餓食狐蟲王


餓食狐蟲王(がしょくこちゅうおう)
詳細
名前 餓食狐蟲王(がしょくこちゅうおう)
性別
種族
所属 ナザリック地下大墳墓
五大最悪
役職 領域守護者(?)
住居 ナザリック地下大墳墓第6階層「大穴」
制作者
Media
声優
登場作品 書籍版

「ア、アインズ様!マーレマーレに命令しても良いですか!あそこに連れて行けと!」
---アウラが「大穴」に行くように命じられて


概要
 ナザリック五大最悪の一角。生態最悪。

 
ナザリック第6階層「ジャングル」に存在する「大穴」に配置されている。階層守護者アウラが「大穴」に近づくことを避けるほど恐れられている。
 住居もはっきりしており
、その立ち位置が恐怖公に非常に近いため領域守護者だと思われるが、明言されたことは無い。

 未登場なのでその生態は謎に包まれているが、人間の体に巣を作るということ、作者曰く餓食狐蟲王の下に送られたヘッケランとイミーナは「体重が増えている」とのこと、そして名前の元ネタ的に人間に寄生する寄生虫であることが分かる。

 そしてアインズが帝王学を学ぼうとして挙げた二人のうちの一人(もう一人は
恐怖公)なので、王としての風格を持つ存在なのかもしれない。

小ネタ

  • 元ネタは寄生虫の「芽殖孤虫」 火をよく通さない両生類を食べた際に寄生するらしい、という事までは分かっているが、それ以上はほとんど何も分かっていない未知の寄生虫である。寄生された場合、治療法は一切無く、致死率100%の非常に高い危険性を持つ。
  • そして「寄生されると体重が増える」という元ネタは、おそらく寄生虫映画の名作「スリザー」 どんな映画かは「スリザーでググってみよう(グロ注意)
  • web版では本人(?)の事は特に語られなかったが「蠱毒の大穴」という場所が存在しいる。そこに入れられたモンスターは寄生され、完全な支配下に入るとの事。この場所のことを聞いたアインズは「……そうか。あそこに入れたのか……」とドン引きしていたので、余程酷い場所らしい。


画像


                 

8 Responses to 餓食狐蟲王

  1. 匿名 より:

    餓食狐蟲王らしき存在としてweb版には蟲毒の穴があります。
    ここで蟲を寄生させることで、知性の低いモンスターでも完全に支配できるようになるようです。

  2. 匿名 より:

    あれかな、映画「ミスト」の蜘蛛的な…うっ、吐き気が

  3. 匿名 より:

    寄生ではありませんが、「体重が増えた」という発言から
    映画「スクワーム」を連想してしまいました。

  4. 匿名 より:

    狐って書いてあるからエキノコックスみたいなの想像してたw
    芽殖孤虫なんてのが実際いたのね

  5. 匿名 より:

    スリザーだとあんまり王っぽくないからストレインのマスターでイメージしてる

  6. 匿名 より:

    デットスペースに出てくる、Guardianがイメージに近いかな…

  7. 匿名 より:

    よし!スリザーでググってみるぜ!必ず生きて帰る!

コメントを残す