ブルムラシュー侯


ブルムラシュー侯
詳細
名前 不明
通称 ブルムラシュー侯
最低のカス
裏切り者の屑
性別
種族 人間
所属 リ・エスティーゼ王国
国王派閥
役職 リ・エスティーゼ王国侯爵
六大貴族
年齢 40手前
領地 リ・ブルムラシュール周辺地域
Media
登場作品 web版
書籍版

「・・・・・・同じ場所を指定してくるとは、帝国の侵攻も例年通りということかな?」

概要
 リ・エスティーゼ王国において、1つぐらいの分野においては王を凌ぐといわれる、六大貴族に数えられる侯爵位の貴族である。
 領内に金鉱山とミスリル鉱山を持ち、国王をも凌ぐ王国第一位の財力を持つ。

人格
 年齢は40手前。書籍版ではそれなりに顔立ちが整った男で、web版では細身で温和な顔立ちの男となっている。宮廷で最も豪華な服装を身に着けることから、王国内において彼より豪華な服を身に着ける人間は居ないだろう。

 カネに対する欲の深さは噂になるほどで、金貨1枚で家族すら裏切るという悪評が立つほど。実際情報を帝国に売っているため、レエブン侯らは彼を重要な情報から遠ざけるように配慮している。

人間関係
レエブン
「・・・(最低のカスはここにいるぞ!)」

小ネタ

  • web版では言動から忠誠心の無さがにじみ出ており、その点を幾人かの貴族が気にしていた。書籍版では迂闊な言動をする描写が無いため、腹黒い印象がより強くなっている。
    (単に書籍版の視点となっているガゼフが気付かなかっただけ、という可能性もあるが) 


画像


                 

15 Responses to ブルムラシュー侯

  1. 匿名 より:

    記事作成おつかれさまです。

    金鉱山はナザリックに狙われそうですな(笑)

  2. 名無し より:

    作成感謝!!
    お疲れ様でした。m(__)m
    ラナー殿下にも目を付けられてるかと…
    生きてても逃げ場がない貴族No.1!!

    • 宝物殿中でござる より:

      皇帝はブルムラシュー侯を通じてナザリック包囲網を
      構築するように行動するでしょう
      ラナーはそれを察知してデミウルゴスに通報
      ナザリックは大義名分を得て帝国へ侵攻となりそうですねぇ
      但し、ブルムラシュー侯がカッツェ平野の戦いで
      生残っていればですが…

      • 匿名 より:

        それはあり得る展開の一つですね。今後、魔導国は名目上の大義名分を作りながら周辺国を征服していくでしょうから。

        • 名無し より:

          逆に生き残っても吊し上げ確定の救いのない貴族No.1…大貴族なのに何で…(T_T;)
          いや、自業自得なんですか…
          利用価値それ以外にも有るような、人脈とか商いとか…(^^;

          • 匿名 より:

            この人って領内に金鉱山とミスリル鉱山を持ち、国王をも凌ぐ王国第一位の財力を持っているから、どっちか片方をアインズ様に差し出せば優秀なスポンサーとしてあまりひどい目にあわないかも。シャルティア復活させるのに金貨5億枚も必要だったから、金はどれほどあっても困ることはないはずだしな
            それに帝国とつながっているから、逆に帝国の情報をナザリックおよびアインズに売る逆スパイになるかもな。あの超位魔法の威力を知ったら帝国よりもよほどヤバイ相手だとわかったはずだしw

  3. 匿名 より:

    ユグドラシル金貨だから、関係無いと思うよ。通常のお金貨で復活出来ないでしょ。

    • 匿名 より:

      現地金貨はエクスチェンジボックスでユグドラシル金貨に替えられると思うので問題ないかと思います。

    • 匿名 より:

      蒼の薔薇が現地のお金で蘇生しているので、対等な対価が支払われれば可能ですよ

      • 名無し より:

        確かWeb版ではユグドラシル金貨は交金貨2枚分の価値があると
        カルネ村の村長夫妻と交渉した時にわかったから、エクスチェンジボックス
        使っても半分の価値か。こりゃ金鉱山がスッカラカンになるなw

  4. 匿名 より:

    しかしよく分からんよな。文明レベル的には紙幣があってもおかしくないはずなんだが。
    魔法で偽造が簡単に出来てしまうからか?

    • 匿名 より:

      単純に国としての価値が変動しやすいから価値の変わらない金銀銅を使ってるだけ
      紙幣発行してたら王国貨幣がジンバブエになるわ

  5. ぷくぷく より:

    マッドプリンセスとナザリックの魔の手から逃れるすべなし~

コメントを残す