エドストレーム


エドストレーム
1
詳細
名前 エドストレーム
通称 踊る三日月刀(シミター)
性別
種族 人間
所属 八本指
六腕
役職 六腕
住居 リ・エスティーゼ王国 王都リ・エスティーゼ
Media
登場作品 書籍版(5巻362頁〜)

「でも、本当に強者と会ったことがあるのかしら?」
 
概要

 エドストレームは、地下犯罪組織「八本指」最強の戦闘部隊「六腕」のメンバーである。web版非登場。
 六腕の紅一点であり、薄絹を纏った身軽そうな体の各所に金の輪をつけ、腰のベルトには6本の三日月刀(シミター)が吊り下げられている。
 六腕の中では感情が豊かな方で、サキュロントが仕事に就いたその日に敗北したのを聞いた時には思わず笑ってしまい、セバスが処刑に来た際にもニヤニヤとした笑みを見せていた。

 作中ではセバスの処刑に参加したものの、逆にセバスの手によってデイバーノックの次に何もできないまま手刀で首を撥ねられ殺害されてしまう。
 彼女はあまりの攻撃の鋭さに自分が死んだことにも気付かず、セバスに指摘され首を失った身体を見たことで初めて自分がもう死んでいる事に気付き、絶望しながら意識を失っていった。

強さ
 剣が自動で宙を舞う《ダンス/舞踊》という魔法がある。これはガンダムで言うファンネルのように攻撃手段を増やす方法としては優秀なものの、戦闘中に剣の操作へ意識を向けるのは至難の技であり、オールドタイプの人間では単調な動きをさせるのが限界だった。

 しかし彼女は常人とかけ離れた空間認識力を持ち、脳が二つあるとも言えるほどの脳の柔軟性を持っていた為に、同時に5本の剣を自在に操ることができた。これらの能力は生まれながらの異能(タレント)ではなく、これほど噛み合った素質を持つ人間は王国900万人の人間の中で彼女一人という奇跡とのこと。

 一本の剣で自分は防御に徹していれば、あとは5本の剣が「剣の結界」を作り、その内に入ってきた人間を確実に殺す。ゼロですらその剣の結界には対策を考えていた。

しかし────


装備

  • シルフィード(衣服)
  • ヘイト・アンバー(イヤリング)
  • ブリリアント・ダイヤモンド(ネックレス)

使用魔法

  • 《ダンス/舞踊》

人間関係
ゼロ
ボス。冗談が通じない性格だということをよく知っていた。

セバス
死んでも戦い続けたことを素直に賞賛された。

小ネタ

  • いわゆるニュータイプ。ただし脳波で会話はできないし、死者と会話もできない。裸にもならない。時も見えない。


画像


                 

18 Responses to エドストレーム

  1. 匿名 より:

    最近の投稿が遺影一色www

  2. 匿名 より:

    白いのが勝つわ

  3. 匿名 より:

    首が落ちても戦う女。
    こいつをアンデット化したらユリの妹分になれたのかもしれない。

  4. nigun-love@管理人 より:

    髪と髭が白い方が勝ちましたね
    しかし六腕って何気にアダマンタイト級冒険者ですし
    リザードマン特訓するよりこいつら蘇らせてこき使ったほうが効率いいんじゃ…

    • ナザリック・エルダー名無し より:

      喧嘩うってきた時点で生かす気ゼロかと

    • 匿名 より:

      まあアインズ様マジギレしてましたし……
      でも喧嘩売ったにも関らず他の部署もトップみたいに恐怖公旅館一泊二日の旅するよりは遥かにマシだったなあ

  5. 匿名 より:

    いいモルモットになるだろうから回収すべきだったかもしれんな

  6. ぷくぷく より:

    一発で殺されてラッキーだったね~と思うのは、私だけか?
    肉団子やG部屋にくらべたらなんて幸せなんだろ~

  7. 匿名 より:

    2期はこいつの死にざまの描写が楽しみ

  8. 匿名 より:

    メインカメラやられたごときでやられるとは……

  9. 匿名 より:

    こいつの死に様をちょっと期待してたけど
    以外にあっさりしてて少し残念

    • 匿名 より:

      尺が無いのは分かるけどペシュリアンとマルムヴィストのとこもやって欲しかった

コメントを残す