隠し番外編


 

隠し番外編
詳細
名前 隠し番外編
分類 番外編
Media
登場作品 web版の感想掲示板


概要
 隠し番外編とは、作者がweb版の感想掲示板において読者への返信と共に少しだけ書いたIFストーリーや物語の裏話のことであり、web本編には公開されていないためにスレッド住人達からそう呼ばれている。

 「Arcadia」に存在するものと「小説家になろう」に存在するものの、二種類が存在する。

 あくまでIFストーリーのため、一部の内容は本編と相容れないような物も含まれている。

 

詳細

Arcadia感想掲示板

□ [2878] 隠し番外編 1 (2011/Aug/28(Sun) 01:48 pm)


 夜半過ぎた遅い時間帯だが、アインズの部屋には煌々とした光が灯っていた。そしてその光の下、アインズは黙々と働いていた。それはアンデッドであるアインズは睡眠というものを必要とはしないためだ。そして何より疲労というものが無いため、幾らでも仕事をこなせるという事でもある。
 そんな室内にいるのは、アインズを除けばあとは戦闘メイドである、ユリ・アルファ、シーゼットニイイチニイハチ(シズ)・デルタ、ソリュシャン・イプシロンというこれまた睡眠を不用とする者たちだ。

 部屋にあった豪華な机の上に、幾枚かの用紙を広げ、それらをアインズは眺める。アウラから回ってきた、ナザリック外の避難所作成に係わる様々な資料だ。
 
「ふむ……」

 アウラに任せた計画の遂行率は非常に高く、順調に物事は進んでいる。現在では箱の外の部分はほぼ完成したという状況だ。
 これから、あとはどれだけの要塞化を進めるか。どれぐらい内装にこだわるかなどの中の部分に取り掛かる必要がある。
 そうなると宝物庫を開いて金銭を取り出し、色々と買い集める必要があるだろう。それとも宝物庫のデータクリスタルを取り出して、家具を自作した方が良いか。
 迷ったアインズは、報告書から目を離して、中空を睨む。

 要塞化を重視するべきか、避難所での生活を重視すべきか。せっかく作るのだから、両方を兼ね備えた別荘を作りたいものだ。

 アインズはそう考える。そうなるとデミウルゴスセバスという人物の知恵を借りる必要が出てくるだろう。しかしながらデミウルゴスは現在ナザリックにはいない。ならばこの場合はまずはセバスの調度品関係の意見を聞くべきだろう。
 しかし遅い時間でもあり、セバスを呼びつけるには少々気が咎める。だから雑談程度の気分で、アインズは戦闘メイドの代表者でもあるユリに問いかけた。

「そういえば、セバスはどうした?」
「はい。今日は16日ですので、アーニアの部屋で寝ているかと」

 するっとユリは答える。
 その答えに含まれたアーニアという名前に聞き覚えがあったため、アインズは記憶を探る。そして思い出したのは一ヶ月前、王都で拾ってきた女の1人の名前だ。
 アインズは僅かに笑った。

「……寝ているって何だ? あの女は1人では眠れないのか? 子供じゃあるまいし」
「――え?」
「まぁ、過酷な経験をしたからか? 1人では眠れないのも分からんでも無いな。もしなんであれば恐ろしい記憶は消してやっても良いのだがな」

 寛大な口調でアインズユリに笑いかける。アインズの魔法による記憶操作をもってすれば、1人で眠れるようになるだろうという優しさをもって。
 しかしユリは僅かに顔を引きつらせた。それから――

「失礼します、アインズ様」

 ペコリと頭を下げると、その場にいたメイドを全員アインズの部屋の隅に呼び集める。そしてぼそぼそと相談を始めた。

 一体何事だ。アインズはそう思い、耳をそばだてる。

「もしかしてアインズ様ってご存じない?」
「アンデッドだからそういう知識は無いのかもしれない」
「ボクもアンデッドなんだけど?」
「…………ユリ姉。シャルティア様がいる」
「あの方は例外でしょ。あれはちょっと行き過ぎ」
「ではどうしますか?」
「まずはお尋ねしてみましょう」
「でも直接的に聞くのは、あまりにもあれじゃ……」
「では間接的に。――アインズ様」
「なんだ?」

 ユリアインズに伺うように、部屋の隅から声をかけた。

「人間の赤ちゃんってコウノトリが運んでくるんですよね?」
「……」

 何を言ってるんだ。アインズユリをそういう眼で見る。元々アインズは言うまでも無く人間だ、ちゃんと性教育は受けているし、実戦経験だってある。
 しかしながらユリなりの冗談かと思い、アインズも同じように答えた。

「違うぞ。キャベツ畑で取れるんだ」

 その答えを聞いたユリソリュシャン。そして僅かにシズにすら、驚きのような表情が浮かんでいた。

「そ、そうでした。キャベツ畑でしたね……」
「間違えるなよ?」
「は、はい……」 

 その歯切れの悪い返答に、アインズは不安を抱く。
 戦闘メイドってそんな知識も無いのか? そうアインズは僅かに困惑し、性教育をしないと不味いのか。そんなことまでも考え出してしまう。
 教師役は誰を据えるか、流石に自分がやるのはイヤだな。そこまで考え始めたアインズはふと、あることを気付く。突然のユリにわけのわからない質問。

 もしかして寝てるってそういう意味か?

 この肉体になってから性欲というものはほぼ無くなった。そのためか、即座に気付くことができなかったのだ。さらに重ねてアインズは気付く。

「ちょっと待て? 『16日ですので、アーニアの部屋で』だと?」

 その言葉に込められた意味は明白では無いか。アインズ王都で拾ってきた女の数を思い出す。確か全員で8人だ。

「……1つ聞こう。セバスの相手は……日替わりで8人か?」
「はい。そのはずです。明日はジャネット、明後日はバーバラ……。順番は滅多には変わらないと思いますが?」
「…………」
アインズ様?」

 押し黙ったアインズユリは恐る恐る声をかける。
 そして噴火が始まった。

「くそジジィ! 何、ハーレム作ってんだ! どーせ、8人同時とかやったんだろう! ちくしょうが!」

 そこにあったのはぶっちゃけ嫉妬だ。性欲は無いし、アンデッドであるため大きな感情で動かされることも無い。しかしながらこの夜のアインズは違った。アンデッドだからといって妬ましいという気持ちまで完全に消えたわけではないのだ。

セバスを呼べ! ガツンといってやる!」
「は! はい!」

 慌ててユリが部屋から出て行く。

 こうしてナザリックにハーレム禁止令が出たり、シャルティアが慌てたり、デミウルゴスの取り成しがあったり、アインズがしょんぼりしたりと、色々な出来事が起こるのだが、それはまさにどうで良い話である。

□ [2965] 隠し番外編 2 (2011/Sep/04(Sun) 06:06 pm)

 

 ナザリック大地下墳墓、その宝物殿。

 無数の煌びやかな宝が眠り、金貨の海が存在する場所である。

 

 その中に1つの部屋があった。玄室とも言えるような無骨な作りであり、石でできた聖櫃のようなものが中央に1つ置かれている。周囲の壁には金貨を入れた袋が置いてあり、パンドラズ・アクターがそれの1つの中を覗き込んでいた。

 

 この部屋はナザリックの出費関係を管理する部屋だ。

 ギルドの本拠地はその大きさや備えなどに応じて、常時金貨を消費していく作りとなっている。例えば食料の自給自足率などもその一環だ。そしてそれはナザリック大地下墳墓とて例外ではない。しかし、基本的にナザリックは課金アイテムやワールドアイテム。さらには存在する出現するモンスターはアンデッドが殆どということもあり、出費は殆ど無いぐらいに抑えられている。

 しかし、それでも対外防御用の罠が発動した場合は、その発動したレベルに応じて金貨が消失することとなる。

 パンドラズ・アクターはそれの管理もこっそり行っていたりするのだ。

 

「金銭的にはまるで問題無しのレベルですね」

 

 ナザリックに対する攻撃を確認し、防御用の罠が発動したので急いで来たのだが、大したことではなかったようだ。いや、ワールドアイテムに守られているナザリックを、外からの攻撃で貫通しようということ自体無理なのだが。

 しかしそれでも第2防御結界まで突破するとは。何度か第1防御結界が反応していたが、その程度の力では意味がないと無視をしていた。

 

「……16層の結界の1つを突破できるとは……中々ですね。まぁ、防御結界を破った分だけ反撃は厳しいものになるのですが……さて、では結果を調べるとしましょう」

 

 パンドラズアクターは眼鏡をくいっと上げると、聖櫃を覗き込む。

 そこには色々なものがあった。鎧、剣などだ。もし知る者がいればそれが何か分かっただろう。スレイン法国の紋章が入っていると。

 

「鎧も剣も同じものですね。一品物は無しですか。……魔力は殆ど無し、ゴミですか……」

 

 パンドラ・アクターは聖櫃に入っていた装備品を取り出すと、どこからか出した袋に押し込んでいく。その袋はどれだけ入れても、大きさは一切変わらない。まるで四次元に吸い来れていくようだった。

 

「銅貨ですか……ふむ?」

 

 パンドラズアクターは1枚の貨幣をその長い指で取り上げ、天井からの光に晒す。

 

「磨り減っているところを見ると、使用済みですね。しかし……知らない貨幣です。これはそういった趣味を持っている人でなければ正確な価値はつけられませんね。アインズ様送りですね」

 

 そしてもう1つの袋を取り出すと、その中に放る。

 

「指輪……中には人の名前? 結婚指輪ですか? ……混ぜ物が多い……削っても潰しても価値はあまり無いですね」

 

 無造作に最初の袋に放る。そして一枚の布を取り出す。パンドラズ・アクターの顔の無い顔が引きつる。

 

「……女性用の下着」暫しの時間が開き、「……使用済み。……こんなものの値段なんか分かるわけがないでしょう」

 

 パンドラズ・アクターは2つ目の袋に放り込んだ。

 

「では、こんなものですね」

 

 あった全てのアイテムを分け終え、パンドラズ・アクターは満足げに頷く。それから金額未設定の品を入れた袋を持ち上げた。

 

「さて、アインズ様に値段を決めていただかなくては。持って行きますか」

 

 

 こうしてアインズが女性の下着を手に金額設定で悩むことになるのだが、どうでも良い話である。それを見たシャルティアアウラアインズがそういう趣味の持ち主かと勘違いするのも、本当にどうでも良い話である。脱ぎたてですとか言われて渡されたアインズがぶちぎれるのも、完全にどうでも良い話であった。

□ [3122] 読者に対するコメント返し (2011/Sep/29(Thu) 08:42 pm)

 

[2974]読者コメント 

性欲ないはずの骨が下着持って悩んでる→満たせない渇望を癒すためにコレクションしてる
と思われても仕方ないww

[3122]コメントに対する作者の返信

 右手にシャルティアのパンツ、左手にアウラのパンツ。二つあわせて合体魔法、メドパンツ!
 っていうのをやってエイトエッジアサシンに見られるアインズです。ちなみにこれがBADEND2です。

小説家になろう感想一覧

□ 2012年 05月 17日 (木) 14時 42分 への返信

※反転で見られます

丸山くがね [2012年 05月 27日 (日) 17時 35分 58秒]

 バッドエンドでのアー戦


 シィアは自らの視界が白く染まるのを見た。次の瞬間、自らがどこにいるのかが理解できなくなる。
 渦に飲み込まれた枝のように、揉みくちゃにされ、平衡感覚がうまく働かない。それが何かャルィアも理解できなかった。ただ白い光の中、激痛が襲いかかってくる。
 防御をしようとしても体が非常に重く、動かすのが難しい。だが、シャルィアは全身全霊をかけて動かす。これは不味いと理解できたためだ。
 全身を丸め、両腕で身を守るように庇う。


 それは極限の爆発。
 白い閃光が世界を染め上げる。
 轟音と爆熱。
 生み出された衝撃波が大地を吹き飛ばし、舞い上がった土砂がキノコの形を空に作る。
 超熱波による致死領域はキロメートル単位にも及び、その範囲内に存在し、今なお動く影はなかった。土煙が収まるにつれ、その凄惨な有様が明白となる。

 生きる者がいるはずがない、そんな中、土を払ってよたよたと立ち上がる者が1人。

「かぁ、かぁ、かぁ」


 すさまじい爆発によって生じた超高熱波の中にいたために、喉が焼け爛れており言葉がうまく働かない。いや、喉だけではない。全身は焼け爛れ、かつての美しさはどこにもなかった。髪を全部失い、まるで黒く焼けた棒のようだ。
 熱量での火傷以外にも、爆風によって全身に切り傷を負っている。
 左の視界は完全に閉ざされている。右目 はなんとか白濁しただけですんでおり、ぼんやりとだが像をかたどってくれる。体が傾げるのは、右腕を肩口から失ったためだ。ズタズタになったドレスが、見 窄らしい焦げた残骸となって体に張り付いている。その中にあってシャルィアの身につけた最高級のアイテムたちのみ、そしてそれに隠れた部分が無傷なのが 異様だ。

 全身から突き上げてくるような痛み。
 この痛みはまずい。
 この痛みはシャルィア・ブラッドフォールンを滅ぼすものだ。

「ああああああああ」

 思考が千切れになり、欠片が絶叫となって口から飛び出す。
 炎によるすべてのダメージを無効にする自分がなぜ、熱ダメージを受けているのか。自らの守りはどうして突破されたのか。無数の疑問が頭をよぎるが、そのほとんどが痛みと混乱によってかき消される。
 思考があちらこちらに飛び交う中、ただ1つだけが最重要事項として頭の中で警鐘をならしている。
 それは――これ以上ここにいることは出来ない。このままでいたら死ぬから撤退すべきだ、という内容。
 しかし、だ。
 しかしザリック大地下墳墓の守護者であるシャルィア・ブラッドフォールンが背を向けて逃げて良いのだろうか。はるかに劣るものたちに。
 それはザリックを、至高の41人の期待を――裏切る行為ではないだろうか。自らが死すとも、この下らない国を滅ぼすべきではないか。忠義と生存本能。2つがシャルィアの動きを縛る。
 ギギギギ――。
 シャルィアの口からきしむような音が漏れる。わずかに残った歯が擦り合わされ起こった音だ。

「かぁああ、くぃうう」

 魔法が発動しない。

「ぎがあああがっがっぐ!」

 憤怒。ありとあらゆることに対する怒りがシャルィアを染め上げる。



 ……この話が公開される日が来るのだろうか?

□ 2012年 05月 31日 (木) 21時 27分 への返信等 バッドエンドでのツアー戦について

 

追伸

 そうそう。

 あれは正確に言えばシャルティアVSアーグランド評議国の中盤終わり頃です。あれからまだ2戦ぐらいやってようやく決着です。

 タイトルを付けるなら『国堕』。なーんてね。

□ 2012年 06月 02日 (土) 07時 42分 への返信

 

没ネタ。こういうの本当は入れたかったんですけどね。

 

セバス様。そのうち友人を連れてきてもいいっすかね?」

「友人? それって誰?」

エンリちゃんっすよ」

「……人間?」

 

 眉を顰めたソリュシャンルプスレギナは軽い口調で嗜める。

 

エンリちゃんはアインズ様のお気に入りっすよ。あんまりそういう態度はオススメしないっす」

 

 ソリュシャンが即座に表情を元に戻す。

 アインズの名前は全てよりも重い。アインズが気に入っていると言うのであれば、ソリュシャンが不快な態度を示すことは決して許されない。

 

「でもその娘への寵愛が無くなって、殺すように命令されたらどうするの?」

「殺すっすよ?」

 

 当たり前じゃないというルプスレギナの反応を見て、二人のメイドも当然と頷く。

 

小ネタ

・Arcadiaの隠し番外編 1で出てくる「人間の赤ちゃんはキャベツ畑で取れる」というセリフは、主にヨーロッパなどで広まっている言い伝えである。


                 

21 Responses to 隠し番外編

  1. 名無し より:

    記事作成大変感謝!!
    何故か、セバスとパンドラズ編しか読めなかったので助かりました。
    大変お疲れ様でしたm(__)m

  2. 名無し より:

    感謝!!
    とても助かりました!!
    お疲れ様でしたm(__)m

  3. 匿名 より:

    「Sugar and spice and all that’s niceルート。もしくはモモンガさんラノベ主人公っぽいルート。」はここには含まれないの?

  4. 匿名 より:

    自分のようなオーバーロード素人にとっては
    こういう記事は本当に助かります。
    ありがとうございます!

  5. MARO より:

    有難うございますやっと読めました

  6. 匿名 より:

    パンドラですら反応に困る脱ぎたてパンツの威力

  7. キンクマハム助 より:

    やっぱ行き過ぎですってよ
    ペロロンチーノさん(ーー;)

  8. 匿名 より:

    がーるずとーくって何処で買えるんですかね…気になる

    • 匿名 より:

      10巻付属の再録なら某県のとらのあなで1週間前にまだ付属してるのを見かけたな。

      • 匿名 より:

        あり…う…ごさ…ます
        古書店かお持ちされてる方に拝見をお願いする感じですかね…

  9. 匿名 より:

    なろうの方の活動報告を楽しくお読まさせていただきました。
    ……アルベド並みに暴走する丸山先生を慈愛と親愛をもってスタッフアインズウールゴウンでぶん殴りたくなる私は悪い子なんですかね…

コメントを残す