当然Lv.100製に相応しい物)を一撃で凹ませるという異常な攻撃力を見せつけ、人外の身体能力を持つアインズの隙をついて鎧のスリットから両目を突くという離れ業もやってのけた。

 ただしその強さはあくまでも「スティレットを用いて戦う戦士職」としてのものであり、装備をメイスに変えれば多少とはいえ攻撃力が落ちる模様。また相性の問題もあり、生者を一撃で殺すことに特化しているのでスケリトル・ドラゴンと持久戦になれば勝つことはできないし、帝国の最強戦法「《フライ/飛行》+《ファイヤーボール/火球》による集団爆撃」には対抗手段を持たない。

 そして彼女自身にはどうしようもない事だが、<刺突武器耐性Ⅴ><上位物理無効化Ⅲ><上位魔法無効化Ⅲ>を持つアインズには特別な装備でも持たない限りダメージを与えることすらできない。

使用魔法

  • 《チャームパーソン/人間種魅了》…《マジックアキュムレート/魔法蓄積》が施された武器から発動。
  • 《ファイヤーボール/火球》…《マジックアキュムレート/魔法蓄積》が施された武器から発動。
  • 《ライトニング/電撃》…《マジックアキュムレート/魔法蓄積》が施された武器から発動。

使用武技

  • <不落要塞>
  • <流水加速>
  • <疾風走破>
  • <超回避>
  • <能力向上>
  • <能力超向上>

装備

  • スティレット…オリハルコンでコーティングされたミスリル製スティレット。《マジックアキュムレート/魔法蓄積》で様々な魔法が込められている。
  • メイス…刺突武器よりは苦手だが装備している。拷問にも利用する。
  • 冒険者のプレートが付けられた

 

人間関係
カジット
カジッちゃん。利用し合うだけの関係。スケリトル・ドラゴンとは相性が悪いが負けることはない模様。ふざけて腕一本を潰そうとしたことも。

クアイエッセ・ハゼイア・クインティア

兄。クレマンティーヌも戦士職としては強いが、兄はビーストテイマーとしてさらに優秀。

ニニャ
せっかくだから拷問した。

ガゼフガガーラン
ブレイン・アングラウス、ルイセンベルグ、ヴェスチャー
クレマンティーヌとまともに戦える相手。

アインズ
書籍版→「私に勝てる訳がねぇだろ!」。戦士だと思って舐めてたらマジックキャスターだった。
web版→「私が勝てる訳がねぇだろ!」。単なるマジックキャスターだと思ったら怪力だった。

小ネタ

  • 女性と言えどガチな装備ばかりの世界において、ビキニアーマーに近い露出度抜群の稀有な存在。もちろん軽装なのは機動性を重視しているからなのだが。
  • 彼女と戦ったおかげでアインズシャルティア戦で近接戦の手を増やせた。クレマン道場は戦闘の経験値稼ぎにぴったりだった訳である。「ほう、経験が生きたな…。」
  • 死体が安置所から消えている模様。後に復活して再登場するかもしれない。
  • 虎を頭からモリモリ食べられるレベルのハムスケを倒せてしまうので、彼女も虎をモリモリ食べられると作者に説明されている。
  • 実はザックと貧民街でぶつかっている。時間が無かったので見逃したが、あれば間違いなく殺していた様子。
  • アニメのキャスティングは音響監督の郷文裕貴より推薦があり、悠木碧に決定した。(コミック3巻巻末)
  • 声優の悠木碧は『魔法少女まどかマギカ』で主人公のまどかを演じている。可愛らしく控えめだった少女がキ◯ガイサディストに大変身という180度の転向だが、アニメでの怪演は好評の模様。ちなみにあちらの作品で相棒(?)のキュゥべえを演じた加藤英美里はアウラを演じている。
  • 悠木碧の他の出演作には「戦姫絶唱シンフォギアGX」の主人公、立花響もある。前向き人助けキャラが前向き人殺しキャラに。どうしてこうなった。
  • 「しかし帝国編が終わったらどうしましょうかね。書籍とは違う聖王国編にして聖女クレマンティーヌさんを出すか。」と作者は述べている。

 

画像
 29a00ea3 17

nakayosi kuremann kurekure2

41645892_p27_master1200 nekoman 41645892_p19_master1200


                 

87 Responses to クレマンティーヌ

  1. 匿名 より:

    クサレマンティーヌちゃんきゃわわ

  2. 匿名 より:

    めちゃシコなんだよなぁ・・・

  3. デミ○もん より:

    クレマンティーヌ道場さんぐう有能

  4. nigun-love@管理人 より:

    ホントいいキャラしてるので再登場しないと勿体ないですよねー
    5レベルダウンにめげず頑張って欲しいです

    • 匿名 より:

      画像にケモ耳・尻尾とかが多いので、覚醒ナーベみたいな装備を引っ提げて再登場したら面白そう
      パワーアップしてもナーベにすら勝てないだろうけど、多少はマシだろう

  5. 匿名 より:

    十中八九風化聖典に死体を回収されてるだろうし再登場は有り得そう
    復活したとしてアインズに再び戦いを挑もうとは思わないだろうけど

  6. 匿名 より:

    いや・・・このサイコパスが何言っても説得力ないんじゃね?
    むしろ恐怖が心の中に染み付いて、絶対にモモンことアインズには逆らわんと思う
    盟主がズーラーノーンのボスだけど、それでもアインズには手出ししないように
    進言して、こいつはWeb版にあったようにアインズに関わりたくないから遠方に逃走
    に一票

  7. 匿名 より:

    正体がバレたところで、あの大英雄の正体は魔導王だった。
    アンデットなのにズーラーノーンを倒してくれたんだから人間の味方なのかも、というふうに理解されるかも。
    というか、ズーラーノーンに知られたところで怖くないというか、むしろ脚を舐めて弟子にしてくださいと懇願する展開かもしれん。

  8. 名無し より:

    Web版の邪神の信者と同じ反応をするかと、彼女はその隙に逃走するでしょう。
    (…逃げ切れるか不明ですが)

  9. 匿名 より:

    クレマンさんは20代半ば過ぎ!でも結構若作り!!とのことです(オーバーロード2巻に関する作者雑感より)

  10. 宝物殿中でござる より:

    弱い者をいたぶって殺してばかりいたら
    騎士の振りをした骨マジックキャスターに胴体真っ二つに折られて殺されたのだから
    生き返ったら心入れ替えて真面目になる気がする

  11. 名無し より:

    あり得そうですね。ブレインみたく立ち直った前例がありますし。

  12. 宝物殿中でござる より:

    マドカの隠し画像を期待して画像クリックしたら
    グロ画像だった

    • 名無し より:

      まぁ、同じ期待してクリックした身、仕方ないですよ。(^^;
      漆黒の剣に対する罰ですかね?
      ブリタは期待に答えてくれましたがw

  13. 匿名 より:

    書籍版だと装備はメイスじゃなくてモーニングスターだよな。

  14. 匿名 より:

    webのクレマンかわいい

  15. 匿名 より:

    身を持って強さを実感したんだから生きかえってもWeb版以上におとなしくなるだろ。

    • 名無し より:

      復活しても物語にすら「出たくない!」みたいな発想が…
      しかし、出てきたら彼女からもたらされる情報はかなり有益なものですから、帝国か法国に帰って保護を求めるのかと
      …だからと言ってどうにかできるとは思えませんが…(-_-;)

  16. 匿名 より:

    あのクレマンが取り乱してガタガタ怯えるほどだから相当なエルダーリッチってめちゃくちゃ警戒されなくね?
    あのゴキ部屋に突っ込まれたおばさんみたいになるだろ。

  17. 匿名 より:

    優秀な兄と比べられた云々は本人は嘘と言ってましたが、本当の可能性が高いですね。
    同情は…できないかな

    • 匿名 より:

      2巻の96pで露骨に「クィンティアの片割れ」って名前を嫌ってるっぽいですし、やはりあそこ(p.156)で語ってた「全部、嘘、嘘、うーそ」ってそれこそ実際やらかしたんでしょうかね?
      そうなるとクレマンティーヌ中々悲惨な……

  18. 宝物殿中でござる より:

    両親の愛情が双子の兄にのみ向けられていたからって
    ストレス発散に殺しまくって拷問するなんて
    殺された方はたまったもんじゃない

    • 匿名 より:

      >ストレス発散に殺しまくって拷問するなんて
      殺された方はたまったもんじゃない

      ですよねー。でも愛情を受けられないで育った人間って精神的におかしくなるんですよ。
      だから自分より弱い者に暴力を振るって精神の安定を図っている
      楳図かずお先生の「おろち」でも優秀な姉、一草(かずさ)にことごとく比べられて
      陰気な女に成長した妹、理沙がなんの罪もない無関係の少女を養女にして
      暴力振るいまくっていましたからね。本当の罪人は子供に愛情を注がなかった
      親の責任ですな。

      こういう馬鹿親はデミウルゴス・ソリュシャン・エントマの三巨頭に滅ぼしてもらい
      たいですね。これからはそういうシーンとかどんどん出してほしいもんです

      • 名無し より:

        同意します。
        エルヤーとか、アルチェルとか、バルブロ王子とかの前例が有りますが、それでも同意します。

        • 匿名 より:

          エルヤーとかアルチェルとかバルブロ王子とかは愛情も
          あるけど環境のせいもあるだろうな。実際に彼らはこの女に比べりゃ
          比較的常識あるといえるし
          クレマンみたいに完全に壊れて
          闇の巫女姫から「叡者の額冠」を強奪、彼女を発狂させて使い物にならなくしているという、スレイン法国最大の裏切り者になるなんて
          破滅的な事まではしていないしね
          やっぱ優秀な兄と比べられている生活に耐えられなかったんじゃないかと

  19. 匿名 より:

    soーbinさんのブログにサンタイラストが
    愛されてるなぁ…

  20. ぷくぷく より:

    デスナイトとどっちが、強いのかな?
    下級デスナイトには、勝てそうだが、アインズ様が、作ったデスナイトには、負けるのかな?

    • 匿名 より:

      スティレットメイン装備ならかてないんじゃないかな?
      漆黒装備ならわからん

    • 匿名 より:

      作者が以前割烹で書いた「既出の現地戦士強さ序列」でも、「デス・ナイトはガチンコでの勝敗が決めずらい」という理由で外されていましたね

      クレマンティーヌ(漆黒所属)>フル装備ガゼフ>クレマンティーヌ(ズラ所属)>ハムスケ>ガゼフ>ブレイン>ガガーラン>ゼロ>壁>ザリュース>クライム>虎>一般人

      注:単純なレベルでの勝敗を丸山が漠然と判断した強さ順である。(クレマンティーヌではスケリトルドラゴンには勝てないとか色々とあるため)
      注:デス・ナイトも入れてほしい方はいると思われるが、攻撃が低く、防御が高いという壁キャラなので入れるには不明な点が多すぎる。相手からダメージを受けない、相手にもダメージを与えないという戦闘でも、長く続けばアンデッドで疲労しないデスナイトが勝つだろうけど、それを許しだすと「じゃぁ、遠距離から攻撃するね。接近してくるなら走って逃げて距離を取るよ」を許さざるを得なくなってくるため。基本はガチの殴り合いで、疲労などをあまり考慮に入れない戦闘を考えているためです。

      だそうです。
      以下は個人的な考えですが、クレマンのデスナイトに対する勝算は五分五分だと思います。
      彼女の攻撃はアインズ(100lv)謹製の鎧をへこませるほどの威力を持っていました。デスナイトが防御偏重の能力値だとしても彼女の攻撃なら一応ダメージを与えられると思います。デスナイトは種族的に刺突耐性なども持っているでしょうからダメージは僅かなものにはなると思いますが。
      トップスピードに乗った状態のクレマンならデスナイトを翻弄できると思いますが、ほぼ間違いなく長期戦になるでしょうから疲労で鈍ったところに攻撃をもらうと危険ではないでしょうか。

  21. 匿名 より:

    クレマンに勝る実力の戦士が両手の指程度いるみたいだけど誰だろう
    ズラノンの3人は戦士じゃなさそうだし
    思いつくのは漆黒聖典の2人ぐらいしかいないんだけども
    作者が人間種戦士最強と言っているので
    ただ単純にクレマンの思い込みなんだろうか

    • 匿名 より:

      神人とか名前がまだ出てない奴ら出して来ればそりゃ人間種最強の座も奪われるでしょ
      クレマンティーヌはガゼフよりちょい上って程度だから

    • 匿名 より:

      両手の指ほどってソースはなかったと思う
      9番席次という数字からの予測かな
      実際は席次と強さはあんまり関係ないけど

      ただ作者の人間種戦士最強ってのは、その時点で出てた人間戦士キャラの中でって話だからあまり意味は無い
      漆黒聖典内にはクレマンより強い戦士は確実にいるだろうし、
      ズラノン幹部でも強い戦士いるかもしれないし
      もちろん他の勢力にも

      • 匿名 より:

        2巻352頁に書いてあるけど
        いるかもしれないっていうか
        いるって核心めいてるみたいな書き方で

  22. 匿名 より:

    暗殺寄りなら初めてやる相手にも警戒する用心深さがあると思ったのにな、調子乗って廃人に瞬殺された典型的な雑魚か。

  23. 匿名 より:

    ガゼフを「圧倒」は出来ないだろ

    • 匿名 より:

      「圧倒」はできないでしょうね
      というか、割烹では、漆黒クレマン>フル装備ガゼフと書かれてるだけで
      どれだけ力量差があるのかは明言されていないはずです

      むしろ、素のレベルではクレマンと大きな差はない(クレマンは英雄の領域に「足を踏み込んだ」(2-315)、ガゼフは「片足突っ込む」(5-108))こと、ガゼフの装備も王国の至宝であり、レーザーエッジはアインズにさえダメージを与えることが出来る剣であること等を考えると、両者にはそれほど大きな差はないと考えた方が自然だと思います

      よくコピペされている割烹の強さランクにも、その下に
      「一部の強さがほとんど団子なので、下が上を倒すことは十分にあり得るんです!」
      という記述がありますし

      この記事に限らず、オーバーロード大百科では、クレマンが1.5ガゼフの強さであると書いてあったり(レベル42になってしまいますので、私自身はトンデモ数値だと思っていますが…)、クレマンの強さが変に過大評価されている気がします
      恐らく、アニメで強敵っぽい雰囲気を出していたので、設定を知らない、アニメしか見ていない人たちが書いた過大評価のレスなどをそのまま載せていたのだと思います
      某掲示板では、クレマンはモモンがアンデッドであることに気付いていれば勝てた等、かなり過大評価なことを書いていた人もいるぐらいです

      大百科の記述はいろいろなところにコピペされまくるので、明らかにおかしな情報は載せてほしくないですね

  24. 匿名 より:

    アニメ版の声優さん総じて素晴らしかったけど、中でもクレマンティーヌの中の人は目立っていたな。

    ニグンさんもナザリック勢以外ではインパクト凄かったけどクレマンティーヌは本当に最高だった。

    • ももんさま… より:

      声優さん方はとても素晴らしかったですね。
      アニメになるまでオバロを知らなかった自分ですが、実は1話のアバンで一度切っていましてwクレマンさんの活躍?あたりで話題になってきたこともあり「また見ようか」→「面白えー」となりました。彼女には感謝してもしきれません。

      原作を読み進める時にも、各キャラの声がイメージ出来て楽しかったです。

  25. 匿名 より:

    風花に死体を持ち去られたと思ってたけど
    カジットも連れて行かれてるみたいだから
    死体を持っていったのはやっぱズーラーノーンだったのかな

  26. 匿名 より:

    死体はロケートオブジェクト(物体発見)やニグレドさんの力を使えばどこにあるか分かるのでは?

    • 匿名 より:

      クレマン達の死体は身ぐるみ剥がされてるし、ロケートオブジェクトは生物には効かないと思う
      D&Dでもアイテムだけだし
      あとニグレドはクレマン達のことは見てなくて知らないから探せないんだろう

  27. 匿名 より:

    こう見えて処女の可能性があるってめちゃしこなんだが

    ※オーバーロード2巻に関する作者雑感より
    アインズさんが母親以外で、胸を触った2番目の相手。えろい格好の人。so-binさんの凄さがヒシヒシと感じますね!

    • 匿名 より:

      男性経験は無いかもしれないけど
      鉄の棒突っ込まれてるから医学的な意味で処女では無いのでは
      どっちにしてもめちゃしこだけど

    • 匿名 より:

      それアインズにとっての2番目(1番目はアルベド)の相手であって
      クレマンにとっての2番目って意味じゃないだろ

  28. ぷくぷく より:

    胸に触った?
    正確には、触ってんの腰じゃないか?
    肋骨で触ったことになるのか?
    さば折りするために触ってるの背中やじゃないか?
    漫画だとマントの上からさば折りだしアニメだとマント脱いでる。

  29. 匿名 より:

    弱ければ回されて焼けた鉄の洋梨を股間に突っ込まれてはヒールを数日繰り返されても仕方ない
    だから強くなった私はそうされない為に先にしなければならないのと

    ちゃんと経験から学んで実践していたじゃないですか

  30. 匿名 より:

    クレマンさんの最期について、「アインズ様にゆっくり抱きしめられながら息絶えた」ってアルベドが聞かされたら発狂するよねw
    まあ実際はこの言葉から想像するようないいものではないけれど、それでも下等生物としては許されない栄誉。もし復活して再登場することがあっても、絶望しかないな

  31. 匿名 より:

    クレマン戦アニメしか記憶にないが
    世界屈指の実力を持つ相手の前で、たかが英雄級が自分の方が強いみたいな事を大げさにアピールして
    自信過剰に生意気に、ふざけた態度で戦うのは冷静に考えたら恥ずかしい気がする。
    アインズの実力を見抜いた武王を見習うべきだと思う。

    • 匿名 より:

      とは言え戦士としての実力だけならあの時点でクレマンより遥かに下だったのも事実だし、クレマンが居たからこそ今日の戦士っぽい動きとか出来るようになったわけで。
      そもそも武王戦の時点では超強い存在ってバレてるけど、クレマン戦の時点ではまだ正体隠してるし無名且つカッパーだからね。
      …クレマン自身の性格がひん曲がってる所為なのも確かだけど。

      全く関係ないどうでもいい事だけどこの人程二次創作における扱いがバラバラなキャラはそういないと思う。
      人によって原作通りだったり、原作より酷い目にあったり、仲間入りするパターンもあったりとバラバラ過ぎて笑う。
      そんだけ人気キャラって事なんだろうけど。

    • 匿名 より:

      プレイヤーも現地の戦士でも強い奴は勘で「コイツは強い・・!」って直感で分かるらしいが、クレマンは現地じゃ強い方だったが、強者を見分ける感が、からっきしだったのかな?

      • 匿名 より:

        ただ単に常識の範囲外だっただけじゃないの

        ブレインと六腕もクレマンと大して変わらんでしょ
        ブレイン以外は気付いた時には手遅れだっただけで

        • 匿名 より:

          そういやゼロのセバスチャンの強さを把握できなかったよな。

          • 匿名 より:

            多分彼らの強さの判断法は、相手の構えや動き、気配なんかを過去の経験から推測して判断するものだと思うので、(実際にゼロはブレインの立ち居振る舞いから判断していたようですし)実力差が有り過ぎて臨戦態勢にすらなって居なかったセバスを強いと判断できなくても仕方がないかと思います。

            ついでに言えば、モモンの方は、実際に戦士としてはレベル0状態なので、彼を戦士として見ていたクレマンには、やはりその所作から強さは測れなかったのではないかと。

          • 匿名 より:

            実力差ありすぎるとどうにもなぁ
            運良く違和感を感じてもだいたい気のせいですませてしまうので
            実際に相応の強者と対峙した経験がないと
            どうにもならないのかもしれない

            ユグドラシルでは強者が能力を隠匿していた場合は
            よほど探知能力に特化していない限り見ぬけないらしいから
            逆に言えば経験でなんとかできる分救いようはあるのか?

            探知を試せれば、探知できないことから何か察することが出来たかもしれないが
            クレマンとかゼロとかは探知技能を持っているとは思えないし
            (ゼロは刺青能力の中にそれ系のがある可能性はあるが)
            よしんば有ったとしても使うような状況でもなかったし
            初見で把握しろというのも酷な話かも知れない

        • 匿名 より:

          カジット→ナーベの強さを見抜けなかった
          クレマン→モモンの強さを見抜けなかった
          六腕→セバスの強さを見抜けなかった
          ガガーラン→エントマに喧嘩うる
          ブレイン→シャルティアに喧嘩うる

          ガゼフ→状況からアインズが強者であるなんて誰でも分かる状況だった。戦士として最高クラスのアルベドをスルー

          帝国四騎士→デスナイトの実力を見抜く

          イビルアイ→ヤルダバオトの実力を見抜く

          • 匿名 より:

            イビルアイはプレイヤーや真の竜王等他の別次元の強さの存在知ってるっぽいからなぁ。

          • 匿名 より:

            実力を探る手段(アウラがザイトルクワエ相手に使ったヤツとか)が無いと帝国四騎士のニンブル位の実力者でも、スキルを切ったアインズ様を「目の前に立っているのは普通の人間のような、そんな気配を残す相手」(9巻224ページ)と思うぐらいだしなぁ

      • 匿名 より:

        クレマンの価値観では勝てると分析できてたんだよ。
        実際に分析通りの相手だったから、兜の中にスティレット突っ込んで魔法まで発動してたじゃないか。
        兜の中身が空っぽで攻撃も魔法の全く効かないなんて知るかってクレマン怒ってたよ。

        • 匿名 より:

          目玉や内臓、脳みたいな急所突くにも空っぽの骨だからなw
          なら物理かますにもレベル60以上でないと1ダメージを与える資格すらもらえない理不尽さw

          • 匿名 より:

            そこで武技や始祖の魔法、五宝物のような特殊な武器ですよ。
            まぁそんなの都合よく持てるようなありふれたものじゃないんですけどね。

          • 匿名 より:

            レベル60じゃなくても武器が強ければ大丈夫だから、多少はね?

  32. 匿名 より:

    so-binさんのお気に入りということで出番増えないかなー
    そしてめちゃくちゃ不幸になってほしい

    • 匿名 より:

      クレマンの記憶消えててWEB版みたいな展開になっても面白そうだし

      記憶残っててズラがアインズ崇拝しだしたから、やってられるかと聖王国に逃げたらヤルダバオトが攻めてきたって展開も面白そう

  33. 匿名 より:

    出てくるとしたら恐らく死体を回収したズーラーノーン関係だろうな
    Webで出てきたミイラみたいな男も気になるし
    まぁ復活したところで速攻で逃げ出しそうだけど

  34. 匿名 より:

    俺がはじめて悠木碧を認めたキャラ

  35. 匿名 より:

    あれだけリザードマンを追い詰めたイグヴァ=41でさえもスッと行ってドスッで終わるのかな?
    レベル差が5くらいあるけど蜥蜴人戦の同じ条件で1人で数百メートル詰めるのは大変そう
    不落要塞でファイヤーボール耐えられたりする?

  36. kai より:

    すみません、誰か教えて欲しいのですが、モモンとの戦いの中で、モモンが「決死の覚悟でかかってこい」と言ったあと、クレマンがぶち切れてなにかブツブツ言い出した武技を使用してる場面があると思うのですが、クレマンは武技を使う前に何て言ってるのか分かる人いますか?

    • 匿名 より:

      書籍読めって言われるだけだから買ってこよう

    • 匿名 より:

      うん、確認したけど書籍版二巻にはちゃんと載ってるぞ
      安心してそのセリフのためだけに二巻を買ってくるんだ!

    • 匿名 より:

      アニメの話だよね?・・・聞き取れないような言葉でもないと思うんだけど
      もう一度聞いてみたら?

  37. kai より:

    一応全巻持ってるので2巻確認しました。自分のボンミスすみません。確かに載ってました。見落としてました。

  38. 匿名 より:

    クレマンが蘇って居て魔導国とか知ったら良いリアクションしてくれそう、再登場フラグはあるし出てきてくれた嬉しいな

  39. 匿名 より:

    クレマンの聖典時代の装備ってどんなだったのかなー。あと、疾風走破ってクレマン以外に使い手出てきてないよね?他の次席も固有の武技とか持ってたりするのか?気になるわ(゚ω゚)

    • 匿名 より:

      席次な
      ブレインやパルパトラですらオリジナル武技持ってるんだから
      持ってそうではあるな

      そういう能力が2つ名なんだろうし
      人間最強さんはただ力が強くなるだけかもしれんな・・・

  40. 神前で菓子を深く咬む鼠 より:

     クレマンティーヌは担当声優(悠木碧さん)が非常に優秀なことも相まって、
    とりわけ印象深いキャラとなった。(一期アニメ

    個人的に復活・再登場を望むキャラ。

コメントを残す