オーバーロード7 大墳墓の侵入者


オーバーロード7 大墳墓の侵入者
詳細
名前 オーバーロード7 大墳墓の侵入者
分類 ライトノベル
作者 丸山くがね
イラスト so-bin
発行 株式会社KADOKAWA
出版社 エンターブレイン
初版発行 2014年9月11日

大墳墓から轟く絶叫


概要
 『オーバーロード』書籍版第7巻。

 期待と欲望に目を輝かせた”ワーカー”の集団が未知なる遺跡――地下墳墓へ踏み込もうとしていた。
  闖入者は、少数精鋭の“フォーサイト”、歴戦の戦士が揃う“ヘビーマッシャー
  伝説の老公“グリーンリーフ”、不敗剣士によるワンマンな“天武”
  生贄を絡めとるがごとく、次々と姿を現す大墳墓の住人たち。
  悪夢のようなナザリックから生還することはできるのか? できない。

ストーリー
Prologue

 ゲヘナでの功を労い、守護者達をねぎらうアインズ。その中でナザリックの行動指針がいつの間にか世界征服になっていたことを知り、当初の「どこかの国の下につき、名声を広める」というプランを捨て、「国を打ち立て、名(悪名かもしれないが)を広める」というプランが実行されることとなる。

1章 死出への誘い

 アインズナーベラルはとある目的のため、”漆黒”のモモンナーベに変装して帝都へと潜入していた。
 同じ頃、帝国のワーカー…ドロップアウトした冒険者の”フォーサイト”は一つの依頼の調査を行っていた。それは「王国の謎の墳墓を調査する」というもの。依頼の内容はかなり不審だったが、破格の報酬に釣られ一行は依頼を受けることを決定する。

2章 蜘蛛に絡められる蝶

 依頼を受けることを決めたワーカー達が集結する。その顔ぶれは少数精鋭の“フォーサイト”、歴戦の戦士が揃う“ヘビーマッシャー”、伝説の老公が率いる“グリーンリーフ”、不敗剣士のワンマン経営“天武”。冒険者ならミスリル級に匹敵する一同だったが、馬車の警護として付いてくるモモンが模擬戦で“グリーンリーフ”のパルパトラ相手に見せた圧倒的な力に揃って驚嘆するのだった。
 ワーカー達はモモンを信頼し、ナザリック地下大墳墓へと侵入していく。それがナザリックのブレーン、デミウルゴスが企てた計画だとも知らずに。

 時間はかなり戻り、モモンナーベ帝国へ来たばかりの頃。帝国の首席魔法使いフールーダ帝国魔法省の地下でデス・ナイトの支配を試みていた。しかし支配には失敗し、そこにモモンが訪れる。

3章 大墳墓

 最初の探索で墳墓が宝に溢れていることが分かり、喜び勇んで地下へと潜るワーカー達。そんな中、何かに不安を感じた“グリーンリーフ”の一行は地表に留まることを選ぶ。しかしだからと言って逃がされる訳もなく、戦闘メイドプレアデス率いるナザリック・オールド・ガーダーの襲撃を受け、最初の被害者となった。
 地下へと潜った一行もナザリックの莫大な戦力の前に翻弄されていた。恐怖公の眷属であるゴキブリの群に食われ、ニューロニストに捕獲され、ハムスケ武技の実験台にされ、その命を次々と散らしていく。

 その頃、世界のどこかで八欲王のギルド武器を守る「真なる竜王」、ツァインドルクス=ヴァイシオンリグリットと会話を交わし、”ユグドラシル”由来のアイテムの調査を依頼していた。

4章 一握りの希望

 最後に生き残ったチーム”フォーサイト”は闘技場へ転送させられ、アインズの戦闘の実験台にされていた。そんな中でリーダーのヘッケランが「アインズの仲間から『アインズによろしく』と言われて来た」と嘘をついてしまい、アインズの逆鱗に触れてしまう。一行は最も慈悲深い殺害から、最も残酷な生きたまま餓食狐蟲王の巣になるという処分まで程度の差はあれ、誰一人生きて帰ることはできなかった。

 ワーカーの全滅を確認したアインズだったが、ヘッケランから仲間の存在を語られて動揺した事もあり、アルベドが提案した「至高の四十一人を探すチームを作りたい」という提案を許可する。ルベドまで含めた過剰すぎる戦力に多少は疑問を覚えたものの、アインズアルベドの真意に気付くことはなかった。

 時間はまた戻り、モモンナーベフールーダの下へ訪れた頃。フールーダモモンアインズの圧倒的な魔力に平伏し、自身の全てを差し出してでも教えを乞うことを願っていた。そんなフールーダアインズは生贄、すなわちワーカーをナザリックへ送ることを命じていた。
 そして時間は流れ、ワーカー全滅の報が帝都へと届いた頃。皇帝ジルクニフは腹心たるフールーダが裏切っていることに気付かず、彼の提案通りにワーカーをナザリックへ送り込んだ効果について議論をしていた。そこへ突如としてアウラマーレがドラゴンで乗り付け兵士を殺戮。ワーカーを送り込んだ主犯が自分達であることがなぜ発覚したのか分からないまま、ジルクニフは謝罪のためにアウラマーレと対談を行うことになる。

Epilogue 

 ”フォーサイト”のマジックキャスター、アルシェは没落した貴族の長女だった。しかし両親は浪費癖を止めず、それをアルシェが必死にワーカー稼業で支えていた。そんな家でアルシェの幼い妹二人は大好きな姉が帰ってくるのを待っていた。いつまでも。

キャラクター紹介

書籍版とweb版の違い

書籍版 web版
デミウルゴスなどの提案で国家建国&世界征服ルートに突入する。 アインズの判断で目標が英雄から神話へと変わり、帝国の下に付き暗躍するルートに突入する。
フールーダがこっそり帝国を裏切り裏で糸を引く。 (もう少し後の話になるが)フールーダは堂々と帝国を裏切る。
パルパトラが年老いた老獪な戦士となっており、”グリーンリーフ”の名で呼ばれている。 パルパトラが20台半ばの凡庸な戦士となっており、『鉄壁』の名で呼ばれている。
パルパトラの一行は陵墓でプレアデスと遭遇する。 ナザリックにログハウスが作られており、そこでパルパトラ達はプレアデスと遭遇する。
エルヤーの相手はハムスケが行う。 エルヤーの相手は吸血鬼化したブレインが行う。
ヘッケラン餓食狐蟲王の巣になる
イミーナ→餓食狐蟲王の巣になる
ロバーデイク→実験に利用される
アルシェ→死亡
アルシェの妹→数ヶ月後には死亡してるんじゃないでしょうかね
ヘッケラン死亡
イミーナ→死亡
ロバーデイク→実験に利用される
アルシェシャルティアのペットになった後、第6階層で平和に暮らす
アルシェの妹→成り行きでアインズに助けられ姉と一緒に暮らす
帝都にアウラマーレが脅迫に向かう。 ジルクニフが自主的にナザリックへやって来る。


小ネタ

  • web版ではワーカーに対する依頼が「ナザリック大地下墳墓の調査」となっており、ナザリックの名前がはっきり出ている。(侵入者-1)
  • web版でのアルシェの運命は連載当時に掲示板で意見を募り、そこから作者が多数決で決定していた。

                 

15 Responses to オーバーロード7 大墳墓の侵入者

  1. nigun-love@管理人 より:

    ざっくりまとめてみましたが、どうでしょうか?
    あと書いていて初めてパルパトラが書籍化で全く違うキャラになっていたことに気付きました。
    web→書籍という順番で作品を読みましたが、改めて書籍→webと読み直すとまた新しい発見がありますねー

  2. nigun-love@管理人 より:

    指摘感謝!
    さっそく修正しましたー

  3. nigun-love@管理人 より:

    アルシェの情報、目的のweb版と書籍版の違い追記しました!
     
    フールーダ関係の情報はどうまとめようか迷いましたねー
    時系列で見た方がストーリーは分かりやすいかも…

  4. 086 より:

    殺される前にアルシェに自分たちの全財産を引き出せる鍵を渡して逃がそうとするロバーデイクとイミーナのシーンは屈指の名場面。

    7巻は帝国編の序章なので、アニメ第二弾があるとすれば王都編終了の6巻までになるのではないかと予想します。

  5. 匿名 より:

    最近の流れですとざんこくなしーんは

  6. 匿名 より:

    アニメによっては残酷なシーンが多い物もありますよ
    ただ本編だと暗くなって分かりにくくされていますが

    オーバーロードは残忍無慈悲な内容が受けて人気になったので、U局なら恐怖公まではいけそうです
    それ以降はカットかDVD特典…にはならないか

    • 匿名 より:

      まさか制限のせいでアルシェが生存できなかったとかないよね

      • 名無し より:

        多数決らしいですが…
        まぁ、トラぶるや新妹魔王とかアニメ化できたほどですし、Web版程度は放送できそうですが…いかに(^^;

      • アインズによろしく より:

        元々生存ルート自体がオマケみたいなものですからね。
        webでもあそこで死ぬのが当初の予定だったんでしょうし、書籍ではwebで断念した結末をやってみたんじゃないでしょうか。

  7. 名無し より:

    表現がエルフェンリートやテラフォーマー並に残酷な部分が有りますからな~(^^;
    あれらも良い話なのですが…暗くなったり、光が入ったりは仕方ないかと。
    複雑ですが…
    スタッフの方々は偉大ですね。(^^;

    • ハムスケ=忠臣 より:

      ヽ(・∀・)ノアニメ化したら恐怖公と眷属は作画担当さんがきっと凄い頑張ってくれるでしょうね

    • 匿名 より:

      テラフォーマーで思い出したけど
      エントマにとっては楽園ですな!w

      • 匿名 より:

        いやいや、エントマは恐怖公の部屋で眷属をおやつ(グリーンビスケット)にしていますが、グリーンビスケットよりは人間の方が好きみたいですから、楽園ってほどでは無いのでは?

        • 匿名 より:

          勘違いされているようですが、グリーンビスケットは眷属ではありませんよ。グリーンビスケットは人間の・・・・・(ヒント:映画「ソイレントグリーン」)

  8. 匿名 より:

    7-334〜7-337
    アインズがロバーに質問しながら自分の考えを話してますが
    時間を止めた後に話すと説得力がありますね。
    突拍子もない考えでも神の領域に立つ存在が言えば真実に聞こえる。

コメントを残す