リグリット・ベルスー・カウラウ


リグリット・ベルスー・カウラウ
詳細
名前 リグリット・ベルスー・カウラウ
通称 死者使い
性別
種族 人間?
所属 十三英雄→チーム名不明の冒険者蒼の薔薇→フリー
職業 冒険者→フリー
年齢 200歳以上
Media
声優
登場作品 web版
書籍版

やれやれ、ドラゴンもボケるということかのぉ」

概要
 リグリット・ベルスー・カウラウは、200年前に「十三英雄」の一人として世界を旅し、魔神たちと戦った伝説の存在であり、「死者使いのリグリット・ベルスー・カウラウ」としてその名を広く知られている。
 立派な剣を下げ、無邪気な微笑みを湛えた老婆である。

 …のだが、一般的にはお伽話に登場する人物として知られている彼女が、方法は不明だがなぜか現在も生きており、イビルアイツアーなど一部の存在だけが彼女が現在も存命中であることを知っている。

 その足跡は自由気ままで、王国最初のアダマンタイト級冒険者チームの一員に名を連ねた後、なぜか一時的に蒼の薔薇の一員になっており、更にイビルアイと入れ替わる形で蒼の薔薇を脱退している。
 現在はツアーの下へ遊びに行った際に頼まれた「ユグドラシル由来のアイテムを探す」という依頼を達成するために行動している。

人格
 年老いてはいるが悪戯っ子めいた茶目っ気を持つ人物であり、油断していた
イビルアイを倒して蒼の薔薇へ入団させてしまったり、ツアーの超感覚に気づかれないように接近してみたりとその行動は常に遊び心に溢れている。
 ツアーからもらったワイルドマジック製の指輪を本人に無断で他人に渡してしまったりと、奔放すぎる面も見受けられるが、それが回り回って人々を助けているので深い思慮も持ち合わせている様子。
 ツアーは「老いは彼女を細く、弱くしたが、心までは変えられなかった」と見ているので、十三英雄時代からこの性格は出来上がっていたらしい。

 しかし、ピニスンの台詞などに登場する「十三英雄の老婆」という存在が彼女だとすると、彼女は十三英雄時代から老婆だということになってしまい。200年間外見が老婆のまま変わっていないことになってしまうが…

強さ
 「死者使い」の二つ名の通りネクロマンサーであるようで、アンデッドについて詳しく、それを倒す手段にも長けているということ。その実力は200年前に会ったフールーダが「自身と同等かそれ以上」と見ている。
 そして本気ではなかったとは言え、転移後の世界では圧倒的な実力を誇るイビルアイを倒してしまい。彼女を「泣き虫」呼ばわりするなど、英雄級(というか彼女自身が英雄達の一人なのだが)に相応しい実力を持っている。

人間関係
ツアー
かつて十三英雄の「死者使い」として共に旅をした仲間。ボケを心配しつつ依頼を受けている。

イビルアイ
かつて十三英雄の「死者使い」として共に旅をした仲間。泣き虫。インベルンの嬢ちゃん。ぼこって蒼の薔薇へ強制的に放り込んでしまった。

リーダー
かつて十三英雄の「死者使い」として共に旅をした仲間。その早すぎる死を惜しんだ。

ヴェスチャー・クロフ・ディ・ローハン
かつて蒼の薔薇に入る前にいたアダマンタイト級冒険者チームの仲間。

小ネタ


                 

19 Responses to リグリット・ベルスー・カウラウ

  1. 名無し より:

    この人の今後の動きが気になりますね。
    アイテム探し中断して、対魔導国なら、法国につくんですかね?
    それとも、アイテム探して空中都市とかで、アルベドの捜索隊と出会うとかですかね?

    • 匿名 より:

      ツアーが7巻幕間で指輪の行方を尋ねたとき法国を警戒していたので、ツアーと繋がりの深いリグリットが法国につくことはないと思いますね。
      世界が一丸となってやっとナザリックを封殺できる程度(3巻雑感)だというのに、始める前からこの調子じゃあ……

    • 匿名 より:

      13英雄時代も法国は全く動かずに力を蓄えていたそうです。
      当時、13英雄として苦労したであろう彼女にとって見れば、法国は全く信頼していないでしょう。

  2. 匿名 より:

    この人、13英雄のプレイヤーのNPCの可能が高い気がする。
    セバスと同じで初めから老婆として設定されてると辻褄があう。

    • 086 より:

      NPCといえど普通に老化するので、初めから老婆の人間種NPCだと十年ちょっとで寿命が来てしまうのではないでしょうか。
      老化を遅らせる魔法かアイテムが他にあるのかもしれません。

      • 匿名 より:

        この婆さんエルフだったりして
        エルフなら老化遅いとか200年前既に老人でその時より更に年取っていてもおかしくない
        ハーフエルフで耳の尖ってないヴァージョンの人間てのは有りなんだろうか

    • 匿名 より:

      セバスが老人のままなのは、寿命のない異形種だからで、NPCだからではないですね。
      同じNPCでも、人間種のアウラとマーレは寿命があり成長もします。

      人間種でも寿命がない職業はあるようですが、
      魔法で不完全ながらも不老化しているフールーダを見ても分かるように、
      そうしたアイテムや職業で寿命をなくせるのはあの世界の人間でも同様で、
      NPCと推測するほどのことでもない気がします。

    • 匿名 より:

      7巻276頁でツアーが彼女の姿を見て「老いは彼女を細く、弱くしたが」等の表現があるので昔の外見から老いているのは間違いないでしょう。

  3. ぷくぷく より:

    イビルアイにしろチャイナバーさんにしろこのバーさんにしろ老婆が、世界を救う!!!!
    ヒロインは、バーさんか?

  4. 匿名 より:

    ナインズ・オウン・ゴール時代に引退したメンバーだったら面白くなりそうだ。元男になるが・・

    • 匿名 より:

      今回はリーダーのように世界に協力するものではと言っているし
      リーダーの知識がもっとあればとも言っているから
      プレイヤーである可能性は限りなく低そう

  5. 匿名 より:

    このバーサンってズラの盟主だったりしないかなぁ?
    この世界でもトップクラスのネクロマンサーみたいだし。
    ツアーの超感覚に気づかれないなら、クレマン達の死体の奪還とかも余裕なような……。

  6. 匿名 より:

    他の作品を持ち出したり、声優ネタは荒れるかもしれませんが、アニメの彼女は声のせいで強キャラ感が凄い。

コメントを残す