ティア&ティナ


ティア&ティナ
latest-3のコピー
詳細
名前 ティア(青い方)
ティナ(赤い方)
通称 影に潜めし双殺
性別
趣味 ストーキング
種族 人間
所属 リ・エスティーゼ王国
蒼の薔薇
職業 冒険者
忍者
住所 リ・エスティーゼ王国 王都リ・エスティーゼ
Media
声優
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版

「くんかくんか、よいにほい」


大きくなりすぎ」

クライムに対してティナ

概要
 ティアティナは、アダマンタイト級冒険者チーム「蒼の薔薇」のメンバーであり、三つ子の内の二人の盗賊系冒険者である。

 もともとは帝国を中心に知られていた暗殺者集団「イジャニーヤ」の頭領三姉妹のうちの二人で、狙われれば確実に殺されるという名うての暗殺者だったが、ラキュースの暗殺に来たところを返り討ちに遭う。

 そのまま説得され「蒼の薔薇」に入団してしまい、当初はラキュースの寝首を掻こうと狙っていたものの、段々「こんな生活も悪くない」と改心し、今では仲間のために命も捨てられるほどのメンバーへとなった。

人格
 仲間への思いは強いが、
元暗殺家ということで非常にドライな一面も持っており、殺人や麻薬といった忌避される存在や民間人への被害といったものにあまり頓着しない。(それをラキュースが嫌がるであろう事は気にしている)

 並大抵のことでは感情は乱れず、平坦で感情を掴みにくい喋り方をする。戦闘中でもそれは変わらず、圧倒的な上位者を前にしても冗談を飛ばす程。
 またティアティナは音を立てない手話で普通に喋るのと変わらない速度で会話ができる。
 なぜかweb版では台詞が平仮名になっていた。

 作中ではぼかされているが、実はティアはレズビアン
ティナはショタコンとそれぞれ変わった性癖を持っている。(web版では逆転している模様)
 ティア
ラナーに変なことを吹き込もうとし、web版ではイビルアイに対し「良い匂い」と言っている。ティナクライムに対し「大きくなりすぎ」とボヤいている。

強さ
 ユグドラシルであればLv.60に達しないとなれない「忍者」の職業を修めているが、実際はLv.30以下。しかし忍者でなければ使えない忍術を使えることから、転移後の世界とユグドラシルの「職業」が大きく異なることが分かる。

 忍術を用いたトリッキーな戦い方を得意とし、web版では
デミウルゴスの目すら欺いた。書籍版ではあらゆる耐性を持つエントマと正面から戦ったために苦戦した。
 忍術は割いた魔力量に比例して威力や効果が変わる変わったスキルで、外見上は低位も高位も変わらないので対処が非常に難しいという特徴がある。

ゲヘナに於いてヤルダバオトは死なない程度の攻撃をした心算が、ガガーランティアは共に死亡した。

使用スキル

  • 「闇渡り」…忍術。影から影へ短距離の転移を行う。
  • 「影潜み」…忍術。影に潜み、視認での発見は不可能となる。
  • 「影分身の術」…忍術。自身の四分の一程度のステータスの分身を作り出す。回避力だけは割いた魔力量に比例。
  • 「不動金剛盾の術」…忍術。七色に輝く六角形の盾を生み出す。目くらましの効果もある。
  • 「爆炎陣」…忍術。爆発を起こす。
  • 「不動金縛りの術」…忍術。相手の動きを封じる。
  • 「大瀑布の術」…忍術。web版で使用。何もない場所から水が大量に吹き出す。
  • 「不動金剛の術」…忍術。web版で使用。対象をダイヤモンドの如き硬度に変える。物理攻撃には圧倒的に強いが、魔法攻撃には脆い。
  • 「遁術」…忍術。web版で使用。自身の装備を使った囮を作り逃走する。囮と言っても装備一式を失うので、ある意味その損失は死亡するより酷く、ユグドラシル時代は完全な死にスキルだった。

所持アイテム

  • 「吸血の刃(ヴァンパイア・ブレイド)」…赤い短剣。刃が相手の血を飲む。
  • くない…忍者が穴掘りなどに用いた道具。飛び道具として使う。
  • 黒い糸で編んだ網…相手を捕まえる際に利用する。

人間関係
ラキュース
鬼リーダー、鬼ボス。

ガガーラン
そろそろ青い血が流れてパワーアップすると思っている。

イビルアイ
良い匂い。

クライム
以前は可愛かったが今は大きくなりすぎ。

小ネタ

  • 三姉妹のもう一人がどうなったのかは一切語られていない。
    が、実は暗殺組織イジャニーヤの首領だったりする。
  • web版ではティアがショタコン、ティナがレズになっている。


画像

latest-3 tia tina


                 

14 Responses to ティア&ティナ

  1. 匿名 より:

    Web版の王都-14では
    ***
     着用している鎧を確実に喪失する代わりに、それを身代わりに転移を行う忍術。鎧が喪失するぐらいなら死んだ方がましだという人間が多い、ユグドラシルでは死に忍術だ。
    ***
    とあるので、遁術で消失するのは装備一式ではなく鎧だけなんじゃないかな?

    • 名無し より:

      その可能性は大かと、ただ余り使いたくない手段には違い無いでしょうね。
      いずれにしても、画像の軽装からして鎧が無くなった場合は戦闘の継続は困難かと思われます。

  2. 匿名 より:

    まさかのぜかましスタイル…動きやすいのかなアレ

    • 名無し より:

      お馴染みの魔法で軽量化&動きやすくしてるのでは?
      しかし、下手するとこちらの世界の科学技術を優に越えてますね~(^^;

      • 匿名 より:

        魔法は本当に反則ですよねぇ
        まあ魔法は個人の力量に左右されるので、量産性という点ではまだ科学に分があると思いますが。

  3. 匿名 より:

    マーレきゅん出番です

  4. 匿名 より:

    忍者がレベル総計60以上必要なクラスらしいけれど、もしかしてこの世界ってユグドラシルのように効率的な育成が出来ないから、人間弱いのでは?
    レベル低くても忍者になれるわけではなくて、たとえば村人とか、一般人とか、能力が上がらないクラスのレベルを上げてしまっているため、弱い。
    村人10一般人12人質10戦士10暗殺者10盗賊8忍者5みたいに。

    • 匿名 より:

      直接戦闘職でもないエントマがあれだけ優勢に戦えてたのは純粋なレベル差
      仮にその構成だったら装備の差を抜きにしてももっと善戦したんじゃないかな

      • 匿名 より:

        たしか小説の中でレベル差って表現で強さの差を示したのは、イビルアイとデミえもんの戦いの中ではなかったでしたか?
        フールーダの、自らにもう成長の余地があまり残されていないっていう表現は、カンスト近いことを表しているのではないかと思うんですよねー。
        彼の言う無駄な成長っていうのは、余計なクラスあげちゃって能力値を効率的に上げられなかったっていう意味なのではないかと。
        村人や一般のクラスなど、レベル上げても能力値ほぼ上がらないようなクラス上げちゃって、やっちまったぜ的な。

  5. 匿名 より:

    意外に身長おっきくて裏切られた感を勝手に感じてる

コメントを残す