死者の大魔法使い(エルダーリッチ)


死者の大魔法使い(エルダーリッチ)
b15b4793-s
画像はイグヴァ=41
詳細
名前(書籍版) 死者の大魔法使い(エルダーリッチ)
名前(web版) 死者の魔法使い(リッチ)
種族 アンデッド
レベル 22
Media
登場作品 web版
書籍版
アニメ版

「墳墓の主か!」

──死者の大魔法使い(エルーリッチ)を見たグリンガムの反応

概要
 死者の大魔法使い(エルダーリッチ)はモンスターの一種である。

 骨と皮だけのような体を豪華なローブで覆い、片手にはねじくれた杖を持ったアンデッド。腐敗し始めた顔は邪悪な叡智が宿り、体からは負のエネルギーが靄のように立ち上っている。

 ”ユグドラシル”においてはモンスターとして出現した他、スケルトン・メイジのクラスから「死者の本」というアイテムを使うことで転職できるクラスでもあった。
 転移後の世界では邪悪なマジック・キャスターが死んだ後、その体に負の生命が宿って生まれるモンスターとされており、強力なマジック・キャスターとして広くその名を知られている。

 web版では死者の魔法使い(リッチ)と多少名前が違ったが、大人の事情(4巻作者雑感)によって書籍化にあたり名前を変更された。

種類


強さ

 素の強さは冒険者が戦うとすると、プラチナ級では少々厳しく、ミスリル級なら勝算十分というもの。転移後の世界においてはかなり上位のモンスターで、特に《ファイヤーボール/火球》を連射できるという点で恐れられている。
 アンデッドとして寿命が無いので、魔法を習得できる環境が整えば「いつかは全ての生命を滅ぼす存在になり得る可能性もある」と言われているが、”ユグドラシル”の基準で言えばPOP(自動湧き)する雑魚モンスターの一種である。
 また、マジック・キャスターの常として遠距離には強いが近接戦闘は不得意らしい。

使用魔法

  • 《ファイヤーボール/火球》
  • 《ライトニング/電撃》
  • 《マジック・アロー/魔法の矢》
  • 《スケアー/恐慌》
  • 《サモン・アンデッド・4th/第4位階死者召喚》

 

登場個体


小ネタ

  • クレマンティーヌアインズが強力なアンデッドだと知り、エルダーリッチだと勘違いしていた。
  • どこかに「アンデッドのマジックキャスター」で構成される組織があることがデイバーノックの回想で語られている。ズーラーノーンとの関係性は不明だが…。
  • 登場するたびに現地勢から「これほど強力なモンスターが何体もいる訳がない」「おそらく◯◯に違いない」と過大評価を受けるのが通例になっている。


画像


                 

30 Responses to 死者の大魔法使い(エルダーリッチ)

  1. nigun-love@管理人 より:

    モンスターとしてのエルダーリッチの記事も作ってみました
    ところで俗称として知られていた「贋金持ち」って何か元ネタがあるんですかね…
    ドラクエのゴールドマン的な金稼ぎ用とか?

    • 086 より:

      お疲れ様です。
      Lichの発音がRich(裕福な)と似ているからではないかと思っています。

      エルダーリッチはあとアウラのナザリック(表)の建設現場でゴーレム相手に監督をやってましたねw(4-100)

      • nigun-love@管理人 より:

        情報感謝、追記しましたー
        しかし「リッチ」と言えばいいところを「贋金持ち」と言い直したら名前むしろ長くなってますよねw

        リッチばかり狩ることを「贋金マラソン」「親父狩り」とか言ったのかなー

        • 匿名 より:

          「リッチ」という名称は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の商標に抵触する恐れがあるから避けたんじゃないかな?
          『ソード・ワールドRPG』では使えなかったらしいし。

          • 匿名 より:

            リッチ自体は古代英語で「死体」って意味だったのが後の創作物を通じて不死の魔術師、アンデッドの王の意味を持つようになったもの。
            上の方も書いてあるように『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の商標に登録されている為に書籍化に当たってエルダーリッチに変更されてもいるなどこの作品も影響は少なからず受けているよ。
            贋金持ちってのはLich(死体)であってRich(金持ち)じゃないっていう皮肉が定着したものなんじゃないかな。

  2. 匿名 より:

    そういえば、司書以外全然登場してないけどエルダーリッチの亜種って量産してないのかな?
    どんな魔法使えるのかとか、結構気になるので登場してほしいんだけどなー

    • 匿名 より:

      アウラの建設現場のエルダーリッチ達が鮮やかな真紅のローブを着用していたので、もしかするとこれが赤の贋金持ちなのかもしれません
      普通は「豪華な-しかしながら古びたローブ」ですよね

      • 匿名 より:

        登場個体のPOPの説明に「トブの大森林でアウラの作業を補助している」ってなってますね・・・
        あれがPOPモンスターってどこかに表記されてましたっけ?

  3. 匿名 より:

    原作で非実体系のモンスターの詳細能力説明ないけど予想はできる
    少なくともザリュースが4-28で非実体モンスだから魔法武器以外の攻撃を無効化するって言い方してるから基本的に物理無効なハズ
    同じく非実体系の星幽体も5-348現実世界での攻撃を完全に避けるって言い方されてるから無効化できるハズ
    エルダーリッチに関しては今までてきた非実体系モンスターに共通する特徴である半透明なこととデフォルトで飛行が可能なことがエルダーリッチの特徴として出てないから非実体系でないと思う
    さらに言えばアインズのエルダーリッチの種族スキルにそれらしい物ないしイグヴァの見た目や侵入者編のワーカーの様子やイグヴァ戦での描写を見る限り非実態系の描写が0

    • 匿名 より:

      どこを見てエルダーリッチを非実体のモンスターだと少しでも疑問に思ったのか謎すぎるわw

      原作読めばエルダーリッチがスケルトンメイジの上位種でオーバーロードの下位種のスケルトン系モンスターだとでしょ?

    • 匿名 より:

      100%原作を読んでないような気がしてならないけど
      庇護するならアレじゃね?
      炎の精霊って言われて実態を持つFFイフリートを思い浮かべるか
      ハウルの動く城のカルシファーみたいな喋る現象を思い浮かべるかみたいな?
      リッチって思い浮かんで半透明な死神的なにが連想されたんだろ

      • 匿名 より:

        リッチを霊体であると設定してるファンタジー作品やゲームは確かに多い。実体かつ霊体とする作品もある。
        魔法使いであったため霊界とのつながりが深いとか王族だったため玉座や宝剣などに宿る幽霊のように描かれやすい。

        通常物理攻撃は効かないのが一般的だがオーバーロードでは殴って倒すことに驚いた。リッチ戦は前衛はただの壁でしかなく魔法戦になって苦労する。

    • 匿名 より:

      なにも他の項目にまで飛び火させることなかろう
      飽きるまでほっとくのが吉

    • 匿名 より:

      エルダーリッチは、4巻のイグヴァや6巻のデイバーノック、7巻のナザリックPOP個体など、オバロのモンスターの中ではかなり出番が多い方だけど、幽体(非実体)である描写は一切ないよね
      web版のモモン(アインズ)もジエット君からエルダーリッチ(リッチ)だと思われてるけど、彼の考えの中でも特に幽体(非実体)であるとされてなかったし
      ここまで非実体である描写がないところを見ると、非実体の要素はないことはほぼ確定だと思う

      まあ、アニメにはエルダーリッチが出てこないから、TRPGなどオバロ以外から幽体とかの設定を引っ張って来たんだとは思うけど、オバロではそういう設定は特にないよねぇ

      • 匿名 より:

        なんのスキルも魔法武器も使用してないセバスにバラバラにされてたな不死王さん

        • 匿名 より:

          不死王()さんもセバスに殺されずに何百年、何千年と生き永らえてたら
          いつかオーバーロードになったんだろうか?

        • 匿名 より:

          根拠はないですが多分無理なのでは?人間ではlv30くらいまでが限度ですし不死王さんにも種族関係で多少優遇されてても限界がありそう……アンデッド系の種族で低レベルのプレイヤーならlv100までいけそうですがデイバーではよくてlv40~50くらいですかね?

          • 匿名 より:

            同じくアンデッドのイビルアイがレベル50くらいのようですから、恐らくそのあたりで限界でしょうね

          • 匿名 より:

            どっちも数百歳に過ぎないし、位階魔法が有効化されて600年しかたってないから位階魔法有効化後組が1k歳とか越えてくると行けたりするかもなんじゃない?

            一応若手のアウラも700歳だっけか(の設定)だし

          • 匿名 より:

            打ち間違いだと思いたいけどアウラは七十代ね

          • 匿名 より:

            イビルアイのレベル50代っていいうのは
            単純なアンデッドのレベル限界というより
            人間時代のレベル限界(英雄級)+吸血鬼のレベル
            という内訳のようだし
            吸血鬼ブレインのレベルについても
            人間時代の職業レベルを取り戻せるような記述があるので
            最初からアンデッドとして生まれたイグヴァの限界とは
            同列に考えられないかもしれない

        • 匿名 より:

          現地民はユグドラシル仕様におけるクラスの最低取得レベルなんかを大胆に無視してたりするから案外オーバーロードにもなれるかもしれないね

          でもモモンガ様やナザリックのオバロ達とはとてもじゃないけど同種族とは言えないほどに実力は隔絶してそう

      • 匿名 より:

        アニメ版でも、モモンの素顔(=アインズ)を見たクレマンティーヌが、
        エルダーリッチと誤認するセリフはありましたし、
        外見的にはオーバーロードと大差ないであろう事は想像できますね

        同じシーンの書籍版では、はっきり
        「その外見にクレマンティーヌは心当たりがあった。(2-355)」という地の文が書かれていますし、
        “オーバーロード”という種族を知らない者にとっては、
        エルダーリッチと見間違えて当然な程度には似た外見なのでしょうね

        • 匿名 より:

          傭兵団に人間のフリをして入団する奴がいたり、書庫で本の管理をするやつがいたり、挙句の果てには鯖折で女を抱き殺すやつもいる(これは違うかw)
          これらを見る限り、オーバーロードの世界ではエルダーリッチは幽体ではなく実態を持つアンデットでしょうね

          特に上の方も指摘していますが2巻355ページでクレマンティーヌがアインズを見て「心当たりがあった」と注訳までつけてエルダーリッチと勘違いしているのでやはり実体のあるアンデットなのでしょう

          • 匿名 より:

            転移後の世界では自然発生するようですが
            アインズ様のステと8巻の司書長達の記述を見るに
            スケルトンメイジ→エルダーリッチ→オーバーロードとクラスチェンジしていくようですね
            アインズ様の種族レベルにまだ10レベルほど空きがあるので、エルダーリッチとオーバーロードの間にまだ一つくらいクラスがありそうです

          • 匿名 より:

            書籍では出てきていませんが
            web版の「設定」ではその間にデミリッチが入ります。
            ※下の種族のうちweb版のリッチ=書籍のエルダーリッチ

            >アインズはスケルトン・メイジ(種族)15lv、リッチ(種族)10lv、
            >デミリッチ(種族)5lv、オーバーロード(種族)10lv、(以下略)

      • 匿名 より:

        なにをもって一般的なリッチの設定とするかだが、ちょいとD&D3.5eのリッチの設定を調べれば、非実体じゃないしアインズの設定そっくりな事ぐらい分かるだろ

  4. 匿名 より:

    ユグドラシルってモンスターの描写に制限あったのかな?
    作中で「腐り始めた顔~」って表現が出てくるけど、これを本気でリアルに作ったら、恐怖公どころの騒ぎではないブラクラだよね。虫はOKだけど死体は18禁だから駄目とかだったのかな。

  5. トム・ヤン より:

    アニメでは建設現場のエルダーリッチは普通に黒いローブ着用してましたね
    やっぱり真紅のローブだとエルダーリッチだとわかりにくいからですかね

  6. ほむほむ より:

    レイスとリッチ間違えてる?

コメントを残す