元オリハルコン級冒険者チーム


元オリハルコン級冒険者チーム
詳細
名前 元オリハルコン級冒険者チーム
リーダー ボリス・アクセルソン
所属 リ・エスティーゼ王国
レエブン侯配下の親衛隊
Media
登場作品 書籍版

『――我々は一体何を相手にしているのですか?』   


概要
 引退したミスリル級以上の元冒険者によって編成された選りすぐりの精鋭部隊であるレエブン侯の親衛隊の中でも、最大戦力を誇る5人の元オリハルコン級冒険者からなるチームである。web版では未登場。
 全員が平民出身であり、現役時代は王国平民の希望の星として知名度が高かった。

 八本指掃討時にロックマイアーを含む4人がクライム班へと貸し出され、その時の縁によってロックマイアーはクライムブレインと共に救出隊に加わる事となる。

 カッツェ平野の戦いでは、レエブン侯の配下として従軍。親衛隊としてレエブン侯と共に地獄ともいうべき状況に対応するが、最期はレエブン侯が逃げる時間を作るために黒い仔山羊に向かって行き、生死不明となった。
 彼らの行動によって黒い仔山羊の足を、一瞬でも遅らせる事が出来たどうかは分からない。それでも結果的にレエブン侯の命は助かった。

強さ
 十分に活躍する機会もなく退場してしまったため、チームとしての強さを発揮する事は出来なかった。
 彼らの中で際立った描写は、メンバーの一人が天才のみ使用できる武技〈不落要塞〉を使ったことである。誰が使ったのかは残念ながら分からない。

 唯一クライムと行動をともにしたロックマイアーは、元オリハルコン級に恥じない働きを見せることが出来た。彼の活躍から往年のオリハルコン級の称号が伊達ではない事を推し量るしか無いだろう。

メンバー

ボリス・アクセルソン 火神の聖騎士。チームを率いるリーダーであり、邪悪な者に強いイビルスレイヤー。享年41歳。
ヨーラン・ディクスゴード 風神の神官。戦士としても戦えるウォープリースト。享年46歳。
フランセーン 踊る武器を使った4刀流戦士。最も空気。享年39歳。
ルンドクヴィスト 自身の名入りの新魔法をいくつか開発した魔法使い。享年45歳。
ロックマイアー 『見えざる(ジ・アンシーイング)』の二つ名を持つ盗賊。件の王都での活躍によって知名度急上昇。斥候から潜入、果ては戦闘支援まで活躍の場は多岐に渡る。突然現れた六腕ゼロにも素早く反応して見せた。享年40歳。


小ネタ

  • 作中で実際に活躍したのはクライムたちと関わったロックマイアーのみ。他のメンバーは少しばかりのスキル、魔法、武技を使用するだけで退場した。(特にフランセーンに至っては、1行の紹介文の他に明確な描写が全く無い)
  • レエブン侯にソウルイーターの危険性を伝えたことで、侯はいち早く撤退を決断したが、右翼にある自陣への移動や撤退準備をしているうちにアインズの超位魔法が炸裂した。全ては遅すぎたのだ・・・。
  • 現役時代のチーム名は明かされていないため、呼称は作中と同じく『元オリハルコン級冒険者チーム』としておく。明かされないまま退場した事から、今後も明かされることはないだろう。
  • ちなみに書籍版9巻までの間に、引退した冒険者チームの名前が判明している例は無い。他に元オリハルコン級冒険者チームが登場したら、『レエブン侯配下の全滅した方の元オリハルコン級冒険者チーム』などと区別する事になるのだろうか・・・。
  • 作者によってwebの雑感に、彼らの突撃がレエブン侯の生存に対して全く意味を成していなかったことが示された。知らないほうが幸せな事ってあるよね・・・。

                 

22 Responses to 元オリハルコン級冒険者チーム

  1. 名無し より:

    作成感謝!!\(^^)
    お疲れ様でしたm(__)m

  2. 宝物殿中でござる より:

    この人達はかなりの不運、なにしろ作者自身が
    ”黒山羊の足止めになってない”って明言してますから
    偶然、アインズがガゼフを見つけて黒山羊を止めたので
    レエブン候が助かっただけという救いようの無い結末が
    物悲しい

    • 匿名 より:

      自分はそうは思いません
      というのも、そもそもアインズ軍の脅威を最も正解に近い形で認識させた事で撤退を決断させましたから
      彼らがいなければ撤退は間違いなく遅れており、その場合レェブン候を含め今以上に被害が出たはずです
      戦術レベルでの力は発揮出来なかったですが戦略レベルで言えば王国軍のMVPといってもいいのではないでしょうか

      • 宝物殿中でござる より:

        成る程、確かに撤退時期が早まった功績は大ですね
        レエブン候は最も戦場で失ってはいけない部下を失いましたね

    • nigun-love@管理人 より:

      記事作成お疲れ様です!
      なるほど…言われてみれば確かにアインズ・ウール・ゴウンの危険さを見抜いていたのはガゼフとこのチームくらいのものでしたね。
      そういう意味では最高の活躍をしたと言えるでしょう
      でも、もっと活躍を見たかった…

  3. 匿名 より:

    危険を見抜いたのはともかく記事の
    彼らの行動によって黒い仔山羊の足を、一瞬でも遅らせる事が出来たどうかは分からない
    ってのは作者本人に足止めできてないって明言されてるし修正で良いんじゃない?

  4. 匿名 より:

    ロックマイアーも亡くなったんだっけ?

  5. 匿名 より:

    書籍版ではレエブン侯は生きてるし、
    死体蘇生して再登場してくれることを期待してる

    ・・・ミンチになってそうですけど

    • 宝物殿中でござる より:

      非常に残念なお知らせです
      王国で蘇生魔法が使える人物は
      ラキュース・アルベイン・デイル・アインドラその人だけです
      彼女は戦争に参加してませんので王都リ・エスティーゼに居ます
      あと復活させる者のレベルに対応した財宝も必要となりますし
      その上帝国には蘇生魔法を使える者は皆無です
      スレイン法国には蘇生魔法が使える者が複数いますが
      この戦場に来ているとはとても思えません
      なので死体は何も状況を知らないナザリックが回収し
      デスナイトかエルダーリッチにされてしまうのが落ちでしょう
      身も蓋もない返答ですいません

      • 匿名 より:

        回答ありがとうございます
        やっぱり再登場は無さそうですね(´・ω・`)

        七万体のきれいな死体があるのに
        グチャグチャの死体をわざわざ回収するのかとも思いましたが
        アインズ様なら全て有効活用してそうですよね

        • 匿名 より:

          アンデッド作成は一日の使用回数制限があるけど中位アンデッドの時点で王国最強と互角だから一日たつごとに王国最強クラスが12体、魔神クラスが4体も増えていくと考えると現地勢(カルネ村除く)にとって脅威以外の何者でもないでしょうね

          まぁ中位アンデッド作成能力を持つのがアインズ様だけとは考えにくいのでもっと増えるんでしょうけど

          • 匿名 より:

            たしか人間を媒介にした場合は中位アンデッドの中でも弱いもの(レベル40)までしか残りませんよ。
            それ以上のレベルだと時間の経過で消えるはずです

            レベル40+アインズ様のスキルによる強化だと、魔神クラスかもしれませんが

      • 匿名 より:

        >復活させる者のレベルに対応した財宝も必要

        これはNPCの蘇生とゴッチャになってない?
        NPCはレベルに応じた金貨が必要。
        蘇生魔法は少なくない金が必要だがレベルに応じてとはWEBでも書籍でも無かったはず。
        D&Dの影響を考慮するなら固定金額の可能性が高い。

    • ももんさま… より:

      自分的には魅力を感じているところなのですが、オバロは結構ドライに退場させてしまいますからね。
      今後も「なんかモブとは言えない扱いになってきたな?」なキャラ(特に人間種!)は要注意かもしれませんw

      • 宝物殿中でござる より:

        カルネ村を除く
        ラナーとクライム、あと一人以外の人類は
        死亡フラグ立ったと思っていいのでは?

  6. 匿名 より:

    死体がすぐ近くに無いと蘇生魔法発動出来ないらしいから、
    アインズ達に回収されてたらもう無理なのかな。

    • 匿名 より:

      回収されてなくても判別不可能になってそうだしね
      はっきり判別できないと大金使えんだろうしそもそも回収自体魔導国の領域になりそうだから手を出せんでしょ

コメントを残す