ニニャ


ニニャ
957f9085
詳細
名前 ニニャ
通称 術者(スペルキャスター)
性別 女(男装)、web版では男
種族 人間
所属 リ・エスティーゼ王国
漆黒の剣(旋風の斧)
職業 銀級冒険者
住所 リ・エスティーゼ王国 エ・ランテル
Media
声優 田村睦心
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版

奪われる辛さは知っていたはずなのに、なんでそこまで考えが及ばなかったんだろう」

概要

 ニニャは、シルバー級冒険者チーム「漆黒の剣(旋風の斧)」のマジック・キャスターである。
 チームの頭脳であり、チーム最年少ながら第二位階までの魔法を修め、ペテルに『術者(スペルキャスター)』という恥ずかしい二つ名を付けられている。

 肌は色白く、中性的な美しさを持つ美少年に見えるが、実は冒険者となるために性別を偽った女性である。(冒険者は異性をチームに入る事を嫌う)
 姉を貴族に連れ去られ、それを取り戻すために冒険者になった過去があるため、貴族を非常に憎んでいる。

 web版では上記の設定は匂わせる程度の物であり、性別も男となっていたが、書籍版では大きな伏線となっており、後に
セバスが助けることになるツアレこそ彼女の姉であると判明する。作者によれば「ニニャ」という名前も、彼女が姉を忘れないように付けた偽名とのこと。
 また、書籍版ではモモンに対しては人一倍の親しみと憧れを抱いており、積極的に会話をしていた。

 web版では何事もなく生存したが、書籍版ではモモン一行と依頼をこなした直後にクレマンティーヌによる襲撃を受け、執拗な拷問の果てに死亡した。この際、ずっと助けが来ることを信じていたという。
 彼女が残した日記はアインズが転移後の世界について学ぶ大変貴重な資料となり、この恩を返すためにアインズは彼女の姉であるツアレを破格の待遇でナザリックへ受け入れる事を決めた。

 実は通常の倍の速度で魔法を習得できると言う優秀なタレントの持ち主であり、順調に成長していけばいずれフールーダに近い域にまで到達できていた。

小ネタ

  • アインズは拷問された彼女の身体を見て、初めて女性であったことに気付いた。これは書籍版では深く語られなかったが、アニメでは会話を回想する形で補完されている。
  • クレマンティーヌの襲撃時にはンフィーレアと逃げるよう仲間に説得されている。最年少、近接戦闘の不向きなマジック・キャスター、そして姉を助けるためという理由があるが、実は仲間も彼女が実は女性だと気付いていたのではないかという見方もある。
  • フロストドラゴンの伝説を調べてモモンに教える約束は果たされないままとなった。
  • アインズクレマンティーヌを刺そうとした黒い短剣は彼女の遺品だろう。

画像
21 0145c


                 

25 Responses to ニニャ

  1. 名無し より:

    そう言えば、男の娘でしたね。
    妹の変わりに姉が生きた。
    …複雑ですね。

  2. nigun-love@管理人 より:

    ニニャの師匠はまだ登場してませんがフールーダと同じタレント持ちみたいですねー
    つまりアインズ様を見たら目か口のどちらかから液体を噴出します

  3. 名無し より:

    安直に考えると、王国で個人塾開いてる魔法使い…ぐらいの情報ですかね?
    誰でしょね?

  4. 名無し より:

    まぁ、「おお、死の神よ!!」
    とか言って崇拝しそうな…

  5. 匿名 より:

    彼女らは本当についてないな
    モモンと一緒に組合に行ってても助かったし
    リィジーがいても助かったのに
    よりによって最悪のタイミングで家に行っちゃって……

    • 匿名 より:

      つうか、ハムスケの登録費用をケチらなければ大怪我は免れないとしても、死なずに済んだはずなんだよな。

      • 匿名 より:

        モモンさーん、まだ初仕事の給料すら貰ってなくて、金欠だったから・・・

  6. 匿名 より:

    ナーベの失言によりアルベドの名前が漏れてしまったが
    彼女を含む「漆黒の剣」メンバー全員をクレマンティーヌが殺害したため、
    間接的に口封じとなり記憶操作の魔法を使う手間を省いてくれた分モモンも
    幾分ほっとしたかも。

    ンフィーレアをカルネ村に移住させたのもポーションの技術独占に加えて
    情報漏洩防止も理由の一つになるだろう。

    • 匿名 より:

      それより普通にモモンの偉業を伝える予定だったし
      モモン自身、彼らをわりと気に入って面もあるから
      殺されて普通にイラッとしただけじゃないかな

  7. 名無し より:

    同意します。
    不快と言ってましたし…クレマンの殺し方見ると…ね~(^^;
    記憶操作は少なくとも書籍版2巻では、いずれモモンの名声をアインズに移す計画でしたし、要りますかな?
    今となっては必要ですが…(^^;

    • 匿名 より:

      更に言うならツアレの件を見るに
      ニニャに恩義を感じてたみたいだし
      運がよければ勝ち組になれたかもしれなかったかなぁ彼らメンバーは

      • 匿名 より:

        順当にいけば結構なクラスの冒険者になってただろうに

        • 匿名 より:

          大人になるころには英雄級のマジックキャスターになってただろうなぁ
          もっと年齢いけば逸脱者にも手の届いてただろうし
          非常にもったいない

  8. 二軍さん より:

    いい娘だったのに…

    • 名無し より:

      いい人程早く死ぬ…
      誰の言葉だったか…(^^;
      きっと法国のせいですね。
      クレマンさえ逃がさなければ、こんなことには…(T_T)

  9. 匿名 より:

    Web→開かれた目が顔からこぼれ落ちそう
    書籍→目が顔からこぼれ落ちた

  10. 匿名 より:

    案外デスナイトに生まれ変わってるかも

    • 匿名 より:

      死体はエ・ランテルの墓地に埋葬されてそうだし、その可能性も捨てきれないよね。

      アインズも部下が持ってきた死体の顔を、一々確認なんてしてないだろうし。

  11. 匿名 より:

    復活させて姉の情で縛れば、フールーダの下で便利に働かせる事が出来そう
    …なんて妄想を時々します

    • 匿名 より:

      荒れるからその話題だすな
      妄想ってわかってるなら書き込まないで頭の中に留めとけよ

  12. 匿名 より:

    11巻の300ページでも触れられてるな
    アインズ様が少しだけ感傷的になってた

コメントを残す