バハルス帝国


 

バハルス帝国
詳細
名前 バハルス帝国
タイプ 帝国
リーダー ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス
本部 帝都アーウィンタール
場所 アゼルリシア山脈東側
Media
登場作品 web版
書籍版
漫画版
アニメ版


概要
 バハルス帝国とは、アゼルリシア山脈東側を治める国である。
 人口は王国よりやや少ない程度で、首都は国土のやや西部に位置する帝都アーウィンタール。

 かつては封建制であったが、先々代皇帝の頃から貴族の力を削ぎ始め、現皇帝ジルクニフの即位時に絶対王政へと移行した。彼の治世では大改革が推し進められ、多くの貴族家が取り潰しに遭い、新しい制度や人材が次々と採用されている。
 政治は皇帝が独裁的に行っており、才能が認められた者とともに意見交換をしながら意思決定をしているようである。
 貴族は様々な理由をつけられ爵位を奪われたり、軍事費などの費用・人的な負担をさせられ弱体化してきているが、web版などでは皇帝と対抗するような動きもあるようである。

 身分の差は王国のように絶対的なものではなく、例え下位の者が貴族を不快にさせたところで殺されることはまずないし、貴族が平民ごときに権力を振るうことは好ましくないとさえ考えられている。
 奴隷制は未だ存在しているが、生きるも死ぬも主人の意思次第といった扱いが許されたのは三十年ほど前までのことで、現在ではあくまで期間契約の労働者に過ぎず、最低限の権利は帝国法によって守られている。ただし、異種族に関してはドワーフを除いて法で守られることはない。

 軍事面では徴兵制ではなく、出自に関係なく採用した者に騎士という地位を与え常備軍としている。一万人で一軍を形成しているようであり全部で八軍ある。それとは別に、皇帝の直属軍として四騎士を筆頭にする近衛隊、ロイヤル・アース・ガード、ロイヤル・エア・ガードといったエリート部隊が組織されている。

 魔法に対する理解が深く、帝国魔法省などで各種研究が進んでいる。しかし、神殿勢力を完全に取り込めていないこともあって魔術系に偏っており、信仰系は苦手で復活魔法を使える者もいない。また、国の教育機関としては帝国魔法学院が有名であるが、この学院は単なる魔法学校ではなく、騎士や官僚の育成機関として将来の帝国を担う人材の輩出を目的としたものである。

 かねてより王国の併呑を狙っており、毎年遅麦の収穫期を狙い戦争を仕掛け王国を疲弊させている。

国家機関

戦力

  • 帝国四騎士
  • 近衛隊
    皇室地護兵団(ロイヤル・アース・ガード)
    皇室空護兵団(ロイヤル・エア・ガード)
  • 帝国軍(帝国八騎士団)
    第一軍から第八軍まであり、軍ごとの最高責任者は将軍という地位に就く。最精鋭たる第一軍の将軍は、大将軍という全軍の指揮官となる。戦場に第一軍がいない場合は、番号が若い軍の指揮官が全軍を統括する。
    騎士は専業兵士でありマジックキャスターなども含まれる。
第一軍 大将軍
第二軍 ナテム・イニエム・デイル・カーベイン将軍
第三軍 ベリベラッド将軍(web版)
第四軍 不明
第五軍 不明
第六軍 グレガン将軍(web版)
第七軍 不明
第八軍 レイ将軍(web版)


外交関係

リ・エスティーゼ王国
毎年戦争をしている。

スレイン法国
基本的に最重要視してきた国である。

魔導国
同盟国となった。

ドワーフの王国
交易の為に関係を保っている。

竜王国

外交関係があるらしい。


                 

15 Responses to バハルス帝国

  1. 匿名 より:

    崩壊寸前の王国、ピンポイントで地雷を踏み抜いている法国、そしてやる事なす事全て裏目に出る帝国
    やだ、この世界の人類詰んでる・・・

    • ハムスケ=忠臣 より:

      帝国は空回りかな、全てアインズ様の掌の上だったんだ!!

      • 匿名 より:

        そんなアインズ様は(本人にその気はまったく無いだろうが)デミウルゴスの掌の上w

    • 匿名 より:

      竜王国はビーストマンに滅ぼされそうだし、聖王国はデミえもんの魔の手が迫ってるし。

      • ハムスケ=忠臣 より:

        王都でのデミウルゴスの話からするとゲヘナの改善版が聖王国を襲う見たいですね、竜王国は勇者(ロリコン)達の頑張り次第ですかね。

  2. 匿名 より:

    でも対ナザリック連合どころか守護者の誰かを裏切らせようと考えてるところまでデミウルゴスに見破られてる絶望感。

    • 匿名 より:

      皇帝が嫌いな女ベスト3がいる
      王国、竜王国、聖王国の3カ国は包囲網に参加する前に滅ぶかナザリックに付きそうな感じですからね。
      ナザリックに気を取られて焦せるあまり、
      本当の人類の敵(ビーストマンやトロール)国家と同盟結ぼうとしたりして・・・・・・。

  3. 匿名 より:

    流石はアインズ様

  4. 匿名 より:

    独裁にだけど、制度の良ささではサモンナイトの帝国みたいに整ってて、有能なら成り上がれるチャンスがデカイのがいいね。

  5. スケルトンメイジ(時給980円) より:

    Satsuki、higasii、クロル、燃える天空、ぷーりん、ルメス、カメムシ惜しむメカ、空、らた、水月、エミ、baba熊壱号、パパ、baek、オラクル、ハロハロ、ミケ

    「日々-おまけ」で名前を書き連ねていたコイツら、明らかにネトゲのHNだよねえ
    帝国側にもプレーヤーがいるワケだが彼らは一体何をしているのか・・・

    • ハムスケ=忠臣 より:

      ( ´_ゝ`)せつ子それプレイヤーちゃう、単なる読者サービスやで

  6. 匿名 より:

    皇帝が軍門に下り、自治を得て抵抗する者たちの説得とするも、統制できるか内紛自壊へと進むかは、生殺与奪を行うアインズ様の『ナザリック愛』で容易く方針を反故にする事実に接する事で、俎上に乗り座したままの状態と成り果てる。
    ナザリック経営の為と無事を約しても、王国の国民の虐殺をプロパガンダで流布されたら、真贋は別にアンデットとして立場は地に落ち、帝国の命運も共に地に落ちる。
    既にカツェ平野での”不必要な”虐殺は知れ渡っているでしょうし。
    クアゴアの様に隷従し生贄を甘受して差し出すのかな?。

  7. 匿名 より:

    10-439
    「帝国は魔道国に恭順し、属国となる」
    「先に周辺国家に知らしめ、既成事実を作る。」
    とジルクニフは言っていましたが
    12巻で聖王国が帝国属国化を知っている様に見えませんでした。
    帝国からだと聖王国は周辺国家では無いのかな?

コメントを残す