オーバーロード1 不死者の王


オーバーロード1 不死者の王
詳細
名前 オーバーロード1 不死者の王
分類 ライトノベル
作者 丸山くがね
イラスト so-bin
発行 株式会社KADOKAWA
出版社 エンターブレイン
初版発行 2012年8月10日

絶対支配者降臨

概要
 『オーバーロード』書籍版第1巻。

 その日、一大ブームを起こしたオンラインゲーム、“ユグドラシル”は静かにサービス終了を迎えるはずだった。―しかし、終了時間を すぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい…。
 現実世界では ゲーム好きの孤独でさえない青年が、骸骨の見た目を持つ、最強の大魔法使い“モモンガ”となる。彼が率いるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が、いま始まる!
 圧倒的人気のWEB小説の書籍化。

ストーリー
1章 終わりと始まり

 冴えないサラリーマン鈴木悟は、オンラインゲーム”ユグドラシル”に熱中する毎日を送っていた。仲間たちがゲームの過疎化に伴い離れていっても彼だけはやめず、とうとうサービス終了を自身のキャラクターである「モモンガ」として迎える日がやって来たのだった。

 最後だからとノンプレイヤーキャラクター(NPC)の一人であるアルベドの設定に「モモンガを愛している」と書き込んだりしながら迎えたサービス終了の瞬間、突如としてNPC達が意志を持ったかのように動き出し、ゲームではあり得ない現象が起き始める。
 モモンガはギルドごと「本物」の異世界に飛ばされてしまったのだった。

2章 階層守護者

 転移後の世界でもゲームと同じように魔法などが使えることを実験するモモンガ
 そこにギルドであるナザリック地下大墳墓を守護する6人の階層守護者が集結する。シャルティア・ブラッドフォールンコキュートスアウラ・ベラ・フィオーラマーレ・ベロ・フィオーレデミウルゴスアルベド。さらに偵察に出していた執事のセバス・チャンも帰還し、現状の確認を行う。
 守護者モモンガを絶対的な主人とみなし、忠誠を誓っていた。

3章 カルネ村の戦い

 ひとまずナザリック内の確認が終わったモモンガは周囲の状況を遠隔視で偵察し、兵士に襲われている村を発見する。
 状況が分からないまま動くことを躊躇うモモンガだったが、セバスの姿に制作者であり正義漢だったたっち・みーの言葉を思い出し、村人を救うことを決意。アルベドと共に転移の魔法で村へ飛び兵士を殺害。今まさに殺されんとしていた村娘、エンリネムを救う。

 転移後の世界の人間は”ユグドラシル”の基準で言えば弱すぎる部類であり、モモンガが召喚した雑魚モンスターデス・ナイト1体によって瞬く間に兵士は蹂躙されてしまったのだった。
 また、この時からモモンガは去っていった仲間達の名前を背負う意味を込めてアインズ・ウール・ゴウンと名乗るようになる。

4章 激突

 村を救った見返りとして村長から転移後の世界の状況を聞くアインズ。ここが中世ヨーロッパ風の世界で、なぜか”ユグドラシル”の魔法やルールが一般化していること。そしてリ・エスティーゼ王国バハルス帝国スレイン法国という三国が睨み合っていることなどを知る。
 そこに遅ればせながら村を救いに来たリ・エスティーゼ王国の戦士長ガゼフが現れ、村を救ってくれたアインズに感謝を伝える。

 しかし兵士が村を襲っていたのは、王国戦士長ガゼフを抹殺すべくスレイン法国ニグン・グリッド・ルーインが仕掛けた罠だった。
 ニグンは部下である陽光聖典の隊員達に天使を召喚させ村を包囲、ガゼフを炙り出そうとする。
 アインズガゼフに助力を求められるものの、他人の問題に巻き込まれることを嫌がりこれを拒否。しかしガゼフの生き様に多少心を動かされたので、村の人間を守ることを約束したのだった。

 ガゼフと部下たちは村から出撃しニグン達と交戦。しかしニグン陽光聖典の隊員達は非常に強く、王国最強とさえ言われるガゼフもとうとう追い詰められてしまう。その時ニグンが漏らした「村の人間も殺す」という言葉をアインズが聞いてしまう。
 村を守る約束をした手前、不快に感じたアインズガゼフを村へ転移させ自身が出撃することを決める。スレイン法国において殲滅戦に最も特化した特務部隊陽光聖典と、”ユグドラシル”第9位ギルドのギルドマスターアインズの戦いの幕が切って落とされる事となる。

5章 死の支配者

 ニグン達は一瞬で全滅した。

Epilogue

 ナザリックでは事後処理が行われていた。
 そんな中、デミウルゴスアインズから聞いた「世界征服」という冗談がアインズの知らぬ間にナザリックの行動指針に決まってしまう。

キャラクター紹介

 

書籍版とweb版の違い

書籍版 web版
アルベドがいる。 アルベドがいない。
マーレがいる。 マーレがいない。
アインズたっち・みーの為に村を救いに行く。 アインズが自発的に村を救いに行く。
ガゼフデス・ナイトと模擬戦を行わない。 ガゼフデス・ナイトと模擬戦を行う。
村をニグンさんと仲間たちが襲撃する。 村をニグンさんと仲間たちが襲撃しない。

 
小ネタ

  • エンリは命を救われた際、アインズから「ゴブリン将軍の角笛」というアイテムを2個受け取っている。これは弱いゴブリンを微妙な数召喚するというゴミアイテムで、アインズも軽い気持ちで渡した物だったが、後々大きな騒動を巻き起こすことになる。
  • web版から書籍版への変更で、エンリは死亡しネムナザリック送りになる案もあったが、ボツになった。
  • アニメではちょうど第1話〜第4話にあたる。
  • ニグンさんが登場する最初の巻で、同時に最後の巻でもある。

Social tagging:                  

7 Responses to オーバーロード1 不死者の王

  1. 匿名 より:

    ニグンさんが赤太文字になってて笑える

  2. 匿名 より:

    5章草不可避

  3. ナザリック・エルダー名無し より:

    ニグンさんの圧倒的存在感

  4. 匿名 より:

    >ニグン達は一瞬で全滅した。
    戦闘中に死亡したものを除き全員捕虜となったが口封じの魔法?がされてたため大した情報は入手出来なかったって感じじゃなかったかな

  5. 匿名 より:

    書籍版とweb版の違いだけど
    web版はアルベドだけじゃなくてマーレもいないよ

  6. nigun-love@管理人 より:

    >戦闘中に死亡したものを除き全員捕虜となったが口封じの魔法?がされてたため大した情報は入手出来なかったって感じじゃなかったかな
    正確には「全員捕虜にして情報源にしようとしたけど口封じの魔法で3回質問に答えると死ぬトラップが仕掛けられていたから大した情報も引き出せずに死んじゃった」ですねー
    ただ、1巻時点では「全滅した」って事しか分からないのでそれだけ書いておきました!
     
    >web版はアルベドだけじゃなくてマーレもいないよ
    そうだった!追記しておきましたー

  7. 匿名 より:

    題字は「絶対支配者、光臨。」だったはずなんだけどなぁ

コメントを残す